「小説・ライトノベルの名言」 一覧

『ひとがた流し』の名言 北村薫

向く、向かない、で生きてくことは出来ないよ。 大体の人間がね、 生きていくには向 ...

『なりたい』の名言 畠中恵

世の中には、 やってみれば何とかなることも、 結構あるらしい。 ★小説Kindl ...

『まったなし』の名言 畠中恵

惚れられるか、惚れるかなら、 自分が惚れる方が、ずっといいと思うけどね。 ★小説 ...

『リセット』の名言 北村薫

貧しさって、失うことの中にあるもんじゃない。 百年前の人は、今のものを見られない ...

『たぶんねこ』の名言 畠中恵

猫と相性が悪いからって、 他のものとも駄目だとは限りません。 そうじゃないですか ...

『八月の六日間』の名言 北村薫

人は、無限の時の一瞬を生きる。 自分だけでは、およそ何事もなし得ない。 だが後か ...

『語り女たち』の名言 北村薫

音の響く空間にいる人には届くもの、 それが音楽です。 どんな大金持ちが楽団を雇っ ...

『太宰治の辞書』の名言 北村薫

難しいものですね。 同じ言葉でも、誰が、 どういう流れの中で口にするかで、 全く ...

『つくもがみ、遊ぼうよ』の名言 畠中恵

大事も、過ぎてしまうと不思議な程、 変わらない毎日の中に埋もれてゆく。 ★小説K ...

『うずら大名』の名言 畠中恵

見た通りの世の中ではない。 ほら大きくうねって、 日々嫌というほど変わっているで ...