12月19日のお買い得Kindleセール本
PR

『見城徹』の名言│おすすめ本ランキングと名言集

スポンサーリンク
  1. 『見城徹』の名言と出典わかる。
  2. 『見城徹』のおすすめ本がわかる。
  3. 偉人(芸能人)の名言の考えがわかる。

2万以上の名言を集め、読みたい本が見つかる名言集ブログでお馴染みの、名言紹介屋の凡夫です。

この記事は、『見城徹』の名言とおすすめ本を紹介します。紹介する名言が、本と出会うキッカケになれば嬉しいです。

ネタバレの可能性があります。
ネタバレを気にしないという方は、このままお読みください。

ぼんぷ
ぼんぷ

サイドバー下に目次があるのでご利用ください

スポンサーリンク

『見城徹』の名言集とおすすめ本ランキング

『見城徹』のおすすめ本を上から順に紹介します。取り上げている名言を読めばどんな本なのかわかるので、購入する際の参考になれば嬉しいです。

見城徹『読書という荒野』 の要約にもなる名言

created by Rinker
¥593 (2024/04/15 10:38:06時点 Amazon調べ-詳細)

まずは、読書を通じて感じたことを、

まずは、読書を通じて感じたことを、
自分の心の中に蓄積していけばいい。
それはいずれ、糠床のように熟成され、
思考となって表面に出現してくるだろう。

売れるコンテンツの条件は、

売れるコンテンツの条件は、
オリジナリティーがあること、
極端であること、
明解であること、
癒着があること。

言葉とはその人の生き方だ。

言葉とはその人の生き方だ。
言葉を持っている動物は人間しかいない。
生き方から絞り出されてきたものが言葉であり、
そして自分の発した言葉がまた
自分の生き方をつくっていくのだ。

文学は、このような過剰か

その上で、劣等感が自意識を育み、
その裏返しとして
放蕩の限りを尽くしていた。
文学は、このような過剰か
欠落を抱えた人間からしか生まれない。

テクノロジーが発達した現代でも、

テクノロジーが発達した現代でも、
本というローテクなものの価値は失われていない。
一心不乱に本を読み、
自分の情念に耳を澄ます時期は、
必ず自分の財産になる。

読んでいただきありがとうございました。このブログは、23,647コの名言を載せています。あなたが読みたい本が必ずあります。記事の最後尾にカテゴリー・タグ・紹介した作品の関連記事を載せておくので、お暇なときにお探しください。

心に残った名言をコメントTwitterInstagramのどれかで教えてくれると嬉しいです。

ぼんぷ
ぼんぷ

紹介した名言が本を読むキッカケになり、あなたの人生を変える1冊になりますように。

コメント