12月19日のお買い得Kindleセール本
PR

小川紗良『海辺の金魚』が読みたくなる名言

スポンサーリンク
  1. 『海辺の金魚』の名言・名セリフがわかる。
  2. 『海辺の金魚』の魅力がわかる。
  3. 名言をキッカケに小説が読みたくなる。

2万以上の名言を集め、読みたい本が見つかる名言集ブログでお馴染みの、名言紹介屋の凡夫です。

この記事は、小川紗良の小説
『海辺の金魚』が読みたくなる名言を紹介します。紹介する名言が、本を読むキッカケになれば嬉しいです。

ネタバレの可能性があります。
ネタバレを気にしないという方は、このままお読みください。

ぼんぷ
ぼんぷ

サイドバー下に目次があるのでご利用ください

スポンサーリンク

小川紗良『海辺の金魚』が読みたくなる名言集・名台詞

created by Rinker
¥1,617(2024/02/28 07:30:55時点 Amazon調べ-詳細)

幼い頃から雨の日が好きだった。

幼い頃から雨の日が好きだった。
家も、学校も、海も、山も、田んぼも、
道路も、私も、あの人も、
街じゅう等しく濡れていく。
雨の等しさが好きだった。

家族とは〝自分から決して逃げない人〟

いつか読んだ本に、
家族とは〝自分から決して逃げない人〟
のことだと書いてあった。
一度逃げられてしまった私たちは、
この先その〝家族〟というものを、
一体どう信じれば良いというのだろう。

悲しみが充満して当たり前になると、

悲しみが充満して当たり前になると、
気づけば信じていたことも、
悲しかったことも、忘れてしまう。
そういうふうにできている。

アヒルの子の醜い過去は

アヒルの子の醜い過去は
きっと生涯つきまとう。
どんなに幸せになったとしても、
むしろ幸せで幸せで仕方がないときにこそ、
たちの悪い記憶は
私たちの背後に立って鋭いナイフを突きつける。

当たり前に、永続的に、

当たり前に、永続的に、
父母の視線や温度や愛情を独占できると
信じてやまないその眼差し。
とても眩しかった。羨ましかった。
私が一生かけても
手にすることのできないものがそこにあった。

どんなにちゃんとしようったって、

どんなにちゃんとしようったって、
初めからうまくいくわけはないんだよ。
血がつながってても、
つながってなくても。
日々を重ねるしかないんだ。

読んでいただきありがとうございました。このブログは、23,647コの名言を載せています。あなたが読みたい本が必ずあります。記事の最後尾にカテゴリー・タグ・紹介した作品の関連記事を載せておくので、お暇なときにお探しください。

心に残った名言をコメントTwitterInstagramのどれかで教えてくれると嬉しいです。

ぼんぷ
ぼんぷ

紹介した名言が本を読むキッカケになり、あなたの人生を変える1冊になりますように。

コメント