12月19日のお買い得Kindleセール本
PR

『宮下奈都』の名言│おすすめ作品ランキングと名言集

スポンサーリンク
  1. 『宮下奈都』の名言がわかる。
  2. 『宮下奈都』のおすすめ作品がわかる。
  3. 名言をキッカケに小説が読みたくなる。

2万以上の名言を集め、読みたい本が見つかる名言集ブログでお馴染みの、名言紹介屋の凡夫です。

この記事は、『宮下奈都』のおすすめ作品と名言を紹介します。紹介する名言が、作品と出会うキッカケになれば嬉しいです。

ネタバレの可能性があります。
ネタバレを気にしないという方は、このままお読みください。

ぼんぷ
ぼんぷ

サイドバー下に目次があるのでご利用ください

  1. 名言で紹介する『宮下奈都』のおすすめ本ランキング
    1. 宮下奈都『たった、それだけ』 が読みたくなる名言
      1. 誰だって一度は人を傷つけてる。
      2. 自分の発言を気にしてしまうのは、
      3. 正直に生きることです。
      4. 秘密を知られたくないと願うということは、
      5. ずっと変わらずに穏やかな笑顔を保っていられるというのは、
      6. 辞めるのは逃げることじゃない。
    2. 宮下奈都『とりあえずウミガメのスープを仕込もう。』 が読みたくなる名言
      1. 私は食べることが大好きなので、
      2. コーヒーって
      3. 今朝は野菜たっぷりのスムージーを飲んできたから
      4. 笑われたことのない人は脆い。
      5. あの味が好きだった、
      6. 年を重ねて成長していくのは素晴らしい。
      7. 日々の食卓に使う出汁が
    3. 宮下奈都『窓の向こうのガーシュウィン』の名言
      1. しなくていい、しなくていい
      2. 足りないところを埋めるものなんて、
      3. これはチャンスだ、
    4. 宮下奈都『太陽のパスタ、豆のスープ』 が読みたくなる名言
      1. 全部書き出してごらん
      2. 顔を上げている、 という自覚が必要なときもある。
      3. 自然にしていればいい。
      4. やるのが億劫なことってあるでしょ。
      5. あ、今おまえいけないこと言った。
      6. 毎日のごはんがあなたを助ける。
      7. そういう普段着みたいなものが
      8. 動き出せば、きっと変わる。
      9. がんばれなくても、ええんちゃう?
      10. がんばっている人に対して、
      11. それはもう恋じゃなかった。
      12. ゆるやかによろこび、そっと悲しむような、
  2. 感謝と関連記事の紹介
スポンサーリンク

名言で紹介する『宮下奈都』のおすすめ本ランキング

『宮下奈都』のおすすめ本を上から順に紹介します。取り上げている名言を読めばどんな本なのかわかるので、購入する際の参考になれば嬉しいです。

宮下奈都『たった、それだけ』 が読みたくなる名言

created by Rinker
¥480 (2024/06/13 08:59:45時点 Amazon調べ-詳細)

誰だって一度は人を傷つけてる。

誰だって一度は人を傷つけてる。
たぶん、自分で思ってるよりも深く。

自分の発言を気にしてしまうのは、

自分の発言を気にしてしまうのは、
自分が信用できないからじゃない。
自分ではなく、相手を信用していないんですよ。
信用しているなら、
多少の間違いや失礼は聞き流してくれると思えるはずです。

正直に生きることです。

正直に生きることです。
自分に正直でいれば、
すべては自分で選んだことだと納得することができます。
どんなことが起きても、
責任を取ろうと思えるでしょう。
自分にとことん正直であるなら後悔しない。
それが自分なのだから後悔のしようもありません。
失敗しても、人を傷つけても、
それはもう仕方のないこと。

秘密を知られたくないと願うということは、

秘密を知られたくないと願うということは、
身を守りたい場所にいるということだ。
好意を持つ相手がいたり、
なくせない仕事があったり。
大事なものがあるから、
秘密を隠そうとする。

ずっと変わらずに穏やかな笑顔を保っていられるというのは、

ずっと変わらずに穏やかな笑顔を保っていられるというのは、
周囲の変化に鈍感だということなんじゃないか。
何があっても変わらず、ただ笑っていられる。
それは、優しくみえて、
とてつもなく冷たいということだ。

辞めるのは逃げることじゃない。

辞めるのは逃げることじゃない。
それはひとつの選択だ。
でも、逃げたっていい。
逃げた先でいつかもっといいものに出会えるかもしれない。
それを誰にも否定することはできない。
あきらめてもいい。
むしろ勇気のいることで、
いくらでもあきらめて、また始めればいい。

スポンサーリンク

宮下奈都『とりあえずウミガメのスープを仕込もう。』 が読みたくなる名言

created by Rinker
¥1,485 (2024/06/13 08:59:46時点 Amazon調べ-詳細)

私は食べることが大好きなので、

私は食べることが大好きなので、
食べるシーンを書くときはかなり意識的になる。
料理が載っているはずの食卓がさらりとかわされていたら、
それは料理よりももっと主人公の胸を占めるものがあったということだ。

コーヒーって

コーヒーってこれからのための飲みものって感じがする。
紅茶はどちらかというと
振り返るための飲み物なんじゃないかなぁ。

今朝は野菜たっぷりのスムージーを飲んできたから

今朝は野菜たっぷりのスムージーを飲んできたから
だいじょうぶ、と思ったり、
昨夜レバニラ炒めを食べたから今日は元気だ、
と思ったり、
ちょっとそうやって自分を励ます食べもの
というのは誰にでもあると思う。

笑われたことのない人は脆い。

笑われたことのない人は脆い。
失敗したことのない人は危ない。
恥ずかしかったり、悔しかったり、
そういう体験が人を強くする。
そして、その打たれ強さこそが、
人を遠くまで歩かせてくれる。

あの味が好きだった、

あの味が好きだった、
と思い出すしあわせな記憶の上に、
毎年少しずつ改良したおいしさを重ねていけるのが
家族の楽しさだと思う。

年を重ねて成長していくのは素晴らしい。

年を重ねて成長していくのは素晴らしい。
でも、成長するばかりだったら、
私たちはどこへ行き着くのだろう。
大事にしていることを豊かに育んでいければいい。
そのためにはきっと
退化する部分も必要なのだ。

日々の食卓に使う出汁が

日々の食卓に使う出汁が一番出汁ばかりではないように、
いろいろなものを含んで、混ぜて、受け入れて、
味わい深い出汁になれば、
たぶん、それでいいのだ。

宮下奈都『窓の向こうのガーシュウィン』の名言

created by Rinker
¥528 (2024/06/13 08:59:47時点 Amazon調べ-詳細)

しなくていい、しなくていい

しなくていい、しなくていい、
って思ってるのは意外と身体に溜まるよ。
知らないうちに溜まっていて、
いつかほんとうに
しなくていいって思うっちゃうんだ。

足りないところを埋めるものなんて、

足りないところを埋めるものなんて、
外で探したって見つからないのに。

これはチャンスだ、

これはチャンスだ、
とわかって飛びつくチャンスには、
ろくなものがないと思う。

スポンサーリンク

宮下奈都『太陽のパスタ、豆のスープ』 が読みたくなる名言

created by Rinker
¥440 (2024/06/13 08:59:47時点 Amazon調べ-詳細)

全部書き出してごらん

やりたいことや、楽しそうなこと、
ほしいもの、全部書き出してごらん

顔を上げている、 という自覚が必要なときもある。

顔を上げている、
という自覚が必要なときもある。
顔を上げて、前を向いていよう。
それだけで気持ちを鼓舞することができる。
うつむくのはよそう、前を向いていよう、
と心に決めたのだ。

自然にしていればいい。

自然にしていればいい。
ちゃんと黄色を選べたんだから。
そのうち頭がゆるんで、
身体も心もゆるんでくるよ。
それまでは、ひとつずつゆっくり
作業するといいかもしれないね。
慌てることないよ、あすわはあすわだから。

やるのが億劫なことってあるでしょ。

やるのが億劫なことってあるでしょ。
そういうとき、
いつまでもぐずぐずしていると
どんどん億劫が倍増して嫌になっていくから、
弾みをつけて始めちゃうんだよ。

あ、今おまえいけないこと言った。

あ、今おまえいけないこと言った。
三十過ぎて、って
もしおまえが言われたらどうよ。
自分が言われていやなことは
人にも言うもんじゃありません。

毎日のごはんがあなたを助ける。

毎日のごはんがあなたを助ける。
それは間違いのないことよ。

そういう普段着みたいなものが

そういう普段着みたいなものが
毎日毎日おいしいっていうのが
いちばんすごいんじゃない。

動き出せば、きっと変わる。

考えるばかりじゃなく、
何かやったほうがいい。
動き出せば、きっと変わる。

がんばれなくても、ええんちゃう?

がんばれなくても、ええんちゃう?
がんばれなくても。
もしかすると、いいのかな。
今はもう少しもがいていても、
自分の道を見つけられなくても。
からまって、こんがらがって、
がんじがらめになっていた私を縛る糸が
ゆるゆるとほどけていく感触がある。
よく見れば糸の端っこを握りしめていたのは私の手だ。
私自身が私を縛っていた。

がんばっている人に対して、

がんばっている人に対して、
なんだか後ろめたい気持ちになったのはなぜだったのか。
がんばれない自分が恥ずかしいのと、
それにたぶん、がんばっている人への妬みもあった。
がんばっている人のことは素直に感嘆していよう。
自分ががんばれなくても開き直らず、卑下もせず、
いちばん後ろからゆうゆうと歩いて行こう。

それはもう恋じゃなかった。

それはもう恋じゃなかった。
おいしく食べるためにいろんな味つけをしなくちゃならないような恋なら、
いつかは終わったろう。

ゆるやかによろこび、そっと悲しむような、

ゆるやかによろこび、そっと悲しむような、
穏やかな毎日を今は求めたいと思う。
感情に振りまわされすぎないで、
やりたいことをこつこつとやれるように。

感謝と関連記事の紹介

読んでいただきありがとうございました。このブログは、23,647コの名言を載せています。あなたが読みたい本が必ずあります。記事の最後尾にカテゴリー・タグ・紹介した作品の関連記事を載せておくので、お暇なときにお探しください。

心に残った名言をコメントTwitterInstagramのどれかで教えてくれると嬉しいです。

ぼんぷ
ぼんぷ

紹介した名言が本を読むキッカケになり、あなたの人生を変える1冊になりますように。

コメント