小説の名言

横山秀夫『半落ち』の魅力が伝わる名言集・名セリフ5選

この記事を読むと

  • 『半落ち』の
    名言がわかる。
  • 『半落ち』の
    魅力がわかる。
  • 小説が読みたくなる。

夏休みの宿題で、この小説の
ネタバレを喰らったことがある、
名言紹介屋の凡夫です。

この記事は、横山秀夫の小説
『半落ち』の
魅力が伝わる名言を紹介します。

作品の魅力が伝わる
名言を紹介しているので、
あなたが読みたいと思える
作品が見つかります。

ネタバレがあるかもしれません。
ネタバレを気にしないという方は、
このままお読みください。

名言紹介屋
紹介した名言が、
本を読むキッカケに
なりますように。

横山秀夫『半落ち』の名言集

created by Rinker
¥454 (2022/12/10 08:51:52時点 Amazon調べ-詳細)

取り調べは一冊の本だ。

取り調べは一冊の本だ。
被疑者はその本の主人公なのだ。
彼らは実に様々なストーリーを持っている。
しかし、本の中の主人公は
本の中から出ることはできない。

こちらが本を開くことによって、
初めて何かを語れるのだ

自分はいつまで人間でいられるのか。

後で忘れたことに気づき、
深く傷つく。恐怖に戦く。

自分はいつまで人間でいられるのか。

時には真実が二つあることもある

梶のためを思ってやれ。
時には真実が二つあることもある

報道は自由だ。

報道は自由だ。
だが、君らのペンが
人の生き死にを握っていることは忘れんでくれ

受刑者には二通りある。

受刑者には二通りある。
一方は、極悪な成育環境や
本人の生来的な気質が災いし、

来るべくしてここへ来る人間であり、
もう片方は、何事もなければ、
ここへ来るはずのなかった人間だ。

無論、双方は薄皮一枚の差でしかない。

次に読んでほしい記事

名言紹介屋
小説の名言一覧です。
あなたのための一冊が
見つかります。

 

【50%OFF~】講談社Kindleセール(漫画・ラノベ・ビジネス書)

名言紹介屋であり、 Kindleセール情報でお馴染みの凡夫です。 この記事は2022年9月8日時点で 確認した半額以下になっている 講談社Kindleセール本の中から おすすめ本をまとめて紹介します。 ...

聴く読書をはじめよう

  • 読書が苦手でもラジオを聴くように
  • 運転中でも満員電車の中でも
  • 老眼で本が読みづらくても
  • Audibleなら読書ができる
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

名言紹介屋ぼんぷ

名言でおすすめ本を紹介する人┃集めた名言2万以上┃名言をキッカケに読書沼にどっぷり沈む→図書館職員→読書沼に引きずり込むためブログとSNS開設┃『名言は作品と出会うキッカケになり、作品は人生を変えるキッカケになる』をモットーにおすすめ作品が見つかる名言ブログを運営

-小説の名言
-講談社, 映画化, 推理小説, 2002, 横山秀夫