12月19日のお買い得Kindleセール本
PR

アドラー心理学の名言集│『嫌われる勇気』『幸せになる勇気』 の要約にもなる名言

スポンサーリンク
  1. 『アドラー心理学』の名言と要約がわかる。
  2. 『アドラー心理学』のおすすめ本がわかる。
  3. 名言をキッカケにビジネス書が読みたくなる。

2万以上の名言を集め、読みたい本が見つかる名言集ブログでお馴染みの、名言紹介屋の凡夫です。

この記事は、『アドラー心理学』のおすすめ本を名言で紹介します。紹介する名言が、本を読むキッカケになれば嬉しいです。

ぼんぷ
ぼんぷ
サイドバー下に目次があるのでご利用ください
  1. 名言で紹介する 『アドラー心理学』 おすすめ本ランキング
    1. 岸見一郎『嫌われる勇気』の要約にもなる名言集
      1. それは「世界」が複雑なのではなく
      2. 客観的な世界に住んでいる
      3. アドラー心理学では、
      4. 原因論の住人であり続けるかぎり
      5. 人生とは
      6. 怒りとは
      7. あなたが変われないでいるのは、
      8. ただ〝勇気〟が足りない。
      9. これまでの人生に
      10. 人間の悩みは
      11. 不幸であることによって
      12. 健全な劣等感とは、
      13. 怒りっぽい人は
      14. 人は対人関係のなかで
      15. アドラー心理学とは
      16. アドラー心理学では
      17. 他者からの承認を求め、
      18. それが当たり前なのです。
      19. 本人の意向を無視して
      20. 差し伸べれば手が届く
      21. 自由とは
      22. つまり、自由になれないのです。
      23. それは他者への関心ではなく
      24. この人になにを与えられるか?
      25. もしも学校に居場所がないのなら
      26. 関係が壊れることだけを
      27. ほめるという行為には
      28. 人は他者からほめられるほど、
      29. いちばん大切なのは、
      30. 勇気を持てる。
      31. あなたはただ
      32. 人間にとって最大の不幸は、
      33. 普通であることとは、
      34. 人生とは
      35. 「いま、ここ」にしか生きることができない。
      36. 計画的な人生など
      37. 人生における最大の嘘、
      38. 「他者に貢献するのだ」
    2. 岸見一郎『幸せになる勇気』の要約にもなる名言
      1. アドラーを大きく誤解しています
      2. 他者の期待を満たすために
      3. 教育が目標とするところ
      4. 教育とは「介入」ではなく
      5. 尊敬なきところに
      6. これに勝る尊敬はありません。
      7. 共感とは
      8. 人間は誰もが「わたし」という物語の編纂者であり
      9. カウンセリングにやってくる方々は
      10. 暴力とは
      11. 教育者は、孤独な存在です。
      12. 生徒からの感謝を期待するのではなく 
      13. 誰かに勝つ必要などない。
      14. これがアドラー心理学の大前提です。
      15. アドラー心理学では、 人間の抱えるもっとも根源的な欲求は
      16. ほめられることでしか幸せを実感できない人は
      17. それは依存です。
      18. ほんとうの個性というものです
      19. 自立とは、精神の問題なのです。 
      20. 不幸を抱えた人間による救済は
      21. 正義に酔いしれた人は
      22. 「意見の正しさ」で 相手を判断するのではないのです。
      23. 自己中心的な人は 
      24. われわれ人間は
      25. 「出会いがない」と嘆く人の正体
      26. 世界はシンプルであり、人生もまた同じである。 
      27. すべての出会いとすべての対人関係において
    3. 『アルフレッド・アドラー:一瞬で自分が変わる100の言葉』の名言集
      1. われわれは皆、ある程度は、
      2. 劣等感が強すぎると、その反動で、
      3. 有名人と知り合いなんだ
      4. 失敗という体験が問題なのではない。
      5. 勇気とは
      6. たとえ失敗したとしても、
      7. 何を持って生まれたかは
      8. アルコールが人の本性
  2. Audible30日無料体験で『もしアドラーが上司だったら』が試し読みどころか無料で全部読める
  3. ビジネス書を読むならこの端末がおすすめ
  4. ビジネス書の読み放題サブスクはこれで決まり
  5. 『アドラー心理学』おすすめ関連記事
スポンサーリンク

名言で紹介する 『アドラー心理学』 おすすめ本ランキング

岸見一郎『嫌われる勇気』の要約にもなる名言集

created by Rinker
¥1,188 (2024/05/18 01:12:34時点 Amazon調べ-詳細)

それは「世界」が複雑なのではなく

それは「世界」が
複雑なのではなく、

ひとえに「あなた」が世界を
複雑なものとしているのです。

客観的な世界に住んでいる

人は誰しも、客観的な世界に
住んでいるのではなく、

自らが意味づけをほどこした
主観的な世界に住んでいます。

アドラー心理学では、

アドラー心理学では、
過去の「原因」ではなく、
いまの「目的」を考えます。

原因論の住人であり続けるかぎり

われわれは原因論の
住人であり続けるかぎり、

一歩も前に進めません。

人生とは

人生とは誰かに
与えられるものではなく、

自ら選択するものであり、
自分がどう生きるかを
選ぶのは自分なのです。

怒りとは

怒りとは出し入れ可能な
「道具」なのです。

あなたが変われないでいるのは、

あなたが変われないでいるのは、
自らに対して
「変わらない」
という決心を
下しているからなのです。

ただ〝勇気〟が足りない。

あなたには、ただ〝勇気〟が足りない。
いうなれば
「幸せになる勇気」
が足りていないのです。

これまでの人生に

これまでの人生に
なにがあったとしても、

今後の人生をどう生きるかについて
なんの影響もない。

人間の悩みは

人間の悩みは、
すべて対人関係の悩みである。

不幸であることによって

不幸であることによって
「特別」であろうとし、

不幸であるという一点において、
人の上に立とうとします。

健全な劣等感とは、

健全な劣等感とは、
他者との比較のなかで
生まれるのではなく

「理想の自分」との
比較から生まれるものです。

怒りっぽい人は

怒りっぽい人は、
気が短いのではなく、
怒り以外の
有用なコミュニケーションツールが
あることを知らないのです。

人は対人関係のなかで

人は対人関係のなかで
「わたしは正しいのだ」
と確信した瞬間、

すでに権力争いに
足を踏み入れているのです。

アドラー心理学とは

アドラー心理学とは、
他者を変えるための
心理学ではなく、

自分が変わるための心理学です。

アドラー心理学では

アドラー心理学では、
他者から承認を求めることを
否定します。

他者からの承認を求め、

他者からの承認を求め、
他者からの
評価ばかりを気にしていると、

最終的には他者の人生を
生きることになります。

それが当たり前なのです。

他者もまた
「あなたの期待を満たすために
 生きているのではない」のです。

相手が自分の思うとおりに
動いてくれなくても、

怒ってはいけません。
それが当たり前なのです。

本人の意向を無視して

本人の意向を無視して
「変わること」を
強要したところで、
あとで
強烈な反動がやってくるだけです。

差し伸べれば手が届く

差し伸べれば手が届く、けれど
相手の領域には踏み込まない。

そんな適度な距離を
保つことが大切なのです。

自由とは

自由とは、
他者から嫌われることである。

つまり、自由になれないのです。

他者の評価を気にかけず、
他者から嫌われることを怖れず、
承認されないかもしれない
というコストを支払わないかぎり、

自分の生き方を
貫くことはできない。

つまり、自由になれないのです。

それは他者への関心ではなく

あなたは他者に
よく思われたいからこそ、

他者の視線を気にしている。
それは他者への関心ではなく、
自己への執着に他なりません。

この人になにを与えられるか?

「この人はわたしに
 なにを与えてくれるのか?」
ではなく、

「わたしはこの人に
 なにを与えられるか?」
を考えなければいけない。

もしも学校に居場所がないのなら

もしも学校に居場所がないのなら、
学校の「外部」に
別の居場所を見つければいい。

転校するのもいいし、
退学したってかまわない。

退学届一枚で
縁が切れる共同体など、

しょせんその程度の
つながりでしかありません。

関係が壊れることだけを

関係が壊れることだけを
怖れて生きるのは、

他者のために生きる、
不自由な生き方です。

ほめるという行為には

ほめるという行為には
「能力のある人が、
 能力のない人に下す評価」

という側面が含まれています。

人は他者からほめられるほど、

人は他者からほめられるほど、
「自分には能力がない」
という信念を形成していく。

いちばん大切なのは、

いちばん大切なのは、
他者を「評価」しない、
ということです。

勇気を持てる。

人は、自分に
価値があると思えたときにだけ、
勇気を持てる。

あなたはただ

あなたはただ
「わたしがどうするか」
だけを考えればいいのです。

「相手が裏切らないのなら、
 わたしも与えましょう」
というのは、
担保や条件に基づく
信用の関係でしかありません。

人間にとって最大の不幸は、

人間にとって最大の不幸は、
自分を好きになれないことです。

普通であることとは、

普通であることとは、
無能なのではありません。

わざわざ自らの優越性を
誇示する必要などないのです。

人生とは

人生とは、連続する刹那なのです。

「いま、ここ」にしか生きることができない。

われわれは「いま、ここ」にしか
生きることができない。

計画的な人生など

計画的な人生など、それが
必要か不必要かという以前に、

不可能なのです。

人生における最大の嘘、

人生における最大の嘘、
それは「いま、ここ」を
生きないことです。

「他者に貢献するのだ」

あなたがどんな
刹那を送っていようと、

たとえあなたを嫌う人がいようと、
「他者に貢献するのだ」という
導きの星さえ見失わなければ、

迷うことはないし、
なにをしてもいい。

嫌われる人には嫌われ、
自由に生きてかまわない。

スポンサーリンク

岸見一郎『幸せになる勇気』の要約にもなる名言

created by Rinker
¥1,336 (2024/05/18 01:12:35時点 Amazon調べ-詳細)

アドラーを大きく誤解しています

もしもアドラーの思想に触れ、
即座に感激し、

「生きることが楽になった」
と言っている人がいれば、

その人はアドラーを
大きく誤解しています。

他者の期待を満たすために

「あなたは他者の期待を
 満たすために
 生きているのではない」。そして

「他者もまた、
 あなたの期待を満たすために
 生きているのではない」。

教育が目標とするところ

教育が目標とするところ、
ひと言でいうとそれは「自立」です。

教育とは「介入」ではなく

教育とは「介入」ではなく、
自立に向けた「援助」なのです。

尊敬なきところに

まずは親が子どもを尊敬し、
上司が部下を尊敬する。

役割として「教える側」に立っている人間が、
「教えられる側」に立つ人間のことを敬う。
尊敬なきところに良好な対人関係は生まれず、
良好な関係なくして
言葉を届けることはできません。

これに勝る尊敬はありません。

目の前の他者を、
変えようとも操作しようともしない。

なにかの条件をつけるのではなく、
「ありのままのその人」を認める。
これに勝る尊敬はありません。

共感とは

共感とは、他者に寄り添うときの
技術であり、態度なのです。

そして技術である限り、
あなたにも身につけることができます。

人間は誰もが「わたし」という物語の編纂者であり

人間は誰もが
「わたし」という物語の編纂者であり、

その過去は
「いまのわたし」の正統性を証明すべく、

自由自在に書き換えられていくのです。

カウンセリングにやってくる方々は

カウンセリングにやってくる方々は、
ほとんどがこのいずれかの話に終始します。
自身に降りかかった不幸を涙ながらに訴える。
あるいは、自分を責める他者、
また自分を取り巻く社会への憎悪を語る。

暴力とは

暴力に訴えてしまえば、
時間も労力もかけないまま、
自分の要求を押し通すことができる。
もっと直接的に言えば、
相手を屈服させることができる。

暴力とは、どこまでもコストの低い、
安直なコミュニケーション手段なのです。

教育者は、孤独な存在です。

教育者は、孤独な存在です。
誰からもほめてもらえず、
労をねぎらわれることもなく、
みんな自立で巣立っていく。

感謝すらされることのないままに。

生徒からの感謝を期待するのではなく 

生徒からの感謝を期待するのではなく、
「自立」という大きな目標に
自分は貢献できたのだ、

という貢献感を持つ。
貢献感のなかに幸せを見出す。

それしかありません。

誰かに勝つ必要などない。

競争あるところ、
駆け引きが生まれ、不正が生まれます。

誰かに勝つ必要などない。

これがアドラー心理学の大前提です。

われわれ人間は子ども時代、
ひとりの例外もなく
劣等感を抱えて生きている。

これがアドラー心理学の大前提です。

アドラー心理学では、 人間の抱えるもっとも根源的な欲求は

アドラー心理学では、
人間の抱えるもっとも根源的な欲求は、

「所属感」だと考えます。
つまり、孤立したくない。

「ここにいてもいいんだ」と実感したい。

ほめられることでしか幸せを実感できない人は

ほめられることでしか
幸せを実感できない人は、

人生の最後の瞬間まで
「もっとほめられること」を求めます。
その人は「依存」の地位に置かれたまま、
永遠に求め続ける生を、
永遠に満たされることのない
生を送ることになるのです。

それは依存です。

「わたし」の価値を、
他者に決めてもらうこと。

それは依存です。
一方、「わたし」の価値を、
自らが決定すること。

これを「自立」と呼びます。
幸福な生がどちらの先にあるか、
答えは明らかでしょう。

ほんとうの個性というものです

「人と違うこと」に
価値を置くのではなく、

「わたしであること」に
価値を置くのです。

それがほんとうの
個性というものです。

自立とは、精神の問題なのです。 

自立という言葉を聞いたとき、
それを経済的な側面ばかりから
考える人がいます。
しかし、
たとえ10歳の子どもであっても、
自立することはできる。

50歳や60歳であっても、
自立できていない人もいる。

自立とは、精神の問題なのです。

不幸を抱えた人間による救済は

不幸を抱えた人間による救済は、
自己満足を脱することがなく、
誰ひとりとして幸せにしません。

バットマン全否定だな。

正義に酔いしれた人は

危険なのは、なにかが善で、
なにかが悪であると、

中途半端な
「正義」を掲げることです。

正義に酔いしれた人は、
自分以外の価値観を認めることができず、

果てには「正義の介入」へと踏み出します。

「意見の正しさ」で 相手を判断するのではないのです。

われわれは
「自分のことを信じてくれる人」
の言葉しか信じようとしません。

「意見の正しさ」で
相手を判断するのではないのです。

自己中心的な人は 

自己中心的な人は、
「自分のことが好き」だから、

自分ばかり見ているのではありません。
ありのままの自分を受け入れることができず、
絶え間なき不安にさらされているからこそ、

自分にしか関心が向かないのです。

われわれ人間は

われわれ人間は、
わかり合えない存在だからこそ、
信じるしかないのです。

「出会いがない」と嘆く人の正体

ありもしない理想を持ち出すことによって、
生きた人間と関わり合いになることを回避する。
それが「出会いがない」と
嘆く人の正体だと考えてください。

世界はシンプルであり、人生もまた同じである。 

世界はシンプルであり、
人生もまた同じである。
しかし、
「シンプルであり続けることはむずかしい」。

すべての出会いとすべての対人関係において

すべての出会いとすべての対人関係において、
ただひたすら

「最良の別れ」に向けた
不断の努力を傾ける。
それだけです。

スポンサーリンク

『アルフレッド・アドラー:一瞬で自分が変わる100の言葉』の名言集

created by Rinker
¥1,426 (2024/05/18 01:12:37時点 Amazon調べ-詳細)

われわれは皆、ある程度は、

われわれは皆、ある程度は、
劣等感を持っている。
人間であるということは、
劣等感を持つということである。

劣等感が強すぎると、その反動で、

劣等感が強すぎると、その反動で、
必要以上に優越を追求する。
その結果として、
コンプレックスが発生する。

有名人と知り合いなんだ

有名人と知り合いなんだ
いい車だろ
すごい仕事だろ。
ようするに、自信がないのである。
恐怖の叫びを必死に隠しているのだ。

失敗という体験が問題なのではない。

失敗という体験が問題なのではない。
できないという思い込みが問題なのだ。

勇気とは

勇気とは、
自分には能力があり、価値がある

と思える感覚。

たとえ失敗したとしても、

たとえ失敗したとしても、
勇気がある人は傷つかない。
いつか必ず克服できる。
そう知っているからだ。

何を持って生まれたかは

何を持って生まれたかは、
重要ではない。

持っているものを
どのように使うのかが重要だ。

アルコールが人の本性

アルコールが
人の本性を変えるのではない。

飲んでいないときに
上手に隠していた本性が、

気の緩みとともに、
表に出てきただけ。

記事の終わりにオススメ関連記事があります。
スポンサーリンク

Audible30日無料体験で『もしアドラーが上司だったら』が試し読みどころか無料で全部読める

ぼんぷ
ぼんぷ
無料で全部聴けちゃう

  • 12万タイトルが聴き放題
  • 月会費は1,500円とややお高い
  • 通勤・通学・家事の時間が読書の時間に

30日間の無料体験に申し込む

Audibleから退会する方法

Audibleならこの本が無料で聴ける。
聴き放題のAmazonのオーディオブックになっている作品を名言で紹介します。

ビジネス書を読むならこの端末がおすすめ

Kindle端末かFireタブレットを購入すると、Kindle Unlimited3ヵ月無料

ビジネス書の読み放題サブスクはこれで決まり

ビジネス書の読み放題サブスクは、
Kindleアンリミテッドで決まり

掲載数200万冊を誇る最強サブスクは、
ビジネス書の読み放題サブスクでも最強です。

30日間無料体験に申し込む

Kindle Unlimitedを解約する方法

こちらの記事で他サービスと比較しています。
詳細を知りたい方はお読みください。

スポンサーリンク

『アドラー心理学』おすすめ関連記事

ぼんぷ
ぼんぷ

あわせて読んで

【2022年版】おすすめビジネス書がわかる名言集
『ビジネス書』の名言がわかる。 『ビジネス書』のおすすめ本がわかる。 名言をキッカケにビジネス書が読みたくなる。 2万以上の名言を集めた、 名言紹介屋の凡夫です。 この記事は、 『ビジネス書』の おすすめ本と名言を紹介します。 上から順にお...
【2022年】おすすめの自己啓発本30冊がわかる名言集
『自己啓発本』の名言・要約がわかる。 『自己啓発本』のおすすめ本がわかる。 ビジネス書が読みたくなる。 自己啓発本ではなく自己啓蒙書とした方が、 クトゥルフ感とか フロム感が出て売れる気がする凡夫です。 この記事は、『自己啓発本』の おすす...

ビジネス書の名言一覧はこちらから

コメント