12月19日のお買い得Kindleセール本
PR

ジェヨン『書籍修繕という仕事』の要約にもなる名言

スポンサーリンク
  1. 『書籍修繕という仕事』の名言と要約がわかる。
  2. 『書籍修繕という仕事』が読むべきかわかる。
  3. 名言をキッカケに本が読みたくなる。 

2万以上の名言を集め、読みたい本が見つかる名言集ブログでお馴染みの、名言紹介屋の凡夫です。

この記事は、ジェヨンの
『書籍修繕という仕事』の要約にもなる名言を紹介します。紹介する名言が、作品と出会うキッカケになれば嬉しいです。

ぼんぷ
ぼんぷ

サイドバー下に目次があるのでご利用ください

スポンサーリンク

ジェヨン『書籍修繕という仕事』 の要約にもなる名言

created by Rinker
原書房
¥2,200(2024/02/28 10:08:25時点 Amazon調べ-詳細)

本は、物語が長く安全に暮らしていくための家のようなものだ。

本は、物語が長く安全に暮らしていくための家のようなものだ。
本を修繕するというのは、
古くなった家を補修したり
リフォームしたりすることと似ているかもしれない。

原本の姿をがらりと変える作業は毎回気を使うけれど

原本の姿をがらりと変える作業は毎回気を使うけれど、
同時にわくわくもする。
本によく似合う美しい姿へと変身させる作業だから。

わたしは本の修繕に取りかかる前に、

わたしは本の修繕に取りかかる前に、
傷んだ本を隅々までじっくり観察するのが好きだ。
その理由はおそらく、蓄積された時間の痕跡に
魅了されるからではないかと思う。

本を修繕するというのは、

本を修繕するというのは、
その本が生きてきた生の物語に耳を傾け、
それを尊重することだ。

本が傷んだからといって、

本が傷んだからといって、
その本との思い出にまで傷がつくわけではない。
それは長い年月を共にくぐり抜けてきた
本と持ち主の友情なのだ。
それもまた愛の形なのだ。

もし本に生まれ変わるとしたら、

もし本に生まれ変わるとしたら、
どんな分野の本でもいいので、
傷んだら書籍修繕家のもとに連れていってくれる
愛情ある持ち主の本として生まれたい。

読んでいただきありがとうございました。このブログは、23,647コの名言を載せています。あなたが読みたい本が必ずあります。記事の最後尾にカテゴリー・タグ・紹介した作品の関連記事を載せておくので、お暇なときにお探しください。

心に残った名言をコメントTwitterInstagramのどれかで教えてくれると嬉しいです。

ぼんぷ
ぼんぷ

紹介した名言が本を読むキッカケになり、あなたの人生を変える1冊になりますように。

コメント