ブログ初心者へ WordPressカスタマイズ

カスタマイズで失敗した!WordPressのfunctions.phpを編集して画面が真っ白になった時の直し方

2016/01/27

やっちまった。

やらかした凡夫です。

functions.phpを編集していたら画面が真っ白になりました。厳密に言うとエラーメッセージがでているのですが他には何も見えないのだから真っ白と言っていいでしょう。実際頭の中が真っ白になりました。しかも管理画面にログイン自体できなくなるんですね。まじでSAN値ピンチでした。

今回はそんなピンチをどうやって乗り越えたのかを書いていきます。

スポンサーリンク

functions.phpってどこだよ?

要するにここを修正すればいいんです。WPの管理画面を使わずに契約しているサーバー経由で。……どこにあるんだよ。

wp-contentにあるよって言われても、そもそもそれがどこだよ?

ここにあるよ!と説明してある記事を読みました。うん。修正方法はわかった。問題はそれがどこにあるかってことなんだよ。日本はアジアにあるよと言っているようなものなのだろうが、そもそも凡夫がいるのは本当に地球なのか?というレベルで方向音痴なのでもっと最初から説明してください。まじで。

wp-contentとfunctions.phpはここにあるぞ!

/ドメイン/public_html/wp-content/themes/使用中のテーマ/functions.php

これが地図です。実際のルートはこれから書きます。凡夫はXサーバーを使っているので、他のサーバーだと多少違う可能性があります。

  1. レンタルサーバーにログイン
  2. ファイルマネージャにログイン
  3. 該当するドメインをクリック
  4. public_htmlをクリック
  5. wp-contentをクリック
  6. themesをクリック
  7. 使用中のテーマをクリック
  8. functions.phpにチェックを入れて画面右上の編集をクリック
  9. WordPress管理画面で編集した箇所を戻して編集をクリック

functions.phpの編集

ここまできたら大丈夫だと思いますが、functions.phpにチェックを入れて画面右上の編集をクリックすると編集画面になるので変更部分を訂正しましょう。それで完了です。これがわかるまで動悸がひどかった。

管理画面からfunctions.phpの編集をするな

WordPressの管理画面は構文エラーのチェック機能はありません。専用のエディタで編集して確認してから反映させましょう。CSSと同じ感覚でやってはいけませ。凡夫は完全にCSSのノリでやりました。そうしたらこのざまですよ。Wordpressの洗礼を受けました。いじめよくない。

どうもこれはWordPressを使っている人ならあるあるネタらしいです。あるあるなら事前にそうだって言っておかないとダメでしょ! 何も調べずにやった凡夫が悪いんだけどね! 本当に下調べは大事です。検索してきちんと読んでから実行するか判断しましょう。こういう当たり前なことをやらないと重大なミスにつながるんです!

真っ白になった瞬間、はてなブログへの撤退を即座に考えたからね。サーバー代をどぶに捨てて撤退しようとしてたからね。調べるって大事。そして経験談をなるべくわかりやすい形で記事にしておくのも大事。

2015年10月12日追記。

こんな記事が一人のブロガーを救ったようです。

2016年1月14日追記

更に1人、合計2人のブロガーを救ったようです。そんな実績溢れる凡夫がブログ相談室を開いています。ココナラかTwitterのDMで相談受け付けます。お値段は500円。ココナラだと抜かれてしまうのでAmazonメールで報酬を送ってくれると歓喜!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ブログ初心者へ, WordPressカスタマイズ