12月19日のお買い得Kindleセール本
PR

『最果タヒ』の名言集│おすすめ本ランキングと名言集(コンプレックス・プリズム)

スポンサーリンク
  1. 『最果タヒ』の名言と要約がわかる。
  2. 『最果タヒ』のおすすめ本がわかる。
  3. 名言をキッカケに本が読みたくなる。 

2万以上の名言を集め、読みたい本が見つかる名言集ブログでお馴染みの、名言紹介屋の凡夫です。

この記事は、『最果タヒ』のおすすめ本を名言で紹介します。紹介する名言が、本を読むキッカケになれば嬉しいです。

ぼんぷ
ぼんぷ

サイドバー下に目次があるのでご利用ください

スポンサーリンク

名言で紹介する『最果タヒ』のおすすめ本ランキング

『最果タヒ』のおすすめ本を上から順に紹介します。取り上げている名言を読めばどんな本なのかわかるので、購入する際の参考になれば嬉しいです。

最果タヒ『コンプレックス・プリズム』要約にもなる名言

created by Rinker
大和書房
¥1,320 (2024/06/13 09:08:24時点 Amazon調べ-詳細)

そして、それでも自分を天才だと信じていた。

私にはそれなりに好きなことはたくさんあったけれど、
極めたい、極めよう、
と当たり前に思うものなんて、何一つなかった。

そして、それでも自分を天才だと信じていた。

若さとか無茶っていう概念のプールの底で、

他人から見れば私は、
ただの安全圏にいる人間だろう。
昔からルールを破ることが苦手で、
若さとか無茶っていう概念のプールの底で、
遠い水面をながめているような日々だった。

本当は私自身だって心のことなどよく知らない。

気持ちを伝えようとするとか、
心許せる存在だとかいうけれど、
本当は私自身だって心のことなどよく知らない。
自分のことなどわかりやしないし、
自分を中心に起こる感情の渦に
引きずられて生きるだけだ。

人間はカードバトルじゃないし、

人間はカードバトルじゃないし、
その場で切る結論そのものに価値なんてなく、
本当はそれにたどり着くまでの過程こそが大切で、
自分の中で、筋が通っていなくてはならない。

〝求めている言葉〟が、

〝求めている言葉〟が、
傷ついた人の胸にすでにあるのなら、
その人はここまで苦しむこともないだろう。
わからないから苦しいのだ。

人には向き不向きがあり、

人には向き不向きがあり、
平均的にこなすことができないものは
誰にだってあるはずで、

〝生きる〟上で問題がないなら、
そんな欠点、気にしなくていいはずだ。

話すのがへただ、

話すのがへただ、
面白いことも言えないし、
ちょうどよさを演出もできない、
そんな自分は他人に迷惑をかけるし、嫌われる、
場を盛り下げるし、最悪だ。
でも、そこまでが自分だ。
自分のまま愛されたいと願うから、おかしくなるんだ。
愛されない自分を、そのままで、愛せよ。
わたしぐらい。

「20歳なのに」という言葉や

「20歳なのに」という言葉や
「20歳ならこれくらいするべき」みたいな考え方は、
私にはよくわかりません。
同じ20歳などどこにもなく、
あなたの人生のためにしか、
あなたの年齢はないし、
私の人生のためにしか、私の年齢はないのだと、
私はずっと思っていたいのです。

最果タヒ『少女ABCDEFGHIJKLMN』要約にもなる名言

幸せになれないことが問題じゃなくて、

幸せになれないことが問題じゃなくて、
幸せになれなくてもいいって
割り切れないことが問題なのかもしれないね。

理解できないって思われる事は辛いことだよ。

理解できないって思われる事は辛いことだよ。
理解できないって拒絶されて、軽蔑されて、
生きていく事は辛い。

愛せないなんて

愛せないなんて、生きてないのと同じなの。

自分が死んでしまったということを

自分が死んでしまったということを、
美しいことにするには、
誰かが愛してくれねばならず、
それでいて、依存すらもしてもらわなくてはいけない。
相手が大人になりすぎて、
自立しすぎてしまってはいけなくて、
もっと不安定で、
私がいないとだめだと思ってくれなくてはいけない。
そうした需要と供給が補い合っているのが
愛だ。

愛は永続しない。

愛は永続しない。
ときに憎しみに変容する。
なにげなく朝、パンを食べていたら
相手を好きでなくなったりする。

私は、私のことを自分のことみたいに

私は、私のことを自分のことみたいに
自慢してくれる彼のことが好きだった。
つまり私は私のことが好きで、
だからこそ彼が好きで、
彼がいないと私は私のことが好きになれないから、
私は彼をとても大切に思っている。

感謝と関連記事の紹介

読んでいただきありがとうございました。このブログは、23,647コの名言を載せています。あなたが読みたい本が必ずあります。記事の最後尾にカテゴリー・タグ・紹介した作品の関連記事を載せておくので、お暇なときにお探しください。

心に残った名言をコメントTwitterInstagramのどれかで教えてくれると嬉しいです。

ぼんぷ
ぼんぷ

紹介した名言が本を読むキッカケになり、あなたの人生を変える1冊になりますように。

コメント