12月19日のお買い得Kindleセール本
PR

『齋藤孝』の名言│おすすめ本ランキングと名言集(呼吸入門など)

スポンサーリンク
  1. 『齋藤孝』の名言がわかる。
  2. 『齋藤孝』のおすすめ本と要約がわかる。
  3. 名言をキッカケにビジネス書が読みたくなる。

2万以上の名言を集め、読みたい本が見つかる名言集ブログでお馴染みの、名言紹介屋の凡夫です。

この記事は、『齋藤孝』のおすすめ本を名言で紹介します。紹介する名言が、本を読むキッカケになれば嬉しいです。

ぼんぷ
ぼんぷ

サイドバー下に目次があるのでご利用ください

  1. 名言で紹介する『齋藤孝』のおすすめ本ランキング
    1. 齋藤孝『書ける人だけが手にするもの』 の要約にもなる名言
      1. 「書くことで自分の考えがはっきりする」
      2. ほんの1行でもよいから、
      3. 概念とは
      4. 書くことを続ける人ほど
      5. 「どのように抽象化し、どのように具体化するか」
      6. 優れた表現に触れ、
      7. 話すように書き、書くように話す。
    2. 齋藤孝『読書する人だけがたどり着ける場所』の要約にもなる名言集集
      1. 一度読書の習慣がつけば
      2. いまこそ本を読むべきだ。
      3. 深い人になるには
      4. 単なる物知りは深い人ではない
      5. 読書には大きく分けて二つあります。
      6. 読書は自分と異なる視点を
      7. 驚くべきことに驚けるのは
    3. 齋藤孝『座右の諭吉(光文社新書)』の要約にもなる名言集
      1. 誓いを立てて奮起することは
      2. 福沢が一切世間に頓着しなかったのは、
      3. 優秀な人材がたくさん集まってきたのは
      4. 決死の覚悟だったに違いない
      5. 大事なのは
      6. 成功者となった最大の要因は
      7. スピーディーな決断ができると
      8. 中でも福沢は、健康に重きを置いた。
    4. 齋藤孝『ガチ文系のための「読む数学」』の要約にもなる名言集
      1. すべては変化するのですから
      2. 「f」はスタイル。
      3. どんな「f」で変換されたのかを考えると
      4. あまり価値がないと思ったものに
      5. 論理的に物事を考えて
      6. 社会の重要な意思決定に
    5. 齋藤孝『齋藤孝の知の整理力』の要約にもなる名言集
      1. 言葉をたくさんストックしており
      2. 本の中で素敵な言葉と出会ったら、
      3. 知性というものは本来、
    6. 齋藤孝/安住紳一郎『話すチカラ』の要約にもなる名言集
      1. どんな業界でも
      2. テレビや人前で話すときには
      3. たくさんの人の前に出て
      4. 笑いにチャレンジする人は、勇者です。
      5. 知性は、その人が使う語彙に表れます。
    7. 齋藤孝『大人だからこそ忘れないでほしい45のこと』の要約にもなる名言集
      1. 人は自分というものを
      2. 自分はひとりで生きていける
      3. 冗談を言う人は勇者である。
      4. 上機嫌でいることが大切。
      5. 人間というものは、あらゆる局面で、
      6. 何かしらの変化があるにしても、
      7. 孤独という言葉の代わりに、
    8. 齋藤孝『地アタマを鍛える知的勉強法』の要約にもなる名言集
      1. 勉強の出発点において
    9. 齋藤孝『呼吸入門』の要約にもなる名言集
      1. 「三・二・十五」の齋藤式呼吸法
    10. 齋藤孝『50歳からの孤独入門』の要約にもなる名言集
      1. いろいろな嫉妬心から 自由になりましょう。
      2. 自分自身のプライドとの
    11. 齋藤孝『大人のための書く全技術』の要約にもなる名言集
      1. 重要なことは、
      2. たとえ特別な文章力が
    12. 齋藤孝『人生に効く名著名作の読み方』の要約にもなる名言集
      1. 最終的に復讐なんてどうでもよくなる。
      2. 「思い立ったが吉日」で、
      3. 道中を楽しむ「ご機嫌」な
    13. 齋藤孝『ちょっと尊敬される人になる本』の要約にもなる名言集
      1. 人がそれぞれ得意なことをやって、
      2. 嫌いだなという感情は、
    14. 齋藤孝『雑菌主義宣言!』の要約にもなる名言集
      1. 圧倒的に多い負けを
    15. 齋藤孝『ほめる力』の要約にもなる名言集
      1. 人をほめると、
      2. 「ほめる力」を身につければ、
    16. 齋藤孝『大人のための読書の全技術』の要約にもなる名言集
      1. 本を読むことで、自分の中に
    17. 齋藤孝『文系のための理系読書術』の要約にもなる名言集
      1. 世の中には簡単に
    18. 齋藤孝『子どもの学力は「読解力」で決まる!』の要約にもなる名言集
      1. 知識というのは、
    19. 齋藤孝『声に出して読みたい親鸞』の要約にもなる名言集
      1. 世の中、自力で、自分で、
    20. 齋藤孝『就職力』の要約にもなる名言集
      1. 行動力がない人は、可能性を
    21. 齋藤孝『おとな「学問のすすめ」』の要約にもなる名言集
      1. 「条件が悪いからできません」
    22. 齋藤孝『読書力』の要約にもなる名言集
      1. 読書は、
      2. 私は本を読むときに
      3. 書き言葉に慣れてしまえば、
      4. 「本はなぜ読まなければいけないのか」
      5. 矛盾しあう複雑なものを心の中に共存させること。
      6. 自分自身の内側だけを見つめているのでは
      7. 本を著者そのものだと思う気持ちは、
      8. 読書は人間の幅を広げ、器を大きくする。
      9. とんでもない小心者やうそつき
      10. 様々な人間像を
      11. 広く読んでいる方がある本を深く読める。
    23. 齋藤孝『偉人たちのブレイクスルー勉強術』の要約にもなる名言集
      1. 過去の失敗したやり方には、
    24. 齋藤孝『「意識の量」を増やせ!』の要約にもなる名言集
      1. 人脈とは
      2. 「これしかない」と
    25. 齋藤孝『日本人の心はなぜ強かったのか』の要約にもなる名言集
      1. 「心より大事なものがある」
      2. プロというのは、
    26. 齋藤孝『最強の人生時間術』の要約にもなる名言集
      1. 一日中ずっと
スポンサーリンク

名言で紹介する『齋藤孝』のおすすめ本ランキング

『齋藤孝』のおすすめ本を上から順に紹介します。取り上げている名言を読めばどんな本なのかわかるので、購入する際の参考になれば嬉しいです。

齋藤孝『書ける人だけが手にするもの』 の要約にもなる名言

「書くことで自分の考えがはっきりする」

「書くことで自分の考えがはっきりする」
というのが、文章を書くことの
最大のリターンではないかと思うのです。

ほんの1行でもよいから、

ほんの1行でもよいから、
何か頭に浮かんだことを書いてみる。
すると、次第に自分の感情や
思考の輪郭がはっきりしてきます。

概念とは

概念とは、物事を見るための視点を
与えてくれるものなのです。
その視点をもって物事を見ることで、
思考の幅も選択肢も広がっていくきっかけを
与えてくれるものともいえるでしょう。

書くことを続ける人ほど

書くことを続ける人ほど、書けるようになる。
これは、書くほどにコツが身につくというだけでなく、
書くことによって新たなアイデアが
生まれるということでもあるのです。

「どのように抽象化し、どのように具体化するか」

具体と抽象を自由に行き来できるような力がつくと、
その力に比例してものの見方が鋭くなっていきます。
「どのように抽象化し、どのように具体化するか」は
自分独自のものであり、
書き手としてのオリジナリティでもあるからです。

優れた表現に触れ、

優れた表現に触れ、
それらの表現を自分のものにしていくためには、
やはり読書をすることが欠かせません。
広く読書をすれば、
それだけ名文と出会える機会も多くなりますから、
遠回りなようでいて、
実は認識力を磨くための一番の近道ともいえるのです。

話すように書き、書くように話す。

話すように書き、書くように話す。
「話す」と「書く」に橋をかけることで、
文章力がアップします。

齋藤孝『読書する人だけがたどり着ける場所』の要約にもなる名言集集

一度読書の習慣がつけば

一度読書の習慣がつけば、
どんどんラクに
本が読めるようになります。

そして思考も知識も人格も
深めていくことができるのです。

いまこそ本を読むべきだ。

いまこそ本を読むべきだ。
思考力を伸ばし、想像力を豊かにし、
苦しいときも前進する力をくれる。
自己を形成し、人生を豊かにするのに
欠かせないのが読書です。

その価値はずっと変わらない。

深い人になるには

深い人になるには、
読書ほど適したものはありません。

本を読むことで知識を深め、
思考を深め、
人格を深めることができます。

単なる物知りは深い人ではない

バラバラとした知識が
たくさんあっても、
それを総合的に
使いこなすことが
できないのでは意味がない。

単なる物知りは深い人ではない。
教養が人格や人生にまで
生きている人が深い人です。

読書には大きく分けて二つあります。

読書には大きく分けて二つあります。
情報としての読書と、
人格としての読書です。

読書は自分と異なる視点を

読書は自分と異なる視点を
手に入れるのに役立ちます。

繰り返すと視点が
重層的で多角的になります。

一点に凝り固まるのでなく、
厚みや深み、広がりのある視点を
持つことができるのです。

驚くべきことに驚けるのは

驚くべきことに驚けるのは、
実は教養があるからです。

知識豊富で教養豊かな人は、
もうあまり驚くことがないのでは
ないかと思うかもしれませんが、

逆なのですね。知れば知るほど、
心の底から驚くことができるのです。

齋藤孝『座右の諭吉(光文社新書)』の要約にもなる名言集

誓いを立てて奮起することは

誓いを立てて奮起することは
一般にいいことのように思われているが、
福沢は決してそうは考えていなかった。
うまくいかなければ、やめてしまえばよい。
この脱力加減が福沢に冒険することを
ためらわせなかったのだから、
逆説的で愉快だ。

福沢が一切世間に頓着しなかったのは、

福沢が一切世間に頓着しなかったのは、
強烈な自信があったからだと思う。
福沢にしてみれば、自分は独立した人格であるから、
その「自分」と
「いま貧乏であること」とは何の関係もない。

だから貧乏であることを恥じない。

優秀な人材がたくさん集まってきたのは

福沢の慶應義塾に
優秀な人材がたくさん集まってきたのは、

要するに福沢の勉学の力によるものだ。
単純に言えば福沢の読書量が人を引きつけている。

決死の覚悟だったに違いない

中津藩にとどまっていたのでは
未来は開けそうもないことを、
福沢は重々承知していた。
当時、幕府が木の舟で
大海に漕ぎ出すくらいの危険度だとするなら、
中津藩は泥舟で海にでるようなものだ。
福沢にすれば、中津藩などという
こんなちっぽけな泥舟は絶対に沈む、
沈む前に逃げ出してやるぐらいの
決死の覚悟だったに違いない。

大事なのは

大事なのは、肩書きを取り除いたときに、
どのぐらいの実力があるのか、
何ができるかだ。

成功者となった最大の要因は

福沢が歴史に名を残す
成功者となった最大の要因は、

才能よりも決断力にあったと私は考える。

スピーディーな決断ができると

スピーディーな決断ができると、
失敗のリスクも小さい。
ある決断が失敗だとわかったときも
ずるずると引きずらず、
素早く取り戻すための次の手が打てるからだ。

中でも福沢は、健康に重きを置いた。

中でも福沢は、健康に重きを置いた。
『福翁百余話』の中で、
お金は「万事に先立つものなれど」と
その大切さを認めながら、
健康については
「この金に比較して百倍も千倍も重きもの」
とまで言っている。

齋藤孝『ガチ文系のための「読む数学」』の要約にもなる名言集

すべては変化するのですから

すべては変化するのですから、
良いときに油断してはいけないのと同じように、
悪いときに諦める必要もないのです。

「f」はスタイル。

「f」はスタイル。
スタイル(らしさ)とは
「一貫した変形作用」のこと。

どんな「f」で変換されたのかを考えると

どんな「f」で変換されたのかを考えると、
世の中の仕組みが見えたり、
アイデアを生むヒントをみつけられる。

あまり価値がないと思ったものに

あまり価値がないと思ったものに
新たな価値を見出せば、
そのほうが日々の暮らしは豊かになる。

論理的に物事を考えて

論理的に物事を考えて
何らかの結論を導こうとするときは、
そもそもの前提に
おかしなところがないかどうかを
確認しなければいけません。

社会の重要な意思決定に

社会の重要な意思決定に
加わることの多い人間ほど、

数学的思考が必要です。

齋藤孝『齋藤孝の知の整理力』の要約にもなる名言集

言葉をたくさんストックしており

言葉をたくさんストックしており、
なおかつ、言葉を自在に操れる人が知的な人。

本の中で素敵な言葉と出会ったら、

本の中で素敵な言葉と出会ったら、
日常生活の中で、
とにかくまず引用してみてください。

知性というものは本来、

知性というものは本来、
壮大な知慧や思想に感動し、
それを知ることができた自分を
〝幸福だ〟と思うことなのです。

齋藤孝/安住紳一郎『話すチカラ』の要約にもなる名言集

どんな業界でも

どんな業界でも、
仕事でいいアウトプットをしたかったら、
その3倍くらいのインプットをしておく必要があります。

テレビや人前で話すときには

テレビや人前で話すときには、
あえてちょっと高めの声を使っています。
高めの声のほうが
人に話を聞いてもらいやすいからです。

たくさんの人の前に出て

たくさんの人の前に出て
謙遜のフレーズばかりだと、
スピーチはだいたいダレる。

笑いにチャレンジする人は、勇者です。

笑いにチャレンジする人は、勇者です。
面白いことをまったく言おうとしない人は、
その場に対する貢献度が低い。

知性は、その人が使う語彙に表れます。

知性は、その人が使う語彙に表れます。
賢いと思われるような話し方をするには、
なんといっても語彙力を身につける。
つまり読書をするのが一番。

齋藤孝『大人だからこそ忘れないでほしい45のこと』の要約にもなる名言集

人は自分というものを

人は自分というものを
自分自身でよくわかっておらず、
他人に言われることで
初めて気づくことが往々にしてある。

自分はひとりで生きていける

自分はひとりで生きていける
と思い込んでいる人ほど、
他人に迷惑をかけやすい。

冗談を言う人は勇者である。

冗談を言う人は勇者である。
冗談を言わなくても
特に問題はないにもかかわらず、
あえて冗談にチャレンジする。
ましてや、その冗談が滑ったときの
痛みすら引き受けて、それを乗り越える。
まさに、これぞ勇者。

上機嫌でいることが大切。

明確な理由があって上機嫌になっているようでは、
まだまだ素人です。
どんな状況、環境においても
上機嫌でいることが大切。

人間というものは、あらゆる局面で、

人間というものは、あらゆる局面で、
自分の弱みや環境を自らの資源、
エネルギーに変えていけるかどうか試されている。

何かしらの変化があるにしても、

何かしらの変化があるにしても、
ベースがごっそりと
変わってしまうことはありえません。
これまで積み上げてきた土
台の上に変化が起きるだけ。

孤独という言葉の代わりに、

孤独という言葉の代わりに、
単独という表現を使ってみる。
自分は今、単独者であると考えれば、
孤独という言葉の持つ重さが消えて、
気分も軽くなってくるはず。
そういう単独者の時間を、
ぜひつくってみてください。

齋藤孝『地アタマを鍛える知的勉強法』の要約にもなる名言集

created by Rinker
¥737 (2024/04/14 02:15:29時点 Amazon調べ-詳細)

勉強の出発点において

勉強の出発点において、
この覚悟というものが非常に大事です。

勉強は覚悟で決まるといってもいい。
それは、頭がいい悪いということよりも
はるかに大切なことであり、

頭脳ではなく、腹の下の
臍下丹田で練られた覚悟が、

最終的に知性を決定づける
のではないかとさえ思います。

齋藤孝『呼吸入門』の要約にもなる名言集

created by Rinker
¥604 (2024/04/14 13:01:55時点 Amazon調べ-詳細)

「三・二・十五」の齋藤式呼吸法

私の提案する呼吸法は
非常にシンプルです。
意識を丹田に持っていって
ゆったりとしたお腹で息をします。
鼻から三秒息を吸って、
二秒お腹の中にぐっと溜めて、
十五秒間かけて
口から細くゆっくりと吐く――
たったこれだけのシンプルなものです。
慣れてきたら、鼻から吐いてもいい。

齋藤孝『50歳からの孤独入門』の要約にもなる名言集

created by Rinker
¥711 (2024/04/14 16:43:10時点 Amazon調べ-詳細)

いろいろな嫉妬心から 自由になりましょう。

いろいろな嫉妬心から
自由になりましょう。
同級生レースは終わり。
若さに対して
勝負しようなんて思わない。
「勝負から降りた」という感覚は、
確実に気持ちを楽にしてくれます。
向上心は残しておいて
かまわないと思いますが、
無駄な競争心から
解き放たれたときに、
心から楽になれると思います。

自分自身のプライドとの

自分自身のプライドとの
付き合い方というのは
難しいものです。
どこかでそれを捨てて、
自分の本当の価値を
受け入れるということが必要です。

齋藤孝『大人のための書く全技術』の要約にもなる名言集

重要なことは、

重要なことは、
「文章は人間関係をつくるものだ」
ということを認識することです。

たとえ特別な文章力が

たとえ特別な文章力が
なかったとしても、
「発見」や「新たな視点」さえあれば
読者を感動させることができるのです。

齋藤孝『人生に効く名著名作の読み方』の要約にもなる名言集

最終的に復讐なんてどうでもよくなる。

自分にひどいことをした相手を
ずっと憎み、日々のろっていても
あまり意味はありません。
それより復讐心の有効活用というか、
もっと前向きなことにエネルギーを使って、
自分を向上させる遠回りの方法で
復讐を考えるほうがずっと聖餐的です。
最終的に復讐なんてどうでもよくなる。
裏切った相手を許してしまう。
そこまで行けば、
本当の復讐といえるのではないでしょうか。

「思い立ったが吉日」で、

何ごとにも
チャレンジして向かっていって、
「向こう傷」を負わないと
上達していきません。
「思い立ったが吉日」で、
下手でも下手なりに
見せていこうじゃないか。

道中を楽しむ「ご機嫌」な

結果より
道中を楽しむ「ご機嫌」な
生き方をめざしましょう。

齋藤孝『ちょっと尊敬される人になる本』の要約にもなる名言集

created by Rinker
¥1,100 (2024/04/14 16:43:12時点 Amazon調べ-詳細)

人がそれぞれ得意なことをやって、

人がそれぞれ得意なことをやって、
他者の願望をかなえながら
暮らしているわけで、
われわれも役に立てる何かを
持っていればこそ、
この社会の一員となれる。
何の武器も持たずに
自分を評価してほしいと言っても、
それだけで社会は
あなたを評価することはない。
その存在をほぼ無条件で
認める人は家族しかいないが、
それとて家族内での役割を
果たす必要がある。

嫌いだなという感情は、

嫌いだなという感情は、
その人と同じ地平にいるから
生じるものなのである。
同じ地平にいれば
害を受けそうな気がして、
嫌になり、身構えてしまう。
そうではなくて
離れたところから眺めれば、
「またそんなことをしている」
と余裕が生まれる。

齋藤孝『雑菌主義宣言!』の要約にもなる名言集

圧倒的に多い負けを

圧倒的に多い負けを
無駄にしない人が、
ほかの人よりちょっと
多く勝てるのではないか。

齋藤孝『ほめる力』の要約にもなる名言集

created by Rinker
¥1,540 (2024/04/14 08:19:14時点 Amazon調べ-詳細)

人をほめると、

人をほめると、
自分の人生が楽しくなる!
人が努力しているところを見つけて、
いかにほめるか?それができれば、
実はあなたの自己肯定力が
上がるのです。

「ほめる力」を身につければ、

「ほめる力」を身につければ、
自己肯定感が強くなるだけでなく、
ほめられて
嫌な気持ちになる人はいないから、
人間関係が円滑にいく。
つまり、人生そのもののクオリティを
高めることができるのだ。

齋藤孝『大人のための読書の全技術』の要約にもなる名言集

本を読むことで、自分の中に

本を読むことで、自分の中に
偉大な他者を持てるようになると、
視野が大きく広がります。

齋藤孝『文系のための理系読書術』の要約にもなる名言集

created by Rinker
¥594 (2024/04/14 16:43:14時点 Amazon調べ-詳細)

世の中には簡単に

世の中には簡単に
理解できないことが
たくさんあります。
それらすべてを
遠ざけようとするのではなく、
「そうなんだ、
 と思っておくだけでいい」
こともあるのです。

齋藤孝『子どもの学力は「読解力」で決まる!』の要約にもなる名言集

知識というのは、

知識というのは、
取り出せて初めて
意味があるんです。

齋藤孝『声に出して読みたい親鸞』の要約にもなる名言集

世の中、自力で、自分で、

世の中、自力で、自分で、
と思っている人よりも、
自分の限界を知る他力の人のほうが、
どこかうまくいくところが
あるのかもしれません。
「自分一人の力で
 なんとかなると言う人ほど
 他人に迷惑をかけやすい」
という法則があると
私は見ています。

齋藤孝『就職力』の要約にもなる名言集

行動力がない人は、可能性を

行動力がない人は、可能性を
自分でゼロにしてしまっている。

齋藤孝『おとな「学問のすすめ」』の要約にもなる名言集

created by Rinker
¥1,650 (2024/04/14 16:43:16時点 Amazon調べ-詳細)

「条件が悪いからできません」

「条件が悪いからできません」
と言っていると、
ますますできなくなってしまう。
チャンスの扉は
自分でこじあけなければいけない。

齋藤孝『読書力』の要約にもなる名言集

読書は、

読書は、
一人のようで一人ではない。
本を書いている人との
二人の時間である。

私は本を読むときに

私は本を読むときに、その著者が自分ひとりに向かって
直接語りかけてくれているように感じながら読むことにしている。
高い才能を持った人間が、
大変な努力をして勉強をし、
ようやく到達した認識を、
二人きりで自分に丁寧に話してくれるのだ。
いくら高くても高すぎるということはない。

書き言葉に慣れてしまえば、

書き言葉に慣れてしまえば、
書き言葉ならではの栄養価の高さに
充足感を覚えるようになる。
書かれた言葉を苦にせずに読めるという「技」が、
自分の世界をとてつもなく広げてくれるのである。

「本はなぜ読まなければいけないのか」

「本はなぜ読まなければいけないのか」
という問いに対する私の答えは、まず何よりも
「自分をつくる最良の方法だからだ」ということだ。

矛盾しあう複雑なものを心の中に共存させること。

矛盾しあう複雑なものを心の中に共存させること。
読書で培われるのは、この複雑さの共存だ。
自己が一枚岩ならば壊れやすい。
しかし、複雑さを共存させながら、
徐々にらせん状にレベルアップしていく。
それは、強靭な自己となる。

自分自身の内側だけを見つめているのでは

自分自身の内側だけを見つめているのでは
到底見えてこない世界に開かれるのが、
読書のおもしろさだ。

本を著者そのものだと思う気持ちは、

本を著者そのものだと思う気持ちは、
その本の効果を格段に高める。
その著者と一対一で過ごした時間は、
自分の人生にとって貴重なものとなっている。
読書は、優れた他者との出会いの経験となる。

読書は人間の幅を広げ、器を大きくする。

読書は人間の幅を広げ、器を大きくする。
それは、優れた他者を数多く自分の心に持つということだ。

とんでもない小心者やうそつき

とんでもない小心者やうそつき、
ヒステリーや好色な人物。
こうした極端な人々を知ることも、
読書の大きな楽しみの一つだ。

様々な人間像を

様々な人間像を、
読書を通じて事前に知っておくことによって、
現実に対してタフになれる。
自分とは違う感性や考え方の持ち主に出会っても、
いきなり拒否するのではなく、
じっくりとつき合うことのできる器の大きさ。
こうした素地が、読書を通じて養われる。

広く読んでいる方がある本を深く読める。

広く読んでいる方がある本を深く読める。
恐れずにたくさん読むべきだ。
「広く深く」は読書の場合、現実的に可能だ。

齋藤孝『偉人たちのブレイクスルー勉強術』の要約にもなる名言集

created by Rinker
¥1,234 (2024/04/14 08:19:06時点 Amazon調べ-詳細)

過去の失敗したやり方には、

過去の失敗したやり方には、
かならず自分を知るヒントがあります。

齋藤孝『「意識の量」を増やせ!』の要約にもなる名言集

人脈とは

人脈とは
「誰を知っているか」
ではなくて、
「誰に知られているか」
で決まるものです。

「これしかない」と

「これしかない」と
きみたちはよく言うけど、
「これしかない」なんてことは
この世の中には何もないんだよ。

齋藤孝『日本人の心はなぜ強かったのか』の要約にもなる名言集

created by Rinker
¥594 (2024/04/14 16:43:18時点 Amazon調べ-詳細)

「心より大事なものがある」

私たちは
「心より大事なものがある」
「心にこだわりすぎると
 ロクなことはない」
ということに気づかされる。

プロというのは、

プロというのは、
いやなことをするから
好きなことができると思います。
アマチュアというのは、
いやなことを避けるから、
好きなこともできないと思います。

齋藤孝『最強の人生時間術』の要約にもなる名言集

一日中ずっと

一日中ずっと
時間を短縮することばかり
考えて行動していたのでは
疲れてしまいます。ですから、
何でもかんでも節約するのではなく、
まずは生活全体を見渡し、
一分一秒を争ってやる場面と、
緩やかに過ごす場面を
区切ることが必要です。
この時間はとにかく効率よくやろう、
そのかわり、
あとは緩くやろうというように、
時間の使い方に「メリハリ」を
きっちりつけるのです。

読んでいただきありがとうございました。このブログは、23,647コの名言を載せています。あなたが読みたい本が必ずあります。記事の最後尾にカテゴリー・タグ・紹介した作品の関連記事を載せておくので、お暇なときにお探しください。

心に残った名言をコメントTwitterInstagramのどれかで教えてくれると嬉しいです。

ぼんぷ
ぼんぷ

紹介した名言が本を読むキッカケになり、あなたの人生を変える1冊になりますように。

コメント