12月19日のお買い得Kindleセール本
PR

『佐藤大輔』の名言│おすすめ作品ランキングと名言集

スポンサーリンク
  1. 『佐藤大輔』の名言がわかる。
  2. 『佐藤大輔』のおすすめ作品がわかる。
  3. 名言をキッカケに小説が読みたくなる。

2万以上の名言を集め、読みたい本が見つかる名言集ブログでお馴染みの、名言紹介屋の凡夫です。

この記事は、『佐藤大輔』のおすすめ作品と名言を紹介します。紹介する名言が、作品と出会うキッカケになれば嬉しいです。

ネタバレの可能性があります。
ネタバレを気にしないという方は、このままお読みください。

ぼんぷ
ぼんぷ

サイドバー下に目次があるのでご利用ください

スポンサーリンク

名言で紹介する『佐藤大輔』のおすすめ本ランキング

『佐藤大輔』のおすすめ本を上から順に紹介します。取り上げている名言を読めばどんな本なのかわかるので、購入する際の参考になれば嬉しいです。

佐藤大輔『レッドサンブラッククロス』 が読みたくなる名言

レッドサン ブラッククロス 死戦の太平洋

レッドサンブラッククロス 死戦の太平洋〈1〉 (C・NOVELS)

戦地での死に方は八百万通りある

いいかい君、戦地での死に方は八百万通りある
ドイツ兵に殺されるのもその一つだ
しかし残りのすべては君自身の不注意が原因なのだ
覚えておきたまえ

レッドサン ブラッククロス パナマ侵攻 1

レッドサンブラッククロス パナマ侵攻〈1〉 (C・NOVELS)

現実はあらゆる幻想をうち砕く。

女を戦争に
前にもいわなかったか。
この戦争に銃後なんてものは存在しないのだ。

立っているものなら親でも使え、さ
海軍省はともかく、井上総長が納得されるでしょうか
するわけないだろう。
女を戦争に巻き込むなどという
恥ずかしい真似を認めるわけがない

ならばどうして。それとも、納得はせずとも受け入れると。なにか根拠があるのですか
戦争をしているからだ。
実際に、兵隊の頭数が足りないからだ。
現実はあらゆる幻想をうち砕く。

井上さんは総長であると同時に現実主義者だ。
あれこれ文句はつけるだろうが、結局は認めるさ。

この世に存在する人口の残り半分を戦争資源として
活用できる誘惑に抗しきれるはずがない

そんなに井上総長のことお嫌いなんすか。
ああ、大嫌いだよ。
しかし向こうも同じように思っている。
だから気にもならない

よろしい、ならば義務を果たせ

艦長!無理です!
なんだ。なにが無理だというのだ。
たった三隻では守り切れません。
なにか意見があるのか。
せ、船団を解くべきです。各船独航でヴァンクーバーに。
つまり、われわれは責任を放棄すべきだといいたいのだな。
違います!現在の戦力では――
見ろ!
あの船団がなにを運んでいるかを思い出せ!
それとも君は、いまと同じ言葉を、
船にのせられた人々に対して口にできるとでもいうのか。

しかし。
われわれは合衆国海軍軍人だ。
われわれはあきらめない。誰も見捨てない。
かれらはわれわれを信じている。

ならばその信頼にこたえねばならない。
そう誓ったのだ。わたしも君も。

どうだ、思い出したか?
よろしい、ならば義務を果たせ。

レッドサン ブラッククロス パナマ侵攻 2

レッドサンブラッククロス パナマ侵攻〈2〉 (C・NOVELS)

自分が臆病な意気地なしであると知ることこそ、 本当の勇気と言えるだろう。

わたしは自分を裏切りたくはない。裏切りたくないのだ。
裏切る必要はない。ただ勇気を持てばいい。
勇気か。口にするのは簡単だ。
しかし今ほどそれが欲しいと思った事はない。妙な話だ。

戦時中は一度もそんなことを思った事はなかった。
当然さ。生き残るのに勇気はいらない。
むしろ臆病でなければならない。

いや、自分が臆病な意気地なしであると知ることこそ、
本当の勇気と言えるだろう。

戦って儲けがでないのであれば

われわれは戦うために存在している。
命令があれば最後まで。
ありとあらゆる手段をもちいて。
それとも、真田さん、
あなたの手元に反応兵器が与えられたとして、
それを用いないと確言できますか。

数によるな。
敵と同数、たとえば一発や二発ならば
ためらわずに使用する。
物理的破壊より、心理的効果の方が大きいからな。
しかし百や千となれば話は違う。
交戦国同士、互いの国土
すべてを焼き尽くすような戦争に
なんの意味がある?
そんな戦争で、仮に指揮所だけが
生き残ったとしても勝利とは言えない。
君の言葉を借りるならば、
われわれは戦うためにではなく、
勝利し、祖国に利益をもたらすために
存在しているのだ。
戦って儲けがでないのであれば
苦い肝をなめたほうがましさ。 

created by Rinker
¥512 (2024/07/16 16:38:50時点 Amazon調べ-詳細)

佐藤大輔『覇王信長伝』 が読みたくなる名言

「エリザベス一世陛下勅任海将
 サー・フランシス・ドレイクより

   帝国艦隊司令長官殿へ。
 貴信了解。これより入港す。以上」

「サー」
信号長がおずおずと尋ねた。
「帝国艦隊だけでよろしいので? 
   “無敵”を付けずともよいのでしょうか?」
「うん?」
 ドレイクは皮肉な声で言った。
「君、よく知りもしない男を
 誉め立てるような奴はろくな人間ではないよ」

読んでいただきありがとうございました。このブログは、23,647コの名言を載せています。あなたが読みたい本が必ずあります。記事の最後尾にカテゴリー・タグ・紹介した作品の関連記事を載せておくので、お暇なときにお探しください。

心に残った名言をコメントTwitterInstagramのどれかで教えてくれると嬉しいです。

ぼんぷ
ぼんぷ

紹介した名言が本を読むキッカケになり、あなたの人生を変える1冊になりますように。

コメント