12月19日のお買い得Kindleセール本
PR

『堀内都喜子』の名言│おすすめ本ランキングと名言集(フィンランド人はなぜ午後4時に仕事が終わるのか)

スポンサーリンク
  1. 『堀内都喜子』の名言がわかる。
  2. 『堀内都喜子』のおすすめ本と要約がわかる。
  3. 名言をキッカケにビジネス書が読みたくなる。

2万以上の名言を集め、読みたい本が見つかる名言集ブログでお馴染みの、名言紹介屋の凡夫です。

この記事は、『堀内都喜子』のおすすめ本を名言で紹介します。紹介する名言が、本を読むキッカケになれば嬉しいです。

ぼんぷ
ぼんぷ

サイドバー下に目次があるのでご利用ください

スポンサーリンク

名言で紹介する『堀内都喜子』のおすすめ本ランキング

『堀内都喜子』のおすすめ本を上から順に紹介します。取り上げている名言を読めばどんな本なのかわかるので、購入する際の参考になれば嬉しいです。

堀内都喜子『フィンランド人はなぜ午後4時に仕事が終わるのか』 の要約にもなる名言

created by Rinker
¥851 (2024/06/25 20:13:45時点 Amazon調べ-詳細)

フィンランドでは、8時から働き始める人が多く、

フィンランドでは、8時から働き始める人が多く、
16時を過ぎるころから一人、また一人と帰っていき、
16時半を過ぎるともうほとんど人はいなくなる。

コップに砂をいっぱいに入れて、指を突っ込んでみて。

コップに砂をいっぱいに入れて、指を突っ込んでみて。
指を抜いたらどうなる?
穴ができるのは一瞬。
あっという間に穴が埋まってしまう。
それは組織と同じなんだよ。
自分が抜けても、必ず周りがその穴を埋めてくれる。
だから安心して抜けていいんだよ。

腰の負担を減らし、効率を上げるためにも、

腰の負担を減らし、効率を上げるためにも、
最近は立ってパソコンに向かい、
仕事をする人を見ることが多くなった。
立って仕事をしたほうが
集中力も高まるという人もいる。

「タウコユンパ」

フィンランドでも休憩時間をいかに効率的にとるかが考えられてきた。
その一つの例が、「タウコユンパ」。
タウコは休憩、ユンパはエクササイズの意味である。

コーヒー文化が強く、

コーヒー文化が強く、
仕事とプライベートの境界線をきっちりとさせるフィンランドでは、
社員の歓迎会やお別れ会も勤務時間内にコーヒーとケーキでする。

フィンランドの企業や組織は、非常にオープンで、

フィンランドの企業や組織は、非常にオープンで、
フラットで上下関係があまりない。
それは、効率や、企業文化にも影響を与えている。
もともとフィンランドの社会自体が、
オープンでフラットなのだが、
会社も同じで、上司であっても
何か言いたいことがあればオープンに、
そして直接相談ができる。

どうしてフィンランド人は平日、

どうしてフィンランド人は平日、
4時や5時に家に帰るのか。
答えはとてもシンプルだ。
「仕事は好きだし、責任感を持って仕事をきちんとしたいが、
就業時間内で終わらせて、
それ以外の時間も大切にしたい」

誰かに強制されるものではない。

誰かに強制されるものではない。
自分がそうしたいからする。
誰かの期待のためだけにしているのとも違う。
それに、プレッシャーをかけるのは自分であって、
自分が望む形のため努力しているだけ。

孤独と、一人でいることは違うの。

孤独と、一人でいることは違うの。
一人でいること=孤独ではなく、
静かに一人の時間を持って深呼吸することは、
誰にでも必要なんだと思う。

仕事もプライベートも大切にしてこそ、

仕事もプライベートも大切にしてこそ、
幸せな働き方ができ、
幸せに生きていけると信じている。

読んでいただきありがとうございました。このブログは、23,647コの名言を載せています。あなたが読みたい本が必ずあります。記事の最後尾にカテゴリー・タグ・紹介した作品の関連記事を載せておくので、お暇なときにお探しください。

心に残った名言をコメントTwitterInstagramのどれかで教えてくれると嬉しいです。

ぼんぷ
ぼんぷ

紹介した名言が本を読むキッカケになり、あなたの人生を変える1冊になりますように。

コメント