12月19日のお買い得Kindleセール本
PR

増田明子『MUJI式』の要約にもなる名言集

スポンサーリンク
  1. 『MUJI式』の名言と要約がわかる。
  2. 『MUJI式』が読むべきかわかる。
  3. 名言をキッカケにビジネス書が読みたくなる。

2万以上の名言を集め、読みたい本が見つかる名言集ブログでお馴染みの、名言紹介屋の凡夫です。

この記事は、無印良品のことがわかる!増田明子のビジネス書
『MUJI式』の要約にもなる名言を紹介します。紹介する名言が、作品と出会うキッカケになれば嬉しいです。

ぼんぷ
ぼんぷ

サイドバー下に目次があるのでご利用ください

スポンサーリンク

増田明子『MUJI式』の要約にもなる名言集

created by Rinker
¥1,485 (2024/06/25 20:37:08時点 Amazon調べ-詳細)

MUJIはターゲットを絞らず、

MUJIはターゲットを絞らず、
最大公約数的な商品を作る。
MUJIの言葉でいうと、
「これでいい」という商品を作るということだ。
個人の好みの細かなところに合わせた、
「これがいい」と選ばれる商品よりも、
不特定多数の人が合理的に満足ができる
「これでいい」レベルの商品をつくる。

「良品」なのはなぜなのか。

MUJIは、「どうしてこういう商品なのか?」
を知ってもらうことを重要視している。
MUJIが誕生した当時のキャッチフレーズは、
「わけあって、安い」だった。
価格がお手頃なのに、
「良品」なのはなぜなのか。
その理由を伝えることで、
MUJIという新しいコンセプトを
人々に理解してもらおうとした。

MUJIの魅力の一因には、

MUJIの魅力の一因には、
「アンチテーゼ」がある。
いわゆる王道といわれるセオリーに反する、
アンチテーゼの数々が、
MUJIを模倣困難なブランドにしている。
MUJIはその成り立ちからして、
そもそも時代へのアンチテーゼから生まれている。
ブランドを否定した
「無印」という発想が出発点になった。

時代へのアンチテーゼ

時代へのアンチテーゼという宿命を持つMUJIは、
時代の半歩先を進むために、
その時代における課題を捉え、
情報を集め、発信する仕組みをつくっている。
それがプラットフォームという形で実現されている。
「MUJIの宿命」に対するこの取り組みは、
永遠に続いていくし、MUJIのイノベーションは、
このような取り組みから生まれているといえる。

読んでいただきありがとうございました。このブログは、23,647コの名言を載せています。あなたが読みたい本が必ずあります。記事の最後尾にカテゴリー・タグ・紹介した作品の関連記事を載せておくので、お暇なときにお探しください。

心に残った名言をコメントTwitterInstagramのどれかで教えてくれると嬉しいです。

ぼんぷ
ぼんぷ

紹介した名言が本を読むキッカケになり、あなたの人生を変える1冊になりますように。

コメント