12月19日のお買い得Kindleセール本
PR

『吉村喜彦』の名言│おすすめランキングと名言集

スポンサーリンク
  1. 『吉村喜彦』の名言がわかる。
  2. 『吉村喜彦』のおすすめ作品がわかる。
  3. 名言をキッカケに小説が読みたくなる。

2万以上の名言を集め、読みたい本が見つかる名言集ブログでお馴染みの、名言紹介屋の凡夫です。

この記事は、『吉村喜彦』のおすすめ作品と名言を紹介します。紹介する名言が、作品と出会うキッカケになれば嬉しいです。

ネタバレの可能性があります。
ネタバレを気にしないという方は、このままお読みください。

ぼんぷ
ぼんぷ

サイドバー下に目次があるのでご利用ください

スポンサーリンク

名言で紹介する『吉村喜彦』のおすすめ本ランキング

『吉村喜彦』のおすすめ本を上から順に紹介します。取り上げている名言を読めばどんな本なのかわかるので、購入する際の参考になれば嬉しいです。

吉村喜彦『バー・リバーサイド』 が読みたくなる名言

created by Rinker
¥535(2024/02/26 22:21:35時点 Amazon調べ-詳細)

酒を飲むことは夢を飲むことです。

酒を飲むことは夢を飲むことです。
霧に包まれるように、
現実をふわっと離れます。
ただし飲み過ぎると、夢が悪夢になる。

酒とひとは、よく似ています。

酒とひとは、よく似ています。
つきあいが過ぎると二日酔いになります。
でも二日酔いになっても、
その酒をまた飲みたくなるのなら、
それは相性が良いってことでしょう。

ひとにしても酒にしても、

ひとにしても酒にしても、
そのネガティブな部分を知ったときから、
ほんとの関係が始まるのかもしれませんね。

影をなくすと、ひとは狂ってしまいますよ。

影をなくすと、ひとは狂ってしまいますよ。
影はたいせつです。
陰翳のない心は平板で、魅力がありません。
おのれの影を認めてあげることが、
大人になるってことじゃないですか。

影がないと色気がない。

影がないと色気がない。
濁りが味わいなんです。
ほんとの職人は完璧を目指しながらも、
自然に隙をつくっているそうです。
隙とは〝好き〟ってことでしょう。

大事なのはゲゲゲの鬼太郎の目玉オヤジだよ。

大事なのはゲゲゲの鬼太郎の目玉オヤジだよ。
目玉オヤジは、近くにいるけど、
醒めた目で鬼太郎を見てるだろ?
あの目線が大切なんだ。

子どもの心を忘れてしまったひとが、

子どもの心を忘れてしまったひとが、
世界を無味乾燥なものにするんです。
それが、おとなになることだと勘違いしてね。

読んでいただきありがとうございました。このブログは、23,647コの名言を載せています。あなたが読みたい本が必ずあります。記事の最後尾にカテゴリー・タグ・紹介した作品の関連記事を載せておくので、お暇なときにお探しください。

心に残った名言をコメントTwitterInstagramのどれかで教えてくれると嬉しいです。

ぼんぷ
ぼんぷ

紹介した名言が本を読むキッカケになり、あなたの人生を変える1冊になりますように。

コメント