小説の名言

ノンフィクション『殉愛』の名言「正しいことを言う時こそ、気をつける」百田尚樹

2021/10/12    百田尚樹, 幻冬舎

この記事は、百田尚樹のノンフィクション『殉愛』の名言を紹介します。 『殉愛』の名言 正しいことを言う時こそ、気をつける。 言い方も内容もよく考えて、一歩引いて話す。 諦めずにやっていくしかない。 おす ...

忘却探偵シリーズ小説『掟上今日子の備忘録』西尾維新の名言集

2021/10/12    講談社

この記事は、西尾維新の小説『掟上今日子の備忘録』の名言を紹介します。 小説『掟上今日子の備忘録』のあらすじ 掟上今日子――またの名を、忘却探偵。 すべてを一日で忘れてしまう彼女は、 事件を(ほぼ)即日 ...

小説『カエルの楽園』の名言「本当の想像力と言うなら」百田尚樹

2021/10/12    新潮社, 百田尚樹

この記事は、百田尚樹の小説『カエルの楽園』の名言を紹介します。 百田尚樹の小説『カエルの楽園』とは 国を追われた二匹のアマガエルは、 辛い放浪の末に夢の楽園にたどり着く。 その国は「三戒」と呼ばれる戒 ...

小説『陸王』の名言集「一所懸命にやった仕事には何かが残る」池井戸潤

2021/10/12    集英社, 池井戸潤

この記事は、池井戸潤の小説『陸王』の名言集を紹介します。 池井戸潤の小説『陸王』のあらすじ 埼玉県行田市にある老舗足袋業者「こはぜ屋」。 日々、資金操りに頭を抱える四代目社長の宮沢紘一は、 会社存続の ...

小説『虞美人草』夏目漱石の名言集「嘘は河豚汁である」

2021/10/11    夏目漱石

この記事は、夏目漱石の小説『虞美人草』名言を紹介します。 夏目漱石の小説『虞美人草』のあらすじ 美しく聡明だが、我が強く、徳義心に欠ける藤尾には、 亡き父が決めた許嫁・宗近がいた。 しかし藤尾は宗近で ...

小説『陰陽師』の名言「おれは、聖になれぬよ、博雅」夢枕獏

2021/10/11    文藝春秋, 夢枕獏

バディものでいちばん好きな作品は相棒よりも陰陽師な凡夫です。 この記事では、夢枕獏の小説、『陰陽師』の名言を紹介します。 夢枕獏の小説『陰陽師』の名言 陰陽師 陰陽師の名言 奇妙な男の話をする。 たと ...

小説『こゝろ』夏目漱石の名言集「鋳型に入れたような悪人は世の中にあるはずがありませんよ」

2021/10/11    夏目漱石

この記事は、夏目漱石の小説『こゝろ』名言を紹介します。 夏目漱石の小説『こゝろ』のあらすじ 「こゝろ」は後期三部作の終曲であるばかりでなく、 漱石文学の絶頂をなす作品。 自我の奥深くに巣くっているエゴ ...

小説『道草』夏目漱石の名言集「離れればいくら親しくってもそれきりになる代わりに」

2021/10/11    夏目漱石

この記事は、夏目漱石の小説『道草』名言を紹介します。 夏目漱石の小説『道草』のあらすじ 外国から帰った健三は大学教師になり、忙しい毎日を送っている。 だがその妻お住は、夫を世間渡りの下手な偏屈者と見て ...

小説『草枕』夏目漱石の名言集「智に働けば角が立つ。情に棹させば流される」

2021/10/11    夏目漱石, 文豪

この記事は、夏目漱石の小説『草枕』の名言を紹介します。 夏目漱石の小説『草枕』の名言集 草枕・二百十日 (角川文庫) created by Rinker KADOKAWA ¥482 (202 ...

一日を大事にしたくなる小説『終末のフール』伊坂幸太郎の名言集 

2021/10/4  

この記事は伊坂幸太郎の小説 『終末のフール』の名言集です。 終末のフール あらすじ 八年後に小惑星が衝突し、地球は滅亡する。 そう予告されてから五年が過ぎた頃。 当初は絶望からパニックに陥った世界も、 ...

© 2021 名言蒐集家凡夫の特記事項 Powered by AFFINGER5