12月19日のお買い得Kindleセール本
PR

『狗飼恭子』の名言│おすすめ作品ランキングと名言集

スポンサーリンク
  1. 『狗飼恭子』の名言がわかる。
  2. 『狗飼恭子』のおすすめ作品がわかる。
  3. 名言をキッカケに小説が読みたくなる。

2万以上の名言を集め、読みたい本が見つかる名言集ブログでお馴染みの、名言紹介屋の凡夫です。

この記事は、『狗飼恭子』のおすすめ作品と名言を紹介します。紹介する名言が、作品と出会うキッカケになれば嬉しいです。

ネタバレの可能性があります。
ネタバレを気にしないという方は、このままお読みください。

ぼんぷ
ぼんぷ

サイドバー下に目次があるのでご利用ください

スポンサーリンク

名言で紹介する『狗飼恭子』のおすすめ本ランキング

『狗飼恭子』のおすすめ本を上から順に紹介します。取り上げている名言を読めばどんな本なのかわかるので、購入する際の参考になれば嬉しいです。

狗飼恭子『雪を待つ八月』 が読みたくなる名言

created by Rinker
¥429 (2024/06/13 10:57:35時点 Amazon調べ-詳細)

大好きなこと、大好きだったこと。

大好きなこと、大好きだったこと。
恋人とさよならするということは、
好きだった人をなくすだけではなく、
好きだったこともなくすということなのだ。

覚えておいて。

覚えておいて。
君は、君のために生きてるんだよ。
誰のためでもなく、
誰のせいでもなく。

何度も何度もコピーされると

何度も何度もコピーされると
だんだん元の文字が滲んで読めなくなってしまうように、
なんども『好きだ』って言葉にするうちに、
気持ちは滲んで読めなくなるのだろうか。
原紙をワープロで打ち直すように、恋
する相手にも換え時ってものがあるんだろうか。

初めは彼が私のことをすごくすごく好きで好きで、

初めは彼が私のことをすごくすごく好きで好きで、
私はそれを戸惑いながらゆっくり受け入れていったのに、
わたしが彼のことを好きで好きでたまらなくなったとたんに、
不意に彼は夢から覚めてしまった。

狗飼恭子『一緒に絶望いたしましょうか』 が読みたくなる名言

created by Rinker
¥545 (2024/06/13 10:57:36時点 Amazon調べ-詳細)

幸福が怖いのよ。

幸福が怖いのよ。
こうやって少し不幸でいないと、
いつか大きな不幸に襲われそうで恐ろしくなる。

好きな人に全く相手にされないと知ったとき、

好きな人に全く相手にされないと知ったとき、
せめて嫌われたいと思わない?
どうでもいいと思われるくらいなら、
憎まれたり、殺してやりたいと思われたくない?

きっとね、本当に結ばれるべき二人だったら

きっとね、本当に結ばれるべき二人だったら
なんとなく分かるものよ。会った瞬間にね。
運命はいつだって真正面からやってくるんだから。

忘れないで。

忘れないで。
他の人を傷つけてもいいから、
他のやつらなんかどんだけ蹴落としてもいいから、
自分が幸せになる道を選ぶのよ。
わたしは、見たことのない世界の平穏より、
目の前のあんたの幸せが嬉しい。

恋人同士は希望がなくちゃ

恋人同士は希望がなくちゃ
一緒にいられないかもしれない。
けどな、一緒に絶望できるのが
夫婦ってもんなんだよ。

もし彼と結婚した後た彼に恋人ができたら、

もし彼と結婚した後た彼に恋人ができたら、
わたしはきっと耐えられないし、
約束を破られたと思うだろう。
わたしが守っているのにずるい、そう思うだろう。
それはけして愛ではなくて、
ただ、相手が自分よりも得をすることが我慢できない、
そんな馬鹿みたいなエゴイズムだ。

ちゃんと嫌われればよかった。

ちゃんと嫌われればよかった。
彼女を憎むくらいなら、彼女に憎まれたかった。

できることならみんな幸せな方がいい。

できることならみんな幸せな方がいい。
みんなの幸せを願えるほうがいい。
できることなら。
でもできないから、それが苦しい。
僕が不幸なのに他者が幸福なことが堪らない。
でもそれを苦しいと思える僕は、
本当は世界の幸福を願えてるってことじゃないか?

世界なんか滅んでもいいのよ。

世界なんか滅んでもいいのよ。
わたしの愛する人たちが幸せならね。

感謝と関連記事の紹介

読んでいただきありがとうございました。このブログは、23,647コの名言を載せています。あなたが読みたい本が必ずあります。記事の最後尾にカテゴリー・タグ・紹介した作品の関連記事を載せておくので、お暇なときにお探しください。

心に残った名言をコメントTwitterInstagramのどれかで教えてくれると嬉しいです。

ぼんぷ
ぼんぷ

紹介した名言が本を読むキッカケになり、あなたの人生を変える1冊になりますように。

コメント