12月19日のお買い得Kindleセール本
PR

『寺山修司』の名言│おすすめランキングと名言集(ポケットに名言を)

スポンサーリンク
  1. 『寺山修司』の名言と出典わかる。
  2. 『寺山修司』のおすすめ本がわかる。
  3. 偉人(芸能人)の名言の考えがわかる。

2万以上の名言を集め、読みたい本が見つかる名言集ブログでお馴染みの、名言紹介屋の凡夫です。

この記事は、歌人『寺山修司』の名言とおすすめ本を紹介します。紹介する名言が、本と出会うキッカケになれば嬉しいです。

ネタバレの可能性があります。
ネタバレを気にしないという方は、このままお読みください。

ぼんぷ
ぼんぷ

サイドバー下に目次があるのでご利用ください

  1. 名言で紹介する『寺山修司』のおすすめ作品ランキング
    1. 寺山修司『ポケットに名言を』 が読みたくなる名言
      1. 言葉を友人に持ちたいと思うことがある。
      2. 寺山修司の名言 「私が真実だと思うことのできる唯一のものは」
      3. なみだは人間の作る
      4. 寺山修司の名言 「人類が最後にかかる、一番重い病気は」
      5. マッチ擦る
      6. すべてのインテリは、
      7. 明日何が起こるかわかってしまったら、
    2. 寺山修司『家出のすすめ』 が読みたくなる名言
      1. 寺山修司の名言 「望郷の歌をうたうことができるのは」
    3. 寺山修司『群れるな』 が読みたくなる名言
      1. 寺山修司の名言 「人は弱いから群れるのではない。」
      2. 寺山修司の名言 「故郷というのは」
      3. 寺山修司の名言 「一度逃げはじめたものにとっては」
      4. 寺山修司の名言 「あらゆる思想には」
      5. 寺山修司の名言 「必然的な出会いなどということは」
      6. 寺山修司の名言 「敗けを知ったものだけが味わえる風景」
      7. 寺山修司の名言 「美というものは、本来」
      8. 寺山修司の名言 「くよくよしている人間は」
      9. 寺山修司の名言 「言葉は薬でなければならない」
      10. 寺山修司の名言 「本末を転倒してはならない」
      11. 寺山修司の名言 「空想とは」
      12. 寺山修司の名言 「死をかかえこまない生に」
  2. 『寺山修司』の名言集:出典不明
      1. 寺山修司の名言 「振り向くな、振り向くな。」
      2. 寺山修司の名言 「わたしの存在そのものが質問なのだ。」
      3. 寺山修司の名言 「ほらほら、星がでている。」
      4. 寺山修司の名言 「卑怯者ってのはね、」
      5. 寺山修司の名言 「祖国はありや」
      6. 寺山修司の名言 「悪口の中においては、」
      7. 寺山修司の名言 「大体不満屋ってのは」
      8. 寺山修司の名言 「たかが言葉で作った世界を」
      9. 寺山修司の名言 「つまらない書物というのはないが」
      10. 寺山修司の名言 「海を知らぬ少女の前に」
      11. 寺山修司の名言 「一つのことを信じることは、」
      12. 寺山修司の名言 「競馬が人生の縮図なのではない。」
      13. 寺山修司の名言 「人生ではやり直しがきかない。」
      14. 寺山修司の名言 「一番素晴らしいものは想像力である。」
      15. 寺山修司の名言 「なみだは」
      16. 寺山修司の名言 「人生の暗い部分を見ない人間には、」
      17. 寺山修司の名言 「さよならだけが人生。」
      18. 寺山修司の名言 「この世でいちばん遠い場所は 」
      19. 寺山修司の名言 「書を捨てよ」
  3. 感謝と関連記事の紹介
スポンサーリンク

名言で紹介する『寺山修司』のおすすめ作品ランキング

『寺山修司』のおすすめ本を上から順に紹介します。取り上げている名言を読めばどんな本なのかわかるので、購入する際の参考になれば嬉しいです。

寺山修司『ポケットに名言を』 が読みたくなる名言

created by Rinker
¥396 (2024/04/20 22:10:42時点 Amazon調べ-詳細)

言葉を友人に持ちたいと思うことがある。

言葉を友人に持ちたいと思うことがある。
それは、旅路の途中で
じぶんがたった一人だと言うことに
気がついたときにである。

寺山修司の名言 「私が真実だと思うことのできる唯一のものは」

学生時代に先生が
「真実は最後の勝利者だと人は言う。
 だがそれは真実ではないのだよ」
と言ったことがある。
一体、私にとって、
真実とは何だったのだろうか? 

うそも真実、事実も真実、
そしてまたほんとも虚偽、

事実もでたらめといった時代にあって
私が真実だと思うことのできる唯一のものは、
誇りを賭けるに足る美しいものである。
美しくない真実は、
ただの「事実」にすぎないだろう。

なみだは人間の作る

なみだは人間の作る
いちばん小さな海です

寺山修司の名言 「人類が最後にかかる、一番重い病気は」

人類が最後にかかる、
一番重い病気は
「希望」という病気である。

マッチ擦る

マッチ擦る
つかのま海に霧ふかし
身捨つるほどの祖国はありや

すべてのインテリは、

すべてのインテリは、
東芝扇風機のプロペラのようだ。
まわっているけど、前進しない

明日何が起こるかわかってしまったら、

明日何が起こるかわかってしまったら、
明日まで生きるたのしみが
なくなってしまうことだろう。

寺山修司『家出のすすめ』 が読みたくなる名言

created by Rinker
¥455 (2024/04/21 02:18:12時点 Amazon調べ-詳細)

寺山修司の名言 「望郷の歌をうたうことができるのは」

望郷の歌をうたうことができるのは、
故郷を捨てた者だけである。

スポンサーリンク

寺山修司『群れるな』 が読みたくなる名言

created by Rinker
¥990 (2024/04/20 22:10:43時点 Amazon調べ-詳細)

寺山修司の名言 「人は弱いから群れるのではない。」

人は弱いから群れるのではない。
群れるから弱くなるのだ。

寺山修司の名言 「故郷というのは」

故郷というと田園を思いうかべる人がいるが、
それは想像力の貧困というものである。
故郷というのは、
実は「捨てる」行為によってたしかめられる
自分の生い立ちの思い出のようなものなのかも知れない。

寺山修司の名言 「一度逃げはじめたものにとっては」

一度逃げはじめたものにとっては
「逃げる」ことが生きることになり、

どんな充たされた場所や条件を与えられたとしても、
定住すること自体が桎梏であるということに気づき、
「永久逃亡」のほかに、
生きるすべがないということを悟るのである。

寺山修司の名言 「あらゆる思想には」

あらゆる思想には、
それぞれの正当性はある。

寺山修司の名言 「必然的な出会いなどということは」

必然的な出会いなどということは
まったく信じられない。

偶然の機会が人生にも選択を迫ってくる。

寺山修司の名言 「敗けを知ったものだけが味わえる風景」

人生では敗けられないが、遊びでなら敗けられる。
そして敗けを知ったものだけが
味わえる風景というものがある。

寺山修司の名言 「美というものは、本来」

美というものは、本来、
何かを欠いたものです。
完全な合理主義からは、
美はおろかドラマも生まれてはきません。

寺山修司の名言 「くよくよしている人間は」

過去の愛憎、恩怨の帳尻をあわせることばかり、
くよくよしている人間は、
現在を独立したものとして受け入れることはできない。

寺山修司の名言 「言葉は薬でなければならない」

言葉は薬でなければならない。
さまざまの心の傷手を癒すための薬に。

寺山修司の名言 「本末を転倒してはならない」

「立派なことをいうが、
 あいつのしていることはいったい何だ」

などという非難で、本末を転倒してはならない。

寺山修司の名言 「空想とは」

空想とは現実を見る一つの方法論であり、
現実とは、万人の空想に支えられた楼閣である。

寺山修司の名言 「死をかかえこまない生に」

死をかかえこまない生に、
どんな真剣さがあるだろう。

スポンサーリンク

『寺山修司』の名言集:出典不明

出典がわからない名言です。
ご存知の方はコメントしていただけると嬉しいです。

寺山修司の名言 「振り向くな、振り向くな。」

振り向くな、振り向くな。
後には夢がない。

寺山修司の名言 「わたしの存在そのものが質問なのだ。」

わたしの存在そのものが質問なのだ。
その答えを知りたくて生きてるんだ。

寺山修司の名言 「ほらほら、星がでている。」

ほらほら、星がでている。
でているけど、屋根があるから、
ここからは見えない。
だが、見えない星も人生のうちなんだ。
見えるものばかり信じていたら、
いつかは虚無におちるだろう。

寺山修司の名言 「卑怯者ってのはね、」

卑怯者ってのはね、
きみが何をしたか、ってことじゃなく、
きみが何を後悔してるかってことで決まるんだよ。

寺山修司の名言 「祖国はありや」

マッチ剃る 
つかのま海に
霧深し
身捨つるほどの
祖国はありや

寺山修司の名言 「悪口の中においては、」

悪口の中においては、
常に言われている方が主役であり、
言っている方が脇役であるという宿命がある。

寺山修司の名言 「大体不満屋ってのは」

大体不満屋ってのは
世の中との折り合いが悪いんじゃなくて、
自分との折り合いが悪い奴のことなんだから。

寺山修司の名言 「たかが言葉で作った世界を」

たかが言葉で作った世界を
言葉でこわすことがなぜできないのか。
引き金を引け、言葉は武器だ。

寺山修司の名言 「つまらない書物というのはないが」

つまらない書物というのはないが、
つまらない読書というのはある。
どんな書物でも 
それを経験から知識にしてゆくのは
読者の仕事であって、
書物のせいなどではないからである。

寺山修司の名言 「海を知らぬ少女の前に」

海を知らぬ少女の前に
麦わら帽のわれは
両手を広げていたり

寺山修司の名言 「一つのことを信じることは、」

一つのことを信じることは、
別のことを裏切るということだ。
信じるというのは、残酷なことなのだ。

寺山修司の名言 「競馬が人生の縮図なのではない。」

競馬が人生の縮図なのではない。
逆だ。人生が、競馬の縮図なのだ。

寺山修司の名言 「人生ではやり直しがきかない。」

人生ではやり直しがきかない。
出遅れたら、追い込むしかない。

寺山修司の名言 「一番素晴らしいものは想像力である。」

どんな鳥も想像力より高く飛べる鳥はいない。
人間に与えられた能力のなかで、
一番素晴らしいものは想像力である。

寺山修司の名言 「なみだは」

なみだは人間の作るいちばん小さな海です。

寺山修司の名言 「人生の暗い部分を見ない人間には、」

人生の暗い部分を見ない人間には、
その深さはわからない。

寺山修司の名言 「さよならだけが人生。」

さよならだけが人生。
ならばまたくる春はなんだろう。

寺山修司の名言 「この世でいちばん遠い場所は 」

この世でいちばん遠い場所は 
自分自身のこころである。

寺山修司の名言 「書を捨てよ」

書を捨てよ、
町へ出よう。

感謝と関連記事の紹介

読んでいただきありがとうございました。このブログは、23,647コの名言を載せています。あなたが読みたい本が必ずあります。記事の最後尾にカテゴリー・タグ・紹介した作品の関連記事を載せておくので、お暇なときにお探しください。

心に残った名言をコメントTwitterInstagramのどれかで教えてくれると嬉しいです。

ぼんぷ
ぼんぷ

紹介した名言が本を読むキッカケになり、あなたの人生を変える1冊になりますように。

コメント