12月19日のお買い得Kindleセール本
PR

『藤原和博』の名言│おすすめ本ランキングと名言集

スポンサーリンク
  1. 『藤原和博』の名言がわかる。
  2. 『藤原和博』のおすすめ本と要約がわかる。
  3. 名言をキッカケにビジネス書が読みたくなる。

2万以上の名言を集め、読みたい本が見つかる名言集ブログでお馴染みの、名言紹介屋の凡夫です。

この記事は、『藤原和博』のおすすめ本を名言で紹介します。紹介する名言が、本を読むキッカケになれば嬉しいです。

ぼんぷ
ぼんぷ

サイドバー下に目次があるのでご利用ください

スポンサーリンク

名言で紹介する『藤原和博』のおすすめ本ランキング

『藤原和博』のおすすめ本を上から順に紹介します。取り上げている名言を読めばどんな本なのかわかるので、購入する際の参考になれば嬉しいです。

藤原和博『処世術』要約にもなる名言

created by Rinker
筑摩書房
¥880 (2024/05/25 05:13:58時点 Amazon調べ-詳細)

日本で一番支配的な宗教は、

日本で一番支配的な宗教は、
神道でも仏教でもキリスト教でもない。
明らかにテレビ教であり、スマホ教だ。

人間の潔さは、どうやら、

人間の潔さは、どうやら、
「どうやって拾うか」より
「どうやって捨てるか」に、
現れそうですね。

みんなが標準化されていく過程では、

みんなが標準化されていく過程では、
宗教における教理や戒律と同様に、
「同調せよ」という無言の強制力が働く
(社会学でいう同調圧力)。

どんなに青臭いと言われても、

どんなに青臭いと言われても、
夢を捨てたら手段に殺される。

主人公になるためにすべきことは、

私たちが、自分の人生の
主人公になるためにすべきことは、

一人一人が自分の価値観を確立して、
自己責任において選択していくという
けっこうタフな仕事だ。

自分が変わっていくことで

自分が変わっていくことで、
必ず周囲は変わる。

私1人の意識の変化が、
まず身近な世の中を動かし、
やがて日本の国を動かしていく。
私は、そう信じている。

藤原和博『本を読む人だけが手にするもの』要約にもなる名言

created by Rinker
¥841 (2024/05/25 08:23:43時点 Amazon調べ-詳細)

これから先の日本では

これから先の日本では、
身分やお金による階級社会”ではなく、
本を読む習慣のある人と
本を読む習慣のない人に二分される
階層社会がやってくる。

人間には、みんな、 どこかに欠落している部分がある。

人間には、みんな、
どこかに欠落している部分がある。
しかし、多くの人は、
その欠落している部分が
いったい何であるのか、わかっていない。
実社会でなんとなく生きているだけでは、
なかなか気づくことはできない。

読む時期や自分の置かれた環境によって

読む時期や自分の置かれた環境によって、
本の受け止め方は変わる。
私という人間の意識はつねに変化しているし、
時代背景も一点にとどまることはないからだ。
はじめて読んだときはよくわからない本が、
時を経て理解できることもある。

子どもにとって最高の教材

よく研究者や作家の子どもが
本好きになりやすいというが、
それは家に本がたくさんあるからではない。
小さいころから、親が本を読む姿を見ているからだ。
子どもにとって最高の教材は、
いつも、大人の学ぶ姿なのである。

読んでいただきありがとうございました。このブログは、23,647コの名言を載せています。あなたが読みたい本が必ずあります。記事の最後尾にカテゴリー・タグ・紹介した作品の関連記事を載せておくので、お暇なときにお探しください。

心に残った名言をコメントTwitterInstagramのどれかで教えてくれると嬉しいです。

ぼんぷ
ぼんぷ

紹介した名言が本を読むキッカケになり、あなたの人生を変える1冊になりますように。

コメント