ブログで稼ぐアフィリエイト

Googleアドセンスとアルコール ブログで酒を扱うときの注意点まとめ

投稿日:

酔拳 HDデジタル・リマスター版 [Blu-ray]

ストレスで晩酌の習慣がついた凡夫です。

たぶんこれ以上負荷がかかると酔拳に目覚めてしまう。強さに溺れた者の末路は悲惨だし周囲も不幸になるので、最も幸福な妥協点は凡夫が働かなくてもよい環境を用意することだと思います。誰か貢いでくれ。

今回はブログでお酒を紹介するときに注意しておきたいことをまとめておきます。

ブログで何を書こうとだいたい大丈夫なのですが、グーグルアドセンスを導入していると話は変わります。禁止コンテンツは一切書くな。ある意味でパラノイアのコンピューター様並の管理独裁体制なので逆らう者はZAPはないけどbanされます。

グーグルアドセンスで稼ぎたいなら絶対に読まないといけない記事まとめ

この禁止コンテンツの中にお酒が入っています。ですが酒は人類発祥の頃からのつき合いの友人です。友人をそんな簡単に切り捨てるのは不義理というものです。どうすればGoogle先生に怒られない範囲でお酒を紹介できるのか書いていきます。

Google禁止コンテンツ アルコールについて

まずはこれを熟読してください。

薬物、アルコール、タバコに関連したコンテンツ ポリシーについて AdSense プログラム ポリシーでは、薬物や薬物関連器具を販売または宣伝するサイトへの Google 広告の掲載は禁止されています。これには、薬物関連商品、違法薬物や処方箋医薬品、サルビアやマジック マッシュルームなどの薬草も含まれます。ビール、ハードリカー、リキュールを販売または宣伝するページでの広告掲載も許可されていません。

このほか、巻きタバコ、葉巻、タバコパイプ、巻紙など、タバコやその関連商品を販売または宣伝しているサイトに広告を掲載することも許可されていません。 広告の掲載が許可されないコンテンツには、薬物、アルコール、タバコに関するコンテンツ ポリシーに従っていないサイトへのリンクが掲載されているものも含まれます。

ただし、ビールの醸造または蒸留に関する情報を提供するコンテンツや、禁煙に関するコンテンツでの広告掲載は許可されています。

情報源: 禁止コンテンツ - AdSense ヘルプ

これがお酒に関する基本方針です。後タバコについても禁止しています。・・・・・・タバコも人類の友だと思うんだけどな。そのうちアメリカの禁酒法みたいに禁煙法がきっかけになってマフィアが台頭して、世界が総ロアナプラ化するという夢をみたけどないな。

今の勢力図だと喫煙者は中世の魔女狩りのように狩られるだろうね。タバコではなく喫煙者に火をつけろ!!とか言って火焙りにされそうだから恐い。・・・・・・水タバコはいいのだろうか? などと書いてあるから駄目だろうけど駄目だね。

ちなみにタバコについて書いてもいいこと。

許可される 許可されない
  • 禁煙に関する情報サイト
  • タバコ関連商品を販売しない情報提供サイト
  • タバコ関連商品(葉巻、巻きタバコ、電子タバコ、噛みタバコ、巻紙など)を主に販売するサイト

禁煙に関してしか話てはいけません。本当にありがとうございました。

マスコミは真実を報道する機関だと思ってはいませんでしたが、こうやって構造としてはマスコミと同じ立場になると、口に札束を突っ込まれたらそこから漏れることしか言えなくなりますね。小銭美味しいズラ。

さて、肝心のお酒についてはこういう見解です。

許可される 許可されない
  • ワインやシャンパンを販売するサイト
  • ビールの蒸留や醸造の方法に関する情報提供や設備販売を行うサイト
  • パブの場所を示した各種資料
  • アルコール(ビール、ハードリカー、リキュール)の直接販売を主な目的とするサイト

ワインとシャンパンは大丈夫です。ワインとシャンパンは大丈夫です。

何でだ!?

これはもうそういうものだと思って諦めるしかないです。本当に何でなんだろう? 不思議。ワインはキリスト教と関わりが深いからだろうか。宗教的な意味あいだろうか。なら御神酒あがらぬ神はなしルールで全面解禁しようぜ! ヒャッハー!!

駄目ですか? 駄目ですね。多神教はいつからこんなにマイノリティになってしまったんだ。ハリウッドとかアメリカのエンターテインメント業界あたりに、多神教だとジブリとか艦これとかジャパニメーション創る下地になって儲かりまっせ!とか言ってどうにかできないものだろうか。

もしくはアメリカ国防総省あたりに新しい政治宣伝方法として日本鬼子作戦を伝えて、多神教を導入させるとか。

日本鬼子ぷろじぇくと

日本鬼子 ポータルサイト ひのもとおにこちゃんかわいい。

お酒の直接販売は基本駄目 呑むなら貼るな。

直接販売は基本駄目です。ただしワインとシャンパンは除く。ここまではいいと思います。

では直接販売はアフィリエイトも含まれるかどうかですが、含まれます。

なのでお酒のアフィリエイトを貼ったらAdSenseは貼るな。

呑むなら貼るな。これ最重要です。

ノンアルコールビールの販売は? 駄目でした。

Googleアドセンスと”お酒”・”ノンアルコールビール”の関係を調べた #tbmu

この記事によると駄目だってさ。マジかよ。

AdSenseの掲載に迷った時の判断基準

AdSenseを掲載して良いのか迷ったらこの判断基準で考えてください。

  • 「家族と一緒に見ても問題ないか?」
  • 「職場(自分以外みんなと一緒に)で見ても問題にならないか?」

・・・・・・問題あるわボケ。むしろ問題しかないわ。実名でやれるようなブログなんて書けるか! こちとら何年リア貧やっていると思っているんだ。二次元にアクセスできるならマトリックスの世界観も悪くないなとか公開当時に思ってるんだぞ。

あの世界の間違いは日本のアニメをダウンロードしてなかったことだと思う。ハーレム日常系アニメを直接脳内に流したら反乱とか起きなかったぞ。むしろ国体護持まである。

個別に対応すれば大丈夫っぽい。

このブログを作るときにAdSenseポリシーチームに問い合わせしたところ、こんな回答をもらいました。

同一のサイト上でコンテンツに沿っていないページがある場合は AdSense を掲載しなければポリシー違反にはなりません。
一点ご留意いただきたく、サイトのコンテンツ全体の主旨や方向性が AdSense ポリシーとは合わないとポリシーチームが判断した場合は、
ウェブサイト単位で広告の掲載が出来兼ねてしまう場合もございますが、
その場合はまず AdSense ポリシーチームからアカウントへ警告をさせていただくかと思いますのでご安心ください。
なので心配なら記事にAdSenseを貼らなければ大丈夫ですよ。
 

おすすめ記事

1

この記事では開催中のkindleセール情報をまとめて紹介していきます。 2017年12月11日時点でのセール情報です。  Kindle記事が増えてきたのでKindleセール一覧表にしました。 Amaz ...

2

狂乱の宴!primedayセール開催中!! この記事では2017年9月21日時点で確認した、開催中のAmazonキャンペーン・セール情報をまとめていきます。気づいたときには終わっていたorzなんてこと ...

3

この記事では、2017年12月9日時点で確認したKindleコミックセールをまとめて紹介していきます。Kindleセール一覧表。 漫画オタクと言えるくらい読んでいるはずなのに全くブログに活かせていない ...

4

2017年10月10日時点で確認したKADOKAWA(角川書店)キンドルセール情報をまとめて紹介していきます。 注意事項:Amazon.co.jpは予告なくキャンペーンの終了、価格の変更をする権利を保 ...

5

この記事では2017年12月5日時点で確認した幻冬舎Kindleセール情報をまとめて紹介していきます。 注意事項:Amazon.co.jpは予告なくキャンペーンの終了、価格の変更をする権利を保有してい ...

-ブログで稼ぐアフィリエイト

Copyright© 凡夫の特記事項 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.