小説の名言

小説『吾輩は猫である』夏目漱石の名言集「恋は宇宙的な活力である」

2021/5/10  

夏目漱石の冒頭の名言率は異常だと思う凡夫です。 この記事は、夏目漱石の小説『吾輩は猫である』名言を紹介します。 夏目漱石の小説『吾輩は猫である』のあらすじ 「吾輩は猫である。名前はまだ無い。  どこで ...

明治の文豪『夏目漱石』の名言集「智に働けば角が立つ」

2021/5/10  

この記事は、小説家『夏目漱石』の名言を紹介します。 小説家『夏目漱石』とは 夏目漱石(なつめ そうせき、1867年2月9日〈慶応3年1月5日〉 - 1916年〈大正5年〉12月9日)は、 日本の小説家 ...

小説『坊ちゃん』夏目漱石の名言集「このままに済ましてはおれの顔にかかわる」

2021/5/10  

  夏目漱石作品なら草枕が好きな凡夫です。 この記事では夏目漱石の小説『坊ちゃん』の名言を紹介します。 夏目漱石の小説『坊ちゃん』のあらすじ 江戸っ児をもって任ずる若い教師の坊っちゃんが、 ...

随筆『朱儒の言葉』の名言「人生は一箱のマッチに似ている」芥川龍之介

2021/5/4  

芥川龍之介の随筆『朱儒の言葉』の名言です。 芥川龍之介の随筆『朱儒の言葉』のあらすじ 「わたしは不幸にも知っている。  時には嘘による外は語られぬ真実もあることを」。 短い警句に潜むユーモアと、厭世感 ...

小説『陸王』の名言集「一所懸命にやった仕事には何かが残る」池井戸潤

2021/5/4  

  この記事では池井戸潤の小説『陸王』の名言集を紹介します。 池井戸潤の小説『陸王』のあらすじ 埼玉県行田市にある老舗足袋業者「こはぜ屋」。 日々、資金操りに頭を抱える四代目社長の宮沢紘一は ...

大切なことを教えてくれる絵本の名言5選。心に残る言葉

2021/4/30  

絵本感想文家の凡夫です。 ブログで絵本を紹介するようになってから気づきました。 絵本って名言多くないか? ということで集めて紹介します。 少しお付き合いください。 絵本『うまれかわったヘラジカさん』の ...

小説『虞美人草』夏目漱石の名言集

2021/4/27  

この記事は、夏目漱石の小説『虞美人草』名言を紹介します。 夏目漱石の小説『虞美人草』のあらすじ 美しく聡明だが、我が強く、徳義心に欠ける藤尾には、 亡き父が決めた許嫁・宗近がいた。 しかし藤尾は宗近で ...

好きって絶望だよね小説『砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない』桜庭一樹の名言集

2021/4/27  

桜庭一樹の小説『砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない』の名言です。 小説『砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない』のあらすじ その日、兄とあたしは、必死に山を登っていた。 見つけたくない「あるもの」を見つけてしまうため ...

西尾維新の小説〈物語〉シリーズの言葉遊び過剰な名言集 

2021/4/27  

西尾維新の小説〈物語〉シリーズの名言集です。 〈物語〉シリーズとは 「〈物語〉シリーズ」(モノガタリシリーズ)は、 『化物語』(バケモノガタリ)を始めとする 西尾維新による小説シリーズ。「化物語シリー ...

小説『こゝろ』夏目漱石の名言集

2021/4/27  

  この記事は、夏目漱石の小説『こゝろ』名言を紹介します。 夏目漱石の小説『こゝろ』のあらすじ 「こゝろ」は後期三部作の終曲であるばかりでなく、 漱石文学の絶頂をなす作品。 自我の奥深くに巣 ...

© 2021 名言蒐集家凡夫の特記事項 Powered by AFFINGER5