12月19日のお買い得Kindleセール本
PR

『ドラッカー』の名言│おすすめ本ランキングと名言集(マネジメント- 基本と原則)

スポンサーリンク
  1. 『ドラッカー』の名言がわかる。
  2. 『ドラッカー』のおすすめ本と要約がわかる。
  3. 名言をキッカケにビジネス書が読みたくなる。

2万以上の名言を集め、読みたい本が見つかる名言集ブログでお馴染みの、名言紹介屋の凡夫です。

この記事は、『ドラッカー』のおすすめ本を名言で紹介します。紹介する名言が、本を読むキッカケになれば嬉しいです。

ぼんぷ
ぼんぷ

サイドバー下に目次があるのでご利用ください

  1. 名言で紹介する『P.F.ドラッカー』のおすすめ本ランキング
    1. ドラッカー『マネジメント[エッセンシャル版] – 基本と原則』の要約にもなる名言集
      1. 行動しなければならない
      2. 組織は、目的ではなく手段である
      3. 存続と健全さを犠牲にして
      4. 企業の目的の定義は一つしかない
      5. 企業とは何かを決めるのは顧客である
      6. マーケティングの理想は
      7. 企業こそ、この成長と変化のための機関である
      8. 「顧客は誰か」との問いこそ
      9. ほとんどのマネジメントが
      10. やがて陳腐化する
      11. 市場において目指すべき地位は
      12. 良質の人材と資金を引き寄せることができなければ
      13. 夢にすぎない。
      14. 必要なものは、長期計画ではなく戦略計画である
      15. 戦略計画は予測ではない
      16. リスクを皆無にすることは不毛である
      17. 戦略計画に成功するということは
      18. 予算に依存することは
      19. 働く者が満足しても
      20. 仕事を生産的なものにするうえで
      21. プロフェッショナルの責任
      22. 才能ではない。真摯さである
      23. 組織の目的は、 凡人をして非凡なことを行わせることにある
      24. 成果とは何かを理解しなければならない
      25. 成果とは打率である
      26. 強みよりも弱みに目を向ける者を
      27. 部下に脅威を感じる者を昇進させてはならない
      28. 管理の目的は
      29. もともと完全無欠の組織はない
      30. 大企業のマネジメントには
      31. 成長には戦略が必要である
      32. 成長そのものを目標にすることはまちがいである
      33. イノベーションの尺度は
      34. 変化への抵抗の底にあるものは無知である
スポンサーリンク

名言で紹介する『P.F.ドラッカー』のおすすめ本ランキング

『ドラッカー』のおすすめ本を上から順に紹介します。取り上げている名言を読めばどんな本なのかわかるので、購入する際の参考になれば嬉しいです。

ドラッカー『マネジメント[エッセンシャル版] – 基本と原則』の要約にもなる名言集

created by Rinker
¥1,584 (2024/05/18 13:47:35時点 Amazon調べ-詳細)

行動しなければならない

新しい現実のための
新しい理論が生まれるには時間がかかる。

だが、新しい理論の完成を待っている余裕はない。
行動しなければならない。

組織は、目的ではなく手段である

組織は、目的ではなく手段である。
したがって問題は、

「その組織は何か」ではない。
「その組織は何をなすべきか。機能は何か」である。

存続と健全さを犠牲にして

存続と健全さを犠牲にして、
目先の利益を手にすることに価値はない。
逆に、壮大な未来を手にしようとして
危機を招くことは無責任である。

企業の目的の定義は一つしかない

企業の目的の定義は一つしかない。
それは、顧客を創造することである。

企業とは何かを決めるのは顧客である

企業とは何かを決めるのは顧客である。
なぜなら顧客だけが、
財やサービスに対する支払いの意志を持ち、

経済資源を富に、
モノを財貨に変えるからである。

マーケティングの理想は

マーケティングの理想は、
販売を不要にすることである。

企業こそ、この成長と変化のための機関である

企業が存在しうるのは、
成長する経済のみである。

あるいは少なくとも、
変化を当然とする経済においてのみである。

そして企業こそ、
この成長と変化のための機関である。

「顧客は誰か」との問いこそ

「顧客は誰か」との問いこそ、
個々の企業の使命を定義するうえで、
もっとも重要な問いである。

ほとんどのマネジメントが

ほとんどのマネジメントが、
苦境に陥ったときにしか
「われわれの事業は何か」を問わない。
しかし苦境に立つまで待っていたのでは、
ロシア式ルーレットに身をまかせるも同然である。

やがて陳腐化する

「われわれの事業は何か」
との問に対する答えのうち

大きな成功をもたらしたものさえ、
やがて陳腐化する。

市場において目指すべき地位は

市場において目指すべき地位は、
最大ではなく最適である。

良質の人材と資金を引き寄せることができなければ

良質の人材と資金を
引き寄せることができなければ、

企業は永続できない。
産業全体として見ても、
その衰退の最初の徴候は、

有能でやる気のある人間に
訴えるものを失うことである。

夢にすぎない。

目標は、
実行に移さなければ目標ではない。

夢にすぎない。

必要なものは、長期計画ではなく戦略計画である

未来は、望むだけでは起こらない。
そのためには、いま意思決定をしなければならない。
いま行動し、リスクを冒さなければならない。
必要なものは、長期計画ではなく戦略計画である。

戦略計画は予測ではない

戦略計画は予測ではない。
未来の主人になろうとすることではない。
そのようなことは、ばかげている。
未来は予見できない。

リスクを皆無にすることは不毛である

リスクを皆無にすることは不毛である。
最小にすることも疑問である。
得るべき成果と比較して
冒すべきリスクというものが必ずある。

戦略計画に成功するということは

戦略計画に成功するということは、
より大きなリスクを負担できるようにすることである。

予算に依存することは

予算に依存することは、
まちがったもの、古くなったもの、
陳腐化したものの廃棄を難しくする。
その結果、公的機関は、
非生産的な仕事に関わりを持つ者を大勢抱えることになる。

働く者が満足しても

働く者が満足しても、
仕事が生産的に行われなければ失敗である。

逆に仕事が生産的に行われても、
人が生き生きとして働けなければ失敗である。

仕事を生産的なものにするうえで

仕事を生産的なものにするうえで
独創性に期待するのは夢想である。

必要なものは、実際に働く者の知識と技術である。

プロフェッショナルの責任

プロフェッショナルの責任は、
すでに2500年前、

ギリシャの名医ヒポクラテスの誓いのなかに、
はっきり表現されている。
「知りながら害をなすな」である。

才能ではない。真摯さである

マネジャーにできなければならないことは、
そのほとんどが教わらなくとも学ぶことができる。
しかし、学ぶことのできない資質、
後天的に獲得することのできない資質、
始めから身につけていなければならない資質が、
一つだけある。
才能ではない。真摯さである。

スポンサーリンク

組織の目的は、 凡人をして非凡なことを行わせることにある

組織の目的は、凡人をして
非凡なことを行わせることにある。

天才に頼ることはできない。

成果とは何かを理解しなければならない

成果とは何かを理解しなければならない。
成果とは百発百中のことではない。
百発百中は曲芸である。
成果とは長期のものである。

すなわち、まちがいや失敗をしない者を
信用してはならないということである。
それは、見せかけか、無難なこと、
下らないことにしか手をつけない者である。

成果とは打率である

成果とは打率である。
弱みがないことを評価してはならない。
そのようなことでは、
意欲を失わせ、士気を損なう。

人は、優れているほど多くのまちがいをおかす。
優れているほど新しいことを試みる。

強みよりも弱みに目を向ける者を

強みよりも弱みに目を向ける者を
マネジャーに任命してはならない。

できないことに気づいても、
できることに目のいかない者は、
やがて組織の精神を低下させる。

部下に脅威を感じる者を昇進させてはならない

部下に脅威を感じる者を昇進させてはならない。
そのような者は人間として弱い。

管理の目的は

管理の目的は情報収集ではなく行動である。

もともと完全無欠の組織はない

もともと完全無欠の組織はない。
ある程度の摩擦、不調和、混乱は
覚悟しておかなければならない。

大企業のマネジメントには

大企業のマネジメントには、
小さな事業に必要な感覚がない。

大企業は小さな事業を理解できない。
したがってまちがった決定を行う。

成長には戦略が必要である

成長には戦略が必要である。
準備が必要である。

なりたいと思うことに焦点を合わせた行動が必要である。
だがトップに変革の意志がなければ、
いずれも無駄になる。

成長そのものを目標にすることはまちがいである

成長そのものを目標にすることはまちがいである。
大きくなること自体に価値はない。
よい企業になることが正しい目標である。
成長そのものは虚栄でしかない。

イノベーションの尺度は

イノベーションの尺度は、
外の世界への影響である。

したがって、イノベーションは常に
市場に焦点を合わせなければならない。

市場ではなく製品に焦点を合わせたイノベーションは、
新奇な技術は生むかもしれないが、
成果は失望すべきものとなる。

変化への抵抗の底にあるものは無知である

変化への抵抗の底にあるものは無知である。
未知への不安である。しかし、
変化は機会と見なすべきものである。

変化を機会として捉えたとき、
初めて不安は消える。

読んでいただきありがとうございました。このブログは、23,647コの名言を載せています。あなたが読みたい本が必ずあります。記事の最後尾にカテゴリー・タグ・紹介した作品の関連記事を載せておくので、お暇なときにお探しください。

心に残った名言をコメントTwitterInstagramのどれかで教えてくれると嬉しいです。

ぼんぷ
ぼんぷ

紹介した名言が本を読むキッカケになり、あなたの人生を変える1冊になりますように。

コメント