12月19日のお買い得Kindleセール本
PR

『大木亜希子』の名言集│『アイドル、やめました。』要約にもなる名言

スポンサーリンク
  1. 『大木亜希子』の名言と要約がわかる。
  2. 『大木亜希子』のおすすめ本がわかる。
  3. 名言をキッカケに本が読みたくなる。 

2万以上の名言を集め、読みたい本が見つかる名言集ブログでお馴染みの、名言紹介屋の凡夫です。

この記事は、『大木亜希子』のおすすめ本を名言で紹介します。紹介する名言が、本を読むキッカケになれば嬉しいです。

ぼんぷ
ぼんぷ

サイドバー下に目次があるのでご利用ください

スポンサーリンク

名言で紹介する『大木亜希子』のおすすめ本ランキング

『大木亜希子』のおすすめ本を上から順に紹介します。取り上げている名言を読めばどんな本なのかわかるので、購入する際の参考になれば嬉しいです。

大木亜希子『アイドル、やめました。』要約にもなる名言

created by Rinker
¥1,386 (2024/06/13 09:27:49時点 Amazon調べ-詳細)

一流の女優や歌手、タレントとして

一流の女優や歌手、タレントとして
独り立ちすることか
それぞれの最終目標であることは、
嘘偽りない事実であろう。
しかし、そうしたゴールに到達するための
「正攻法の地図」が
どこにあるのかわからない。

なにもしなければ、その月の給料はゼロ。

なにもしなければ、その月の給料はゼロ。
しかし頑張れば働いた分だけもらえる。
そんな経験も、元アイドルの
彼女にとっては初めてのことなのだ。

今、輝く彼女の表情を見ていると、

今、輝く彼女の表情を見ていると、
私は「アイドルは人生の通過点だった」
という生き方は負け組でもなんでもなく、
あってもいいのではないかと思う。

彼女にとってSKE48は手段ではなく目的で、

彼女にとってSKE48は手段ではなく目的で、
「あのグループでアイドルになる」
ということで目標のキャリアは叶っていた。
そして未来を見据えた時に、改めて気がついた。
「私はモデルや声優より、
 やっぱり保育士になりたい」

自分と向き合って「勝負の配分」を考える。

自分と向き合って「勝負の配分」を考える。
アイドル時代に得たこうした経験は、
勉強の戦略を立てるうえでも重要なことだった。

新しい夢に進むためにアイドルをやめることは、

「新しい夢に進むためにアイドルをやめることは、
 全然悲しいことではないです。
 だって自分の未来のことだから」

感謝と関連記事の紹介

読んでいただきありがとうございました。このブログは、23,647コの名言を載せています。あなたが読みたい本が必ずあります。記事の最後尾にカテゴリー・タグ・紹介した作品の関連記事を載せておくので、お暇なときにお探しください。

心に残った名言をコメントTwitterInstagramのどれかで教えてくれると嬉しいです。

ぼんぷ
ぼんぷ

紹介した名言が本を読むキッカケになり、あなたの人生を変える1冊になりますように。

コメント