アクセスアップとSEO

伸び悩んでいるなら今すぐブログの過去記事を整理しなさい!

更新日:

ねんどろいど スターウォーズ エピソード4 ダース・ベイダー ノンスケール ABS&ATBC-PVC製 塗装済み可動フィギュア Amazon.co.jp限定オリジナル特典付き

ブログ相談室室長の凡夫です。凡特ブログセカンドシーズンが開始したので気合いを入れた記事になっているといいなぁ。

この記事では、伸び悩んでいるブロガーへのアドバイスをしていきます。伸びなやんでいるなら今すぐに! ブログの過去記事を整理しなさい!! 以上です。

半年程度ブログを運営していて、記事数が50以上あるなら効果覿面です。……てきめんってこう書くんだ。初めて知ったよ。これから長々とどうしてやった方がいいかという理由とやり方を書いていきますが、先にまとめてしまいます。

  1. 質の低い記事(読まれていない。すぐに読者がいなくなってしまう)を減らす。
  2. 減らし方は削除するか、改善するかの2つ。
  3. 似た記事は読者が迷うだけなのでなるべく1つにまとめる。

これだけ覚えて帰ってください。

何故過去記事整理をしなければならないのか

過去記事整理をしなければならない理由を書いていきます。いいから掃除しろよ!と言いたいのですが、それでは納得しないと思うので書いていきます。

記事の質を保つことで自動ペナルティ対策になる

Google先生の好きなものは、質の高いオリジナルコンテンツです。Google先生の言う質の高いというのはざっくりまとめると、疑問にきちんと答えている記事が質の高い記事です。文字数があれば質が高いと言う人がいますが、あれは勘違いです。

たしかにそういう面もありますが、疑問に対しての回答がしっかりされているかの方が重要です。例えばワードプレスブログを始めたいのでおすすめのサーバーはどこだろう?と悩んでいる人がいます。

ワードプレス おすすめ サーバーで検索してきた人に、おすすめのサーバーを短い文章で紹介する記事と、何故か漫画の名言をうだうだと紹介しながらサーバーをおすすめする記事。どちらが優れた記事と言えるでしょうか?

検索してきたユーザーを満足させることのできる記事を提供しているブログが良いブログであり、SEOに強いブログです。……理想論としてはこうです。技術的な問題などがあり、必ずしもそうとはいえませんがいつか、そういう検索エンジンにGoogleはなります。

小手先のSEOのテクニックを磨くのではなく、質の高い記事を書けというのは根性論に見えるかもしれませんが、理にかなったアドバイスなのです。自動ペナルティについてはこの記事にまとめたので一緒に読んでください。Google自動ペナルティの原因と対策

日記やエッセイでアクセスアップが難しい理由

過去記事整理する理由から少し話が逸れますが、日記やエッセイでアクセスアップが難しい理由をついでに書いておきます。

ブログに人が来るのは主に2つのルートがあります。

  • 検索エンジン(Google、Yahoo!など)から検索流入
  • SNS(Twitter、Facebook)からの流入

ブログでアクセスアップを狙うなら、検索エンジンからの流入は避けては通れないです。ルートが2つあると言っても検索流入は大通り、SNSからの流入は獣道と言っていいほど規模が違います。

検索流入の場合、書き手に興味があって来るわけではなく、検索ワードで引っかかった情報を知りたくて読者が来ます。情報ありき、検索ワードありきでアクセスが増減します。上位表示される検索ワードを多く抱えていれば、月間数十万PV余裕でしたとPV自慢できるようになるわけです。

日記やエッセイの場合、この検索流入と相性が悪い。例えば「昨日カレーライスを食べた」というタイトルの記事を書いたとします。内容がとてもおもしろかったとしても、おそらく読まれません。なぜなら読者がくるルートがないからです。

「カレーライス 食べた」で検索してくる人はほとんどいません。そうなるとSNSからの流入、つまり、あなたのブログのファンでない限り読まれない記事になってしまいます。既に人気のある、ファンがついているブログなら問題ありませんが、そうでなければファンがつくまで長い冬の時代を過ごすことになります。

検索流入がないと読者があなたのブログに来るルートは、ファンでしか歩けない獣道一本になってしまいます。それでもいっこうに構わん!というグラップラーな方ならいいのですが、アクセスアップしたいぞ!という人は気をつけてください。

過去記事整理はSEO対策になる!

検索流入を狙うなら、検索ワードを決めそれに沿った記事を書いてください。ブログ初心者によく見られることで、凡夫もよくやらかした、多分今もやらかしているのですが、これどういう検索ワードを狙って書いたのかさっぱりわからない記事があります。

狙いがニッチでもきちんと定まっていれば、それは良い記事です。ですが狙いが曖昧なのは駄目で質の低い記事と言わざるをえません。厄介なのは質の低い記事がブログ内にたくさん溜まると、連帯責任で質の低いブログだとGoogleに判断されてしまいます

逆に言えば質の高い記事を蓄積すれば、質の高いブログとして上位表示されやすくなります。専門性とか色々と要素はありますが、基本方針としては間違っていないはずです。

アクセスアップに繋がる過去記事修正の方法

具体的にどうやって過去記事を整理していけばいいのか書いていきます。が、長くなるので先に結論から。記事の処理方法は主に3つ。

  1. 削除する
  2. 追記・統合する(コンテンツの充実化)
  3. そのまま放置する(現状維持)

どうしようもない駄目な記事は削除する。狙ったキーワードで上位表示されていない記事は追記する。似た内容の記事は読者が混乱するので統合する。狙ったキーワードで上位表示されていれば、そのまま放置する。これを定期的にやってください。 

駄目な記事の選定方法とおすすめツール

まず、どうやって駄目な記事かを見極めるかですが、凡夫は2つの基準を設けています。

  1. 狙った検索ワードで上位表示されていない。
  2. 一時的に読まれたものの今は読まれていない。

PVだけで判断すると、ニッチなキーワードで上位表示されているお宝になるかもしれない記事を見落としてしまいます。例え少人数でも狙ったキーワードで上位表示されていれば、読者を満足させていると考えていいと思います。

アフィリエイトという目線に立つと、更にコンバージョン率がどうかということも考えないといけなくなるのですが、今はそこまで考えなくていいです。

参考にした記事

検索順位の確認方法ですが、凡夫はこのツールを使用しています。

検索順位が、見える。検索順位チェックツールGRC。無料版だと20個しか検索ワードを登録できないので、GRCパーソナルライセンス4,930円を購入することをおすすめします。時は金なり、です。年会費ではないのでコスパはかなりいいです。

駄目記事を削除、もしくはnoindexに処す

大事なことなので何回も書きます。読まれない記事がブログに大量にあるとGoogle先生に嫌われてしまいます。世知辛いですがそういうものなのでしかたがありません。読まれない記事に意味はあっても、金銭的に価値はないので資本主義的にはゴミになってしまいます。

日記やエッセイは、あなたにとっての価値がそのまま読者の価値にならないということです。それでも好きなことを表現したいと考えるなら、そのまま険しい道ですが歩いてください。険しい道が辛い道とも限りません。ブログはもっと自由で多様であっていいと凡夫は思います。

コンテンツの充実化で上位表示を狙え!

最も効果が出たと思われる作業が、このコンテンツの追記作業です。
タイトルタグに頼りすぎて、内容の薄っぺらなページの割合が少なくありませんでしたので、内容が似通っていたり、薄すぎるページは、1ページにまとめるという処置を施していただきました。

コンテンツの内容が薄いが、もっと詳しく掘り下げられそうなコンテンツには、ブログ記事の書き方。大事な内容を掲載しボリュームのある記事を作成する方法の記事で紹介した方法で、見出し一つに対して、ユーザーが知りたい情報をしっかりと記述して頂きました。

コンテンツの追記は実際に効果があり、リニューアル作業を初めて1ヶ月目くらいから、アクセスは右肩上がりを始めました。

情報源: コンテンツにコツコツと追記を行ったサイトのアクセス倍増事例 - SEOのホワイトハットジャパン

紹介した記事に書いてあるように、コンテンツ充実化によって上位表示されアクセス数が伸びるという事例があります。ただ追記、リライトはとても大変なので少しずつやってください。一度に一気呵成にやるとか無理でした。

この過去記事整理のメリットは他にも2つあります。

  1. モチベーションの維持につながる。
  2. 記事ネタが思いつきやすくなる。

やる気というのはどうも実際に行動することで生まれるそうです。作業興奮と言います。それを利用できるのでモチベーションの維持になります。記事ネタは追記していると説明不足の部分があることに気づくので、それがそのまま新しい記事のネタになることが多々あります。

内部リンクを強化する

駄目な記事を削除したら次にしたいのは読まれている記事を更に強化すること。それが内部リンクの強化です。

GoogleAnalyticsを分析して検索流入の多い記事を見つけてください。検索流入が多い=需要があるということです。どういう検索語で流入があるのか。同じようなテーマでもっと記事を書くことはできないか試行錯誤しくてください。

このブログの場合だと俺ガイルSSがそうです。俺ガイルSSの流入が多いのでキャラクター毎に記事を作ったらものすごいことになりました。GoogleAnalyticsってPVを見て一喜一憂するためのものではないのだよ!ということをはじめて実感しました。

人気の記事を見つけ、関連する記事を書く、もともとの人気記事に自分の記事を紹介することも忘れずにやる。地味ですがこれを繰り返すことで着実にアクセスアップします

アクセス分析の仕方がわからない方はこの記事を参考にしてください。

これで解決!アクセス解析をアクセスアップにつなげる方法を大公開

こういう時に自分の記事を紹介するのが内部リンクの強化です。でも自分のブログに良い記事がないのだから余所から引っ張ってくるしかないですよね。助け合いです。皆は俺のため。俺は俺のためだけに動く。それが正しいブログ運営です。違うね。

カテゴリーの整理・最適化してアクセスアップ

サイトのカテゴリー名を最適化することでなぜアクセス増につながるか語ってみた。

カテゴリー名→記事タイトル→記事内容の一貫性を向上させて品質を高めておくことによってiPhone6Sの記事は以前よりもGoogleに高評価をしてもらえるようになります。

カテゴリー名は記事の品質を伝える重大要素なので考えて整理しましょうねという記事です。

カテゴリー構造の最適化とバックリンクのチェックでPVアップを目指しましょう | 日常ぴよぴよ

具体的にはこの記事を読んでカテゴリー構造を見直してください。凡夫のブログの9割は他力本願でできています。仏教的に考えてまじ凡夫のブログ釈迦レベル。悟っているな。

記事タイトルの変更

注意。記事タイトルの変更は逆効果になるという報告があります。ただ、それでもやらないといけないくらいタイトルをつけるのが苦手なので凡夫はやっていきます。

  1. 具体的な数字をいれる
  2. ターゲット・目的を明確にする
  3. キラーワードを入れる
  4. タイトルは30文字以内に
  5. 検索キーワードをいれる

最低限この5つを取り入れながら記事タイトルを決めていきます。それと参考にした記事。

タイトルについて

□ 記事の中で対策しているキーワード(検索してほしいキーワード)がきちんとタイトルに入っているか

□ 1つのタイトルに対してテーマは1つになっているか

□ タイトルの文字数は28文字前後を目安にしているか

見出しについて

□ h1タグの使用は最初の1回(記事名)だけになっているか(※HTML5の場合は除く)

□ h2タグ以降のhタグは、順番どおりに使用されているか

□ hタグの順番をとばしていないかファーストビューについて

□ ファーストビューやリード文に、重要なコンテンツやキーワードが入っているか文章中について

□ キーワードは以下の4箇所に入っているか

・最初の段落(リード文)・段落の最初のほう・段落の最後のほう・最後の段落(まとめ)検索エンジンが読み込みやすい文章構造について

□ 代名詞はなるべく使わないようにしているか□ 専門用語も用いているか

□ 内部リンクのアンカーテキストは、どんな記事へのリンクであるかわかるように設定できているか

情報源: あなたの記事の検索順位を上昇させるSEOライティングの基礎知識 | 株式会社LIG

ライティングも少し気をつかって書いてみようと思い勉強中です。LIGが本当に勉強になる。

脱初心者を目指すなら過去記事整理をしなさい!

かなり面倒な作業ですが得られるものは大きいです。特に伸びなやんでいる初心者ブロガーは、過去記事整理をすることで大きく飛翔できるはずです。なのでやらないでください! 

伸びる新芽は摘むに限ります。凡夫がブログで小銭を稼ぐためにもライバルが減った方が助かるのだよ。ぐへへへへ。そんな凡夫はブログ相談室を開いているのでよければどうぞ。TwitterのDMかココナラで一問一答500円でやっています。高いと思うじゃん。高いけどこれくらいもらわないと割に合わないんだよ! ……もう閉じようかな。

凡夫のブログ相談室は使わなくていいのだけど、ヘッダーとアイコン画像を変えると印象ががらりと変わるので絵心のない人はココナラで依頼することをおすすめします。やり方はこの記事に書いています。

ブロガー必見!ココナラならワンコインでここまでやってくれた!魅力的なアイコンとヘッダーが欲しいならここに依頼しろ!

かなりざっくりとしたイメージで発注しても、きちんと仕上げてくれました。凡夫のヘッダーとアイコンは両方合わせて1000円で作成していただきました。頑張って自作したあの苦労はいったい何だったのだろうか。

おすすめ記事

1

この記事では開催中のkindleセール情報をまとめて紹介していきます。 2017年12月12日時点でのセール情報です。  Kindle記事が増えてきたのでKindleセール一覧表にしました。 Amaz ...

2

狂乱の宴!primedayセール開催中!! この記事では2017年9月21日時点で確認した、開催中のAmazonキャンペーン・セール情報をまとめていきます。気づいたときには終わっていたorzなんてこと ...

3

この記事では、2017年12月9日時点で確認したKindleコミックセールをまとめて紹介していきます。Kindleセール一覧表。 漫画オタクと言えるくらい読んでいるはずなのに全くブログに活かせていない ...

4

2017年10月10日時点で確認したKADOKAWA(角川書店)キンドルセール情報をまとめて紹介していきます。 注意事項:Amazon.co.jpは予告なくキャンペーンの終了、価格の変更をする権利を保 ...

5

この記事では2017年12月12日時点で確認した幻冬舎Kindleセール情報をまとめて紹介していきます。 注意事項:Amazon.co.jpは予告なくキャンペーンの終了、価格の変更をする権利を保有して ...

-アクセスアップとSEO

Copyright© 凡夫の特記事項 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.