ビジネス書の名言集 本の名言

ビジネス書『FACTFULNESS(ファクトフルネス)』の名言集19選

この記事は、ハンス・ロスリングのビジネス書
『FACTFULNESS(ファクトフルネス)
10の思い込みを乗り越え、
データを基に世界を正しく見る習慣 』
の名言を紹介します。

紹介している名言を読めば、
ざっくりと書いている内容が
わかるようになっているので、
ビジネス書を買う時の参考になります。

紹介した名言が、
人生を変える言葉であることを
願っています。

これだけ読めば見逃さない!
Kindleセール情報まとめ記事

ビジネス書『FACTFULNESS(ファクトフルネス)』の名言集・要約

剣飲みの芸はインドで生まれた

剣飲みの芸はインドで生まれた。
一見不可能なことが可能になり得ることや、
常識にとらわれない発想の大切さを、
古来から人類に教えてくれた。

チンパンジーに勝てるようになるだろう

間違った思い込みをやめ、
事実に基づく世界の見方ができれば、
チンパンジーに勝てるようになるだろう。

必死にならなくてもいい時代がついにやって来た

長いあいだ、人類は
生き延びるのに必死だったが、

必死にならなくてもいい時代が
ついにやって来た。

悪いニュースがより目につくようになり

暮らしが良くなるにつれ、
悪事や災いに対する監視の目も厳しくなった。
昔に比べれば大きな進歩だ。
しかし監視の目が厳しくなったことで、
悪いニュースがより目につくようになり、
皮肉なことに「世界は全然進歩していない」
と思う人が増えてしまった。

「世界はどんどん悪くなっている」という人は

「世界はどんどん悪くなっている」
という人は、
どういう考え方をしているのだろう。
わたしが思うに、そういう人たちは
実はあまり深く考えておらず、
なんとなく感じているだけだ。

「なにひとつとして世界は良くなっていない」

「なにひとつとして世界は良くなっていない」
と考える人は、
次第に
「何をやっても無駄だ」
と考えるようになり、

世界を良くする施策に対しても
否定的になってしまう。

昔の人は、自然と調和しながら生きていたのではない

昔の人は、自然と調和しながら
生きていたのではない。

自然と調和しながら死んでいったのだ。
世界は残酷だった。

めったに起きないことの情報で埋めつくされていく

めったに起きないことのほうが、
頻繁に起こることよりも
ニュースになりやすいからだ。

こうしてわたしたちの頭の中は、
めったに起きないことの情報で
埋めつくされていく。

「事実に基づく世界の見方」

危機を脱するまで、
事実や全体像について語るのは
控えたほうがいい。

だが、状況が落ち着いたら、
わたしたちは再び

「事実に基づく世界の見方」
に沿って行動しないといけない。

「恐怖」と「危険」はまったく違う

「恐怖」と「危険」はまったく違う。
恐ろしいと思うことは、
リスクがあるように「見える」だけだ。
一方、危険なことには確実にリスクがある。

何かの重大さを勘違いしないために最も大切なのは

何かの重大さを勘違いしないために
最も大切なのは、

ひとつの数字だけに注目しないことだ。
数字をひとりぼっちにするのは絶対にダメ。
ひとつの数字が、それ単体で
意味を持つことなどないのだから。

「人の命を計算するなんて、恥ずかしいことだ」

「人の命を計算するなんて、恥ずかしいことだ」
と言う人もいる。しかしわたしは、
人の命を計算しないことのほうが、
よっぽど恥ずかしいと思う。

量ではなく割合を計算しよう

できるだけ、
量ではなく割合を計算しよう。

その後で、数字が重要かどうか
判断すればいい。

人間はいつも、何も考えずに物事をパターン化し

人間はいつも、
何も考えずに物事をパターン化し、

それをすべてに当てはめてしまうものだ。
しかも無意識にやってしまう。
偏見があるかどうかや、
意識が高いかどうかは関係ない。

それでは現実を理解できない

ひとつの解にやみくもに賛成したり、
どんなときでもかならず
反対したりしていると、

自分の見方に合わない情報から
目を背けることになる。

それでは現実を理解できない。

その道のプロは、その道のことしか知らない

頭がいいからと言って、
世界の事実を知っているわけではない。
その道のプロは、
その道のことしか知らない。

わたしたちは犯人捜し本能のせいで

わたしたちは犯人捜し本能のせいで、
個人なり集団なりが
実際より影響力があると勘違いしてしまう。

誰かを責めたいという本能から、
事実に基づいて本当の世界を
見ることができなくなってしまう。

もし本当に世界を変えたいのなら

もし本当に世界を変えたいのなら、
肝に銘じておこう。
犯人捜し本能は役に立たないと。

ひとりの人やひとつのグループだけを責めないようにしよう

どんなことがあっても、
ひとりの人やひとつのグループだけを
責めないようにしよう。

なぜなら、犯人を見つけたとたん、
考えるのをやめてしまうからだ。

 

12万以上の作品が聴き放題
『聴く読書』始めませんか?
30日間無料体験

おすすめ関連記事

最期まで読んでいただき
ありがとうございます。

名言をキッカケに本を買ったよ。
という方がいたら、
「買ったよ」の一言でいいので、
コメントくれると嬉しいです。

他のビジネス書の名言もあるので、
時間のある時に読んでください。

【2022年版】おすすめビジネス書を名言で紹介します。

この記事は、おすすめのビジネス書を 名言とともに紹介します。 紹介している名言を読めば、 ざっくりと書いている内容が わかるようになっているので、 本を買う時の参考になります。 ネタバレがあるかもしれ ...

【自己啓発の名言集】おすすめ自己啓発本の名言30選

この記事は、おすすめの自己啓発本を中心に、 「自己啓発とは」 何かわかった気になる名言を紹介します。 自己啓発本ではなく自己啓蒙書とした方が、 クトゥルフ感とか フロム感が出て売れる気がする凡夫です。 ...

【50%OFF~】ビジネス書
Kindleセール情報

半額以下のお買い得な
ビジネス書Kindleセール情報を紹介します。

 

【50%OFF~】新書Kindleセール

この記事は2022年9月8日時点で 確認した半額以下になっている 新書Kindleセール情報を まとめて紹介します。 これだけ読めば見逃さない! Kindleセール情報まとめ記事 注意事項:Amazo ...

10月12日まで限定キャンペーン

  • 読書が苦手でも
    ラジオを聴くように本が読める
  • 満員電車でも運転していても
    Audibleなら読書ができる
  • 通常1か月の無料体験が
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

名言紹介屋ぼんぷ

30代の広く浅いタイプのオタクが、18,685コの名言を紹介します。ぼっちなので励ましてくれたのは名言だけでした。お互い頑張りましょう。

-ビジネス書の名言集, 本の名言
-日経BP, 情報活動, ハンス・ロスリング, ステレオタイプ, 教養