ビジネス書の名言集 本の名言 名言で紹介するおすすめ本

文章力が上がる!『文章術』のおすすめ本がわかる名言集

10月12日まで限定キャンペーン

  • 読書が苦手でも
    ラジオを聴くように本が読める
  • 満員電車でも運転していても
    Audibleなら読書ができる
  • 通常1か月の無料体験が

この記事は、
『文章術』のおすすめ本
本の内容がわかる名言と一緒に紹介します。

紹介している名言を読めば、
ざっくりと書いている内容が
わかるようになっているので、
本を買う時の参考になります。

ネタバレがあるかもしれません。
ネタバレを気にしないという方は、
このままお読みください。

紹介した名言が、
人生を変える言葉であることを
願っています。

これだけ読めば見逃さない!
Kindleセール情報まとめ記事

ジャンプできる目次

文章力が上がる!文章術
おすすめ本の名言集

小川真理子『「文章術のベストセラー100冊」のポイントを1冊にまとめてみた』の名言集

created by Rinker
¥1,485 (2022/09/27 16:32:27時点 Amazon調べ-詳細)

映えある1位は「文章はシンプルに」です。

映えある1位は
「文章はシンプルに」です。

「シンプルに書く」ことの大切さは、
100冊中53冊に記されていました。
少しでも長いと感じられたら、
その文章はまず読まれない。

シンプルに書くのが一番だと、
頭ではわかっているくせに、
根っこがオタクのおっさん構文に、
成り下がってしまうのは何故だろうか。

ネット文化のオリジンが、
Adobe Flashと2chとニコニコ動画なんだもの。
凡夫の様になってはいけません。
本当に。本気で。マジで。

わかりやすい文章を書くには

わかりやすい文章を書くには
「なくても意味が通じる言葉を削る」

1文の長さは「60文字以内」が好ましい

1文の長さは「60文字以内」
が好ましいことがわかりました。

また、「80文字だと長すぎる」ことも共通。

説得力を高めたいときは

「結論が先、説明があと」の
「逆三角形型」が基本。

説得力を高めたいときは
「結論→理由→具体例→結論」のPREP法。

見た目を揃えること。

見た目を揃えること。
1.余白で読みやすい印象を与える。
2.ひらがなと漢字はバランス重視で。
3.見た目を良くすると文章のリズムも良くなる。

句読点をテキトーに打たない。

句読点をテキトーに打たない。
あえて呼吸をせずに
一気に読んでもらいたい箇所には
句読点を打たず、

リズムとして一呼吸おいてほしい
というところに句読点を打つ。

文末の「である」と「ですます」を区別する。

文末の「である」
と「ですます」を区別する。

である調:力強さやキレの良さを与える。
ですます調:丁寧でやさしい印象を与える。

わかりにくいカタカナ語は日本語に。

わかりにくいカタカナ語は日本語に。
自然な日本語にできる言葉は
なるべく置き換える。

説得力のある文章は

根拠を示す。
客観的で信頼性の高い数字やデータで示す。

説得力のある文章は
「論理的で正確」である必要があります。

①研究、調査結果をデータで示す。
②専門家の見解を紹介する。
③自分の体験を述べる。
④著名人の事例を紹介する。
⑤資料から引用する。

田中泰延『読みたいことを、書けばいい。』の名言集

created by Rinker
¥1,336 (2022/09/27 16:29:41時点 Amazon調べ-詳細)

「自分が読みたいことを書けば、自分が楽しい」

「自分が読みたいことを書けば、自分が楽しい」
という原理に気がついた。

『文章力向上72のステップ』

『文章力向上72のステップ』
などという本を見ると、
気が遠くなる。

だいたい、いつまで
ステップしているのか。

いい加減にホップをするなり、
ジャンプをしてはどうか。

そもそも文章読本というのは、

そもそも文章読本というのは、
文章を書くことによって
功なり名遂げた人が著すものだ。

有名なところでは谷崎潤一郎『文章読本』、
三島由紀夫『文章読本』、
丸谷才一『文章読本』などがある。

これらに共通する点は、
第一に、名だたる文豪が
書いたものであるという点だ。

第二に、題名が同じなので
買うときに紛らわしい点だ。

「手段が目的にすりかわったこと」

「手段が目的にすりかわったこと」
趣味とは、倒錯であるともいえる。

ここが出発点なのだ。

「わたしが言いたいことを書いている人がいない。
 じゃあ、自分が書くしかない」
読み手として読みたいものを書くというのは、
ここが出発点なのだ。

「わたしが愛した部分を、全力で伝える」

「わたしが愛した部分を、全力で伝える」
という気持ちで書く必要があるのだ。
愛するポイントさせ見つけられれば、
お題は映画でも牛乳でもチクワでも良く、
それをそのまま伝えれば記事になる。

事象に出会ったとき、

事象に出会ったとき、
そのことについてしっかり調べて、
愛と敬意の心象を抱けたならば、
過程も含め、自分に向けて書けばいい。

書くことは、生き方の問題である。

書くことは、生き方の問題である。
自分のために、書けばいい。
読みたいことを、書けばいい。

梅田悟司『言葉にできるは武器になる』の名言

created by Rinker
¥1,485 (2022/09/28 03:12:08時点 Amazon調べ-詳細)

言葉にできないということは

言葉にできないということは
「言葉にできるほどには、考えられていない」
ということと同じである。
どんなに熟考できていると思っていても、
言葉にできなければ相手には何も伝わらない。

建前を突き破ることができなければ

建前を突き破ることができなければ、
あなたの言葉はいつもでも
どこかで借りてきたようなものになってしまい、
迫力も説得力もないものになってしまう。

言葉において大切なのは

言葉において大切なのは、
人を動かす力ではなく、
人が動きたいと思わせる力である。

内なる言葉の強化なくして

内なる言葉の強化なくして、
外に向かう言葉を磨くことはできない。
なぜなら、言葉は思考の上澄みでしかないからである。

より多くの人に伝えようと思えば思うほど

より多くの人に伝えようと思えば思うほど、
誰の琴線にも触れることのない言葉になっていく。

成毛眞『バズる書き方』の名言

created by Rinker
¥891 (2022/09/28 03:12:09時点 Amazon調べ-詳細)

バズる文章の第一関門

文章の〝見た目〟はバズる文章の第一関門。
文面を見て〝うわ、読みたくないな〟
と思われてしまったら、

何をどれだけうまく表現していても無用の長物となる。

〝スマホで読みやすい見た目〟

〝スマホで読みやすい見た目〟
でなくてはいけない。

改行や1行空きなどの余白が少なすぎる、
逆に余白が多すぎて
延々とスクロールしなくては
いけないなどの文章は、

いくら内容がよくても、
スマホで読むとなるとうんざりしてしまう。

歯切れのいい文章にするには、

歯切れのいい文章にするには、
余計な修飾語はあまり入れないこと。
〝とても〟〝すごく〟
〝非常に〟〝大変〟
などは極力使わずに、

ずばりひと言で表現したほうが
キレのある文章になる。

だから推敲が大事。

自分の発信がどう受け取られるか。
その責任の9割は読者ではなく、
自分にあると考えるべき。

不用意な書き方はしない。
誤解を生む芽はあらかじめ摘んでおく。
だから推敲が大事。

竹村俊助『書くのがしんどい』の名言

created by Rinker
¥1,260 (2022/09/28 03:12:09時点 Amazon調べ-詳細)

まず下手でもいいから、

まず下手でもいいから、
何も気にせずダーッと
伝えたいことを書きなぐる。

そして、そのあと冷静になって
「編集者」の立場で
文章を見直して整えていく。

そうすればある程度の質の文章を
一人で作成することができます。

書く段階では無邪気に

書く段階では無邪気に
「最高じゃん!」
「俺、おもしろい!」と

自分をほめながら書く。
そして、それを読むときは
「こいつぜんぜんダメだな」と
自分をけなしなら
「赤」を入れていくのです。

いしかわゆき『書く習慣 』の名言

created by Rinker
¥1,386 (2022/09/28 05:11:17時点 Amazon調べ-詳細)

文才が無くても文章を書いていいし

別にゲームの才能がなくても、
ゲームオーバーを連発しながら
ゲームをやっていいように、

文才が無くても文章を書いていいし、
それについて咎められる理由なんて
なにもないんです。

日々何気なく使っている言葉には

日々何気なく使っている言葉には、
「自分らしさ」が含まれています。
だから、
「普段しゃべっているとおりの言葉で書く」
だけで、
自分らしい言葉を
紡ぐことができるんです。

近藤康太郎『三行で撃つ 〈善く、生きる〉ための文章塾』
の名言・要約

created by Rinker
¥1,188 (2022/09/28 03:12:10時点 Amazon調べ-詳細)

最初の一文

最初の一文、
長くても三行くらいでしょうか。

そこで心を撃たないと、
浮気な読者は逃げていきます。
続きなど読んでくれない。

三行以内で撃ってくれ。

三行以内で撃ってくれ。
驚かせ、のけぞらせてくれ。
いい、悪いではない。
いま、文章を書く人の書き出しは、
そうあらざるを得ないんです。
最初に、銃を見せてくれ。

わかりやすい文章の三つの原則

わかりやすい文章の三つの原則=
①文章は短くする。
②形容語と被形容語はなるべく近づける。
③一つの文に、主語と述語はひとつずつ。

文章にスピード感がある=

文章にスピード感がある=
あっという間に読めてしまう。
読めてしまう〝気がする〟ということ。
その最も簡単なコツは、
単純に、文章を短くすることです。

いい文章とは何か。

いい文章とは何か。
文字どおり、人を、
いい気持ちにさせる文章。

落ち着かせる文章。
世の中を、ほんの少しでも住みいいものにする文章。
風通しのいい文章。
ギラギラしていない、
いい鞘に入っている、切れすぎない、
つまりは、徳のある文章。

文章を書く道具箱の一番上は、

文章を書く道具箱の一番上は、
とりもなおさず、語彙です。
ではどうやって言葉を集めるか。
語彙を増やすには、どうすればよいか。
本を読めばよい。以上、終わり。

古賀史健『20歳の自分に受けさせたい文章講義』の名言

created by Rinker
¥914 (2022/09/27 16:51:29時点 Amazon調べ-詳細)

「いい文章」とは

いったい「いい文章」とは、
どんな文章を指すのか?

僕の答えはシンプルだ。
「いい文章」とは
「読者の心を動かし、
 その行動までも動かすような文章」
のことである。

〝主張〟とはそういうことだ。

文章を書くとき、われわれは
「結局なにが言いたいんだ?」
という問いに
〝ひと言〟で答えられなければならない。
〝主張〟とはそういうことだ。

12万以上の作品が聴き放題
『聴く読書』始めませんか?

おすすめ関連記事

最期まで読んでいただき
ありがとうございます。

名言をキッカケに本を買ったよ。
という方がいたら、
「買ったよ」の一言でいいので、
コメントくれると嬉しいです。

他のビジネス書の名言もあるので、
時間のある時に読んでください。

【2022年版】おすすめビジネス書を名言で紹介します。

この記事は、おすすめのビジネス書を 名言とともに紹介します。 紹介している名言を読めば、 ざっくりと書いている内容が わかるようになっているので、 本を買う時の参考になります。 ネタバレがあるかもしれ ...

【自己啓発の名言集】おすすめ自己啓発本の名言30選

この記事は、おすすめの自己啓発本を中心に、 「自己啓発とは」 何かわかった気になる名言を紹介します。 自己啓発本ではなく自己啓蒙書とした方が、 クトゥルフ感とか フロム感が出て売れる気がする凡夫です。 ...

ビジネス書を買うなら
安くて場所を取らない
Kindleがおすすめ

半額以下のお買い得な
Kindleセール情報を紹介します。

 

【50%OFF~】新書Kindleセール

この記事は2022年9月8日時点で 確認した半額以下になっている 新書Kindleセール情報を まとめて紹介します。 これだけ読めば見逃さない! Kindleセール情報まとめ記事 注意事項:Amazo ...

ビジネス書の読み放題
サブスクはこれがおすすめ

Kindle Unlimitedって何?

Kindle Unlimitedは
Amazonプライム会員とは別に、
月額980円を支払って利用する、
電子書籍読み放題サービスです。

Prime Readingと間違えやすいのですが、
Prime Readingは
Amazonプライム会員になると、
オマケでついてくるサービスです。

読める作品数もPrime Readingでは
500作品程ですが、
Kindle Unlimitedでは、
和書10万冊・洋書120万冊が
読み放題になります。

他の読み放題サービスと比べてどう?

漫画であればコミックシーモア
雑誌であればdマガジン
小説であればBookLive!や楽天Kobo

がKindle Unlimitedよりも品揃えがよく、
使いやすいと思います。

ですが、幅広く色々なジャンルを読む方、
ビジネス書や実用書を良く読む方には、
Kindle Unlimitedがおすすめです。

雑誌はdマガジンと比べると
少ないのですが250誌以上
取り扱っているので、
購読している雑誌があれば、
それだけで元が取れます。

こんな人におすすめです

幅広く本を読む方
キャリアアップしたい方
雑誌を定期購読されている方

Kindle Unlimitedおすすめです。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

名言紹介屋ぼんぷ

30代の広く浅いタイプのオタクが、18,685コの名言を紹介します。ぼっちなので励ましてくれたのは名言だけでした。お互い頑張りましょう。

-ビジネス書の名言集, 本の名言, 名言で紹介するおすすめ本