おすすめ生活用品

新聞が読みやすくなるおすすめグッズ!それと新聞をまとめるグッズまとめ

新聞をきちんとホッチキスでとめないことはこんなにも罪深いことだと知らなかった凡夫です。

図書館に行ったらですね、「この新聞の留め方はなんだ!」とぶちぎれている老が、失礼噛みました。ご老人がいましてね。

いやだなーこわいなーうるさいなー、あれも接客のうちなのだろうか。クレーム処理の範疇ではなく、必殺仕掛人に依頼する案件だろ。やはり仕事は最悪だ。凡夫は働かないぞ! 絶対にだ! と改めて覚悟完了させました。

ごくごく一部の人がやたらめったら怒るのかなと思っていたら、グノシーにですね喫茶店の新聞の留め方についてぶちぎれている記事が流れてきました。ここもかよ。

スポンサーリンク

何に怒りを覚えるのかは人それぞれではありますが、まさか新聞の留め方が逆鱗になっているとは思いませんでした。この記事では、怒られない新聞の留め方について考察しようと思ったのですが、色々とすっ飛ばして結果だけいいます。ホッチキス使わず新聞クリップ使え

シンブンクリップ/SHINBUN CLIP ソラマメ(ライトグリーン)

新聞が読みやすくなるおすすめグッズ シンブンクリップ

見ての通り新聞クリップです。折り目に差し込むだけでズレないシンプルイズベストな商品です。ホッチキスの留め方で揉めるのであれば逆に考えるんだ、とめなければいいんだって

これでバカな新聞の留め方だと罵倒されずにすみますよ! やったね! 図書館でこれやったらコストがすごいことになるし、絶対に盗まれるだろうけどそれでいいんです。

盗まれるため新聞を購入することができなくなりました!と被害者という大義名分をえれば万事解決です。喫茶店も同じです。本当は新聞を提供したいけど泣く泣くできなくなったとお客様と一緒に被害者側に回りましょう。

被害者最強です。サービスってありがたみがなくなると、つけいられる弱点属性に早変わりなので無くした方がいいです。

ゲームボーイ時代のポケモンで、リザ―ドンだけ飛行属性がついて「あれ? こいつ弱くなってんじゃね? カッコいいだけなんじゃね? まぁいっか! カッコいいもん」では世の中渡っていけないのです。

クレームをなくしたいならサービスをなくせばいいという、汚染された聖杯のような思考回路になっている凡夫でした。そろそろ魔術回路使えてもいい頃だと思うんだけどな。

・新聞が読みやすくなります
・コンパクトなので新聞と一緒に棄ててしまうことがあるやも
・カラフリーではあるのですが、カバーの白い部分はすぐ汚れます

新聞の読み方がわかるようになる本

せっかくなので新聞関連のおすすめ本を紹介します。それがこれ。

池上彰の新聞勉強術 (文春文庫)

新聞マニアの池上彰先生が書いた新聞勉強術の本です。新聞のスクラップ方法とか書いてあり、この人すごいなとなります。

日本の報道の自由度53位だったり、意見が偏っていたり、自社の不祥事は全く報道しなかったりと不信感を抱くのも無理からぬことではありますが、コスパがいいので新聞は読んだ方がいいと思います

朝夕刊セットでだいたい4000円で、一定の質が確保された情報を得られるというのはなかなかのメリットだと思います。一紙だけだと情報が偏るというのはありますが、客観的な報道は理想であり努力目標で実際はそんなわけない、ということを理解していればそんなにひどいことにはならないと思います。

凡夫は読売新聞をとっているのですが、巨人の不祥事がほとんど報道されていなくて笑いました。身内と出資者には甘々になってしまうので、報道に期待も幻滅もしてはいけません。

ネットでの情報収集でもいいと思うかもしれませんが、興味のあることしか調べなくなるので、世間が箱庭のようになっていく気がします。一覧性に優れているという点で、紙媒体は優れているので凡夫はこれからもしばらくは新聞をとっていきます。

・新聞を使った勉強術がわかる。
・池上流新聞スクラップ術がおもしろい。
・池上彰は新聞マニア。

新聞片付けグッズ

最後にかさばるので新聞片付けグッズを紹介しておきます。

からふるしんぶん楽っくプラス オレンジ

カラフリーで機能的なのがこいつ。画像を見ての通りハサミ収納可能で、溝が入っているので紐で縛りやすい。必要な機能は全部ついています。

・雑誌にもつかえる新聞片付けグッズ
・溝が入っていてすぐに縛れるようになっている
・ハサミ収納可能

強いて欠点を上げるなら見た目。凡夫は別にいいのですが、もっとこうオシャレなのはないのか! 英字新聞読むオレカッコいいな人に向けた商品はないのか!? という層がいるかもしれません。そういう方にはこちらがおすすめ。

モノトーンでスタイリッシュです。全く関係ありませんが、オシャレ人間は敵だと認識しています。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-おすすめ生活用品
-