12月19日のお買い得Kindleセール本
PR

『ジェーン・スー』の名言│おすすめ作品ランキングと名言集

スポンサーリンク
  1. 『ジェーン・スー』の名言がわかる。
  2. 『ジェーン・スー』のおすすめ作品がわかる。
  3. 名言をキッカケに小説が読みたくなる。

2万以上の名言を集め、読みたい本が見つかる名言集ブログでお馴染みの、名言紹介屋の凡夫です。

この記事は、『ジェーン・スー』のおすすめ作品と名言を紹介します。紹介する名言が、作品と出会うキッカケになれば嬉しいです。

ネタバレの可能性があります。
ネタバレを気にしないという方は、このままお読みください。

ぼんぷ
ぼんぷ

サイドバー下に目次があるのでご利用ください

  1. 名言で紹介する『ジェーン・スー』のおすすめ本ランキング
    1. ジェーン・スー『私たちがプロポーズされないのには、101の理由があってだな』 が読みたくなる名言
      1. 相手のジャッジを待つ受け身な人生より、
      2. 結婚の優先順位が低いことに
      3. 一緒にいながらの無視は
      4. 自分が大好きで、自分が大切で、
    2. ジェーン・スー『これでもいいのだ 』 が読みたくなる名言
      1. 私は自分の美的センスに、長らく劣等感を抱いている。
      2. 毎日を一生懸命生きている。
      3. 緩やかに老眼が始まったのか、
      4. 見栄や意地を張り合う気力体力は、
      5. 大人にだって、子どものしっぽは残っている。
      6. 食べてしゃべってまた食べて、
    3. ジェーン・スー『ひとまず上出来』 が読みたくなる名言
      1. 二十代の私は
      2. 「愛される」は愛したあとについてくる。
      3. 自分が楽しいと思ったほうに引っ張られて、
      4. 自身を粗末に扱う生き方を
      5. 最初は心の底から傷ついていたはずなのに、
      6. いきなり自分を好きになるのは難しい。
      7. いまよりもう少し、マシな人間になりたい。
      8. 「孤独死」予備軍は、ないないづくし。
      9. 三十代の私は結婚すればすべてがオーライ、
      10. 四十歳過ぎの一週間は、
      11. そのキャラを失うのが怖いんだろ?
      12. 見た目の変化に悩んでいたのなんて、
      13. ムキムキになるためじゃないよ。
    4. ジェーン・スー『生きるとか死ぬとか父親とか』 が読みたくなる名言
      1. 二十歳までちゃんと育てたつもりだから、
      2. 古希を過ぎてから、
      3. 葬式でもない限り、
      4. インテリジェンスの欠如とともに、
      5. 誰かに丁寧に気を掛けてもらえることは、
      6. あのね、偉そうに
      7. その人のことが死ぬほど好きだったという記憶と、
    5. ジェーン・スー『おつかれ、今日の私。』 が読みたくなる名言
      1. ●【人間関係】誰かと仲良くなりたかったら、
      2. 道端に生えた雑草をみても
      3. 恋人のために生きてきたわけではないだろうけど、
      4. 自分の気持ちをごまかさず、
      5. 私は「ダメなところもあるなぁ」と言い直す。
      6. 自分で自分をなぐさめる方法をいくつか持っていよう。
スポンサーリンク

名言で紹介する『ジェーン・スー』のおすすめ本ランキング

『ジェーン・スー』のおすすめ本を上から順に紹介します。取り上げている名言を読めばどんな本なのかわかるので、購入する際の参考になれば嬉しいです。

ジェーン・スー『私たちがプロポーズされないのには、101の理由があってだな』 が読みたくなる名言

相手のジャッジを待つ受け身な人生より、

相手のジャッジを待つ受け身な人生より、
自分の好きなことを主体的にやっていく人生の方が楽しい。

結婚の優先順位が低いことに

結婚の優先順位が低いことに
自分自身が気付かないままだと、
言行不一致になって人生は空回りするばかり。

一緒にいながらの無視は

一緒にいながらの無視は、
一番の暴力。

自分が大好きで、自分が大切で、

自分が大好きで、自分が大切で、
人生の舵はなにがなんでも自分で取りたい。
だから他人と人生をくっつける結婚で、
自分の人生のなにかが
奪われる恐怖をずっと抱えている。

ジェーン・スー『これでもいいのだ 』 が読みたくなる名言

私は自分の美的センスに、長らく劣等感を抱いている。

私は自分の美的センスに、長らく劣等感を抱いている。
ファッション、メイク、ヘアスタイル、インテリア。
どれもダメ。
まったく気に入らないが、
どうしたら良いかわからない。

毎日を一生懸命生きている。

毎日を一生懸命生きている。
なにか褒美がもらえたっていいはずだが、
現実には、シミがご褒美スタンプのように増えていくだけだ。

緩やかに老眼が始まったのか、

緩やかに老眼が始まったのか、
夕方になると目の焦点が合わなくなる。
パソコンの画面が見づらくて仕方ない。
しかし、心の視界はすっきりと広がっている。

見栄や意地を張り合う気力体力は、

見栄や意地を張り合う気力体力は、
いつの間にかほとんど消滅してしまった。
まあ、あの人はああいうところもある人だしね、
で終わり。

大人にだって、子どものしっぽは残っている。

大人にだって、子どものしっぽは残っている。
誰かに安心させてほしくなるときだって、
背中をさすってほしくなるときだってある。

食べてしゃべってまた食べて、

食べてしゃべってまた食べて、
飲んだり飲まれたりする人もいて、
遊んで働いてまた働いて、
子育てしたり介護したり、
疲れたらボーッとする。
私たち、これでもいいのだ。

ジェーン・スー『ひとまず上出来』 が読みたくなる名言

created by Rinker
¥1,500 (2024/07/16 13:44:47時点 Amazon調べ-詳細)

二十代の私は

二十代の私は、他人から楽しそうに見られたかった。
四十代の私は、いつでも元気に見られたい。
私に限ったことかもしれませんが、
年齢によって他人から
どう見られたいかは変化するものなのでしょう。

「愛される」は愛したあとについてくる。

「愛される」は愛したあとについてくる。
相手の立場に立って、
相手のみを愛すことができたらの話ですが。

自分が楽しいと思ったほうに引っ張られて、

自分が楽しいと思ったほうに引っ張られて、
自分で自分を幸せにしなきゃ。
自分を不幸せなところに置いたままにしない。
自分で選択したことの責任を取る。
大人の責務って、この二つくらいだものね。

自身を粗末に扱う生き方を

自身を粗末に扱う生き方を
自暴自棄と呼びますが、
先を見越して好きなことを
忌避してばかりの人生もどうなのでしょう。
それはそれで、ちょっとつまらない気もする。

最初は心の底から傷ついていたはずなのに、

最初は心の底から傷ついていたはずなのに、
1日も早くこんな自分とはオサラバしたいはずなのに、
だんだんと「傷ついている自分」を手放せなくなっていく。
手放したら自分がそこにいた痕跡すら
なくなるのではないかと不安で仕方がなくなってしまう。
正しい弔いが終わってないからなんでしょう。

いきなり自分を好きになるのは難しい。

いきなり自分を好きになるのは難しい。
でも「自分のここが好き」が見つかると、
放っておいてもなりたい自分に
どんどん変わっていくんでしょうね。

いまよりもう少し、マシな人間になりたい。

いまよりもう少し、マシな人間になりたい。
精神が健康な時、その欲望は向上心に姿を変えますが、
不健康な時は私から自己肯定力を奪っていく。
自分がどんどん嫌いになっていく。
そんな時こそ、ふて寝です。
だって疲れている時にポジティブになれるほど、
私はおめでたい人間ではないもの。

「孤独死」予備軍は、ないないづくし。

「孤独死」予備軍は、ないないづくし。
あいさつしない、料理しない、
親類に連絡しない、掃除しない、
布団を畳まない、仲間がいない。

三十代の私は結婚すればすべてがオーライ、

三十代の私は結婚すればすべてがオーライ、
みんなから幸せ認定され、
自動的に人生のゴールにたどり着くとさえ思っていました。
問題は人からどう見えるかではなく、
自分がどう感じているかなのに。

四十歳過ぎの一週間は、

四十歳過ぎの一週間は、
ヤングの二日か三日だよ。
昨日は月曜だったはずなのに、
なんでもう木曜日なんだ?
と己のタイムリープを疑うのは日常茶飯事。

そのキャラを失うのが怖いんだろ?

そのキャラを失うのが怖いんだろ?
失ったら、キャラクターの陰に隠れていられなくなる。
自分の足で立たなきゃいけなくなるからね。

見た目の変化に悩んでいたのなんて、

見た目の変化に悩んでいたのなんて、
浅瀬でパチャパチャやっている程度の悩みだったのよ。
思うように体が動かないことのほうが、
ずっと深刻だもの。

ムキムキになるためじゃないよ。

ムキムキになるためじゃないよ。
スタイルを良くするためでもない。
これからの私たちには、
明日を生きるための筋肉が必要なんだよ。
もっと切実な話なの。

スポンサーリンク

ジェーン・スー『生きるとか死ぬとか父親とか』 が読みたくなる名言

二十歳までちゃんと育てたつもりだから、

二十歳までちゃんと育てたつもりだから、
そこから先はおまえの判断を信じるしかない。
ひどく失敗したら、
俺たちの教育が悪かったと思うだけだ。

古希を過ぎてから、

古希を過ぎてから、
父は瞬間湯沸かし器のような怒り方をしなくなった。
意思の疎通は楽になったが、
引力に逆らう力が年々減っているようでさみしくもある。

葬式でもない限り、

葬式でもない限り、
老人は常に明るい色を着た方がいい。
冬になると、街を歩く中年以降の男は
みんな煮しめたおでんみたいな色の服を着ていて、
とてもみすぼらしくみえる。

インテリジェンスの欠如とともに、

インテリジェンスの欠如とともに、
私は父からアルコール分解酵素の欠如も受け継いだ。
あるものばかりが遺伝するわけではない。
ないものだって、ちゃんと相続されるのが親子である。

誰かに丁寧に気を掛けてもらえることは、

誰かに丁寧に気を掛けてもらえることは、
なにものにも代え難い幸せだ。

あのね、偉そうに

あのね、偉そうに
ありがとうございますって言っても駄目なんだよ。
ちょっと情けない顔で言うと、
相手は良いことしたなと思うんだ。覚えときなさい。

その人のことが死ぬほど好きだったという記憶と、

その人のことが死ぬほど好きだったという記憶と、
お金があれば結婚は続くのよ。

ジェーン・スー『おつかれ、今日の私。』 が読みたくなる名言

●【人間関係】誰かと仲良くなりたかったら、

誰かと仲良くなりたかったら、
嫌われないように気を使って
本心を隠すんじゃなくて、
本音で話すしかないんだよ。 

道端に生えた雑草をみても

道端に生えた雑草をみても
恋人を思い出してしまう時期は、
そう長くは続かない。
今は連想ゲームの答えが
すべて失った恋につながってしまうけれど、
時間が解決してくれるから大丈夫。
大恋愛からの大失恋に、
心からのおつかれさまを。

恋人のために生きてきたわけではないだろうけど、

恋人のために生きてきたわけではないだろうけど、
パートナーの存在がここ数年のあなたを
「この場所にいてもいいんだよ」と
肯定し続けてくれていたことは確かだもの。
振り返れば必ずそこにいた人がいなくなったら、
なんのために生きているのかわからなくなって当然。
大丈夫、ちっともおかしくなんかない。

自分の気持ちをごまかさず、

自分の気持ちをごまかさず、
受けた傷にジタバタできる人こそが本当に強いのだ。

私は「ダメなところもあるなぁ」と言い直す。

愛情を持って「あいつダメだなぁ」と言う人がいる。
私は「ダメなところもあるなぁ」と言い直す。
それなら誰もがそうだから。

自分で自分をなぐさめる方法をいくつか持っていよう。

自分で自分をなぐさめる方法をいくつか持っていよう。
どうやったら自分が癒やされるのか、
いろいろ実験してみよう。
ベストなやり方が編み出せたら、
次はもっとうまく凌げるはずだから。

読んでいただきありがとうございました。このブログは、23,647コの名言を載せています。あなたが読みたい本が必ずあります。記事の最後尾にカテゴリー・タグ・紹介した作品の関連記事を載せておくので、お暇なときにお探しください。

心に残った名言をコメントTwitterInstagramのどれかで教えてくれると嬉しいです。

ぼんぷ
ぼんぷ

紹介した名言が本を読むキッカケになり、あなたの人生を変える1冊になりますように。

コメント