小説の名言

須川邦彦『無人島に生きる十六人』の名言集「海がめの水を飲もう」

この記事は、須川邦彦
『無人島に生きる十六人』の名言を紹介します。

これだけ読めば見逃さない!
Kindleセール情報まとめ記事

須川邦彦『無人島に生きる十六人』の名言集

海がめの水を飲もう。

いよいよ水がなくなったら、
この島々にたくさんいる、
海がめの水を飲もう。
海がめは、腹のなかに、
一リットルから二リットルぐらいの、
清水を持っているのだ。

島生活は、きょうからはじまるのだ。

島生活は、きょうからはじまるのだ。
はじめがいちばんたいせつだから、
しっかり約束しておきたい。
一つ、島で手にはいるもので、くらして行く。
二つ、できない相談をいわないこと。
三つ、規律正しい生活をすること。
四つ、愉快な生活を心がけること。
さしあたって、この四つを、かたくまもろう

絶望してしまったのが、原因であった

いままでに、無人島に流れついた船の人たちに、
いろいろ不幸なことが起って、そのまま島の鬼となって、
死んで行ったりしたのは、
たいがい、じぶんはもう、生まれ故郷には帰れない、
と絶望してしまったのが、原因であった

こごとは、じゃまになると思ったからである。

私は、このときから、どんなことがあっても、おこらないこと、
そして、しかったり、こごとをいったりしないことにきめた。
みんなが、いつでも気もちよくしているためには、
こごとは、じゃまになると思ったからである。

ものごとは、まったく考えかた一つだ。

ものごとは、まったく考えかた一つだ。
はてしもない海と、高い空にとりかこまれた、
けし粒のような小島の生活も、
心のもちかたで、愉快にもなり、
また心細くもなるのだ。

一人一人の、力はよわい。ちえもたりない。

一人一人の、力はよわい。ちえもたりない。
しかし、一人一人のま心としんけんな努力とを、
十六集めた一かたまりは、ほんとに強い、
はかり知れない底力のあるものだった

created by Rinker
¥198 (2022/05/17 18:15:24時点 Amazon調べ-詳細)

おすすめ関連記事

最期まで読んでいただきありがとうございます。
心に響いた言葉をきっかけに本を読んでくれたら、
こんなに嬉しいことはありません。 

蒐集した本の名言もよければ読んでください。

 

 

関連Kindleセール情報

【50%OFF~】開催中のおすすめKindle本セール情報まとめ

Kindleセール情報を 見逃したことありませんか? この記事では、2022年5月18日時点で、 開催中のKindleセール情報を 1記事にまとめて紹介します。 この記事だけでKindleセール情報を ...

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-小説の名言
-須川邦彦, 海洋冒険