異生凡夫のプロフィールと連絡先、ブログの説明等々

異生凡夫

異生凡夫

よかれと思ってブログ運営中!!
異生凡夫(いしょうぼんぷ)と申します。

この記事では雑多すぎる雑記ブログ『凡夫の特記事項』の説明や、
異生凡夫のプロフィールやら連絡先やら免責事項やらを書いていきます。
一番大事なのは免責事項です。
これ、現代の免罪符なんじゃないかな? 
凡夫は悪くない!と言い張るための記事
なので暇な人は読んでください。

特にこんなブログにもわざわざ粗を探しにくる超暇人はよく読んでください。
特に免責事項の部分は熟読して線引いてください。
いや、もう本当にお願いします。

この記事を書いてようやく知ったのですが、
プロフィールって日本語で人物評って意味なんですね。
プロフィール書くとか就活かよ、と思っていましたが
人物評とか言われると
「治世の能臣、乱世の奸雄」みたいでテンション上がったので
頑張って書いていきます。

異生凡夫の連絡先

凡夫様(縦)2

連絡とりたい人とかいるのだろうか? 
必要性をあまり感じないというか、
凡夫にそんな価値あるのかという疑問は大いにありますが、
こういうのは体裁を整えるのが大事だと
先祖が言っていたような気はしませんがとにかく書いていきます。

bombsan0あっとgmail.com

一応連絡フォームを設けたので物申したい人はそちらも利用してください。

なるべく対応するつもりではありますが、
全てにお答え出来ない場合があります。
あらかじめご了承ください。

記事書いてみないか?
という仕事の依頼も受け付けています。……多分来ないけどな!

異生凡夫のプロフィール

読みづらいというか普通に読めないと思います。

いしょうぼんぷと申します。気軽に凡夫さんと呼ぶがよい。

さん付けしないと嬉々として「さんをつけろよデコ助野郎」と言ってくる。

かなり面倒です。名前の由来はへうげものの荒木道糞リスペクトです。

数奇者っぽい名前にしようとない頭で考えた結果、
異生凡夫という名前を受信しました。
異生は仏教用語で凡夫という意味です。
つまり凡夫凡夫で、大事なことなので2回言わせていただきましたという意味。

オタクです。なんかもう色々と手遅れなレベルでオタクやっています。どうしてこうなった?

アニメ、漫画、ゲーム、ラノベ、SS・二次小説、歴史、読書などなど。色々と好きです
文章に伝わらないであろう小ネタを仕込むのが好きなので、気づいたら突っ込んでくれると嬉しいです。

時々電波的な何かを受信してクトゥルフめいた冒涜的な存在になります。

このブログはアフィリエイトに参加しています。

一番大事な免責事項とかアフィリエイト参加宣言です。

Amazonアソシエイト・プログラムに参加しています。

凡夫の特記事項はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

Google AdSenseに参加しています。

凡夫の特記事項では広告としてGoogle AdSenseを使用しています。
Google Adsenseはデータを収集するために、Cookieやウェブビーコンを使用して広告配信をしています。
Cookieを使用することにより、インターネットにおけるご自身のサイトや他のサイトへのアクセス情報に基づいてユーザーに広告を配信することが可能になります。
情報提供を望まない場合は、Googleのポリシーと原則のページより、Cookieオプションを使用しないように設定することができます。

使用しているアクセス解析ツールについて

凡夫の特記事項では、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。
このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。
このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。
この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。

免責事項

凡夫の特記事項に掲載されている情報の正確さについて可能な限り努力をしていますが、その正確性や適切性に問題がある場合、告知無しに情報を変更・削除する事があります。
当ブログの情報を用いて行う一切の行為、被った損害・損失に対しては、一切の責任を負いかねます。ご了承ください。

プライバシーポシリーについて

凡夫の特記事項は、「個人情報の保護に関する法律」に基づき、「個人情報保護の基本方針(プライバシーポリシー)」を定め個人情報の適切な管理・保護に努めます。

個人情報保護の基本方針(プライバシーポリシー)

  1. 個人情報の利用目的をできるだけ特定し、特定された利用目的の達成に必要な範囲を超えて利用することはありません。
  2. 個人情報を偽りその他不正な手段による取得しません。取得したときは、本人に速やかに利用目的を通知又は公表します。
  3. 個人情報を利用目的の範囲内で正確かつ最新の内容に保つように努めます。
  4. 個人情報の漏洩や滅失を防ぐために、必要かつ適切な安全管理措置を講じます。
  5. あらかじめ本人の同意を得ないで第三者に個人情報を提供することはありません。
    ただし、法令に基づく場合、
    人の生命、身体又は財産の保護に必要な場合、公衆衛生・児童の健全育成に特に必要な場合、国等に協力する場合は除きます。
  • この記事を書いた人
  • 最新記事