12月19日のお買い得Kindleセール本
PR

『岸田奈美』の名言│おすすめ作品ランキングと名言集

スポンサーリンク
  1. 『岸田奈美』の名言がわかる。
  2. 『岸田奈美』のおすすめ作品がわかる。
  3. 名言をキッカケに小説が読みたくなる。

2万以上の名言を集め、読みたい本が見つかる名言集ブログでお馴染みの、名言紹介屋の凡夫です。

この記事は、『岸田奈美』のおすすめ作品と名言を紹介します。紹介する名言が、作品と出会うキッカケになれば嬉しいです。

ネタバレの可能性があります。
ネタバレを気にしないという方は、このままお読みください。

ぼんぷ
ぼんぷ

サイドバー下に目次があるのでご利用ください

スポンサーリンク

名言で紹介する『岸田奈美』のおすすめ本ランキング

『岸田奈美』のおすすめ本を上から順に紹介します。取り上げている名言を読めばどんな本なのかわかるので、購入する際の参考になれば嬉しいです。

岸田奈美『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』の名言集

わたしにとって生きるというのは、

わたしにとって生きるというのは、
がんばることではなかった。
ただ毎日〝死なない〟という選択を
くり返してきただけの結果だ。

でも、家族を残して、

でも、家族を残して、
死ぬことはできなかった。
だから、生きた。
何をがんばるでもなく、
ただ、毎日、死なないようにした。

悲観は気分、楽観は意思。

悲観は気分、楽観は意思。
外国のなんか立派な人が、
そんなことをいっていた。

多分、人って、

多分、人って、
原因がわからないというあいまいで
気持ち悪い状態を、
本能的にきらうんじゃないかな。
だから、無理矢理にでも、
原因を自分にしちゃうんじゃないかな。
そういうふうにできてるんじゃないかな。

愛とは、期待もせず見返りも求めず、

愛とは、期待もせず見返りも求めず、
ただ信じることだと、わたしは思う。

岸田さんが苦しいのは、

岸田さんが苦しいのは、
いまの岸田さんを
好きになれていないのかもしれない。
自分が嫌いだと、他人に評価を求めようとするからね。

岸田奈美『飽きっぽいから、愛っぽい』 が読みたくなる名言

created by Rinker
¥1,725 (2024/05/25 07:39:18時点 Amazon調べ-詳細)

葬式だろうと結婚式だろうと、

葬式だろうと結婚式だろうと、
家族が総出でかかる催しごとでは、
流れている血によくも悪くも気づかされる。

意味のないことへ後ろめたさを感じるようになったのは、

意味のないことへ後ろめたさを感じるようになったのは、
最近になってからだ。
子どもの時のわたしはむしろ、
意味のないことばかり楽しんでやっていたような気がする。
一体いつからこうなってしまったのか。

忘れるということは、

忘れるということは、
頭からきれいさっぱり失われるわけではない。

思い出してもつらくなくなったときに、
ふと箱の留め具が外れるように、
意識の奥から姿を現す。

苦しみが入ってくるヒマもないくらい、

苦しみが入ってくるヒマもないくらい、
楽しむことに忙しく生きる。
それもまた、確かな祈りだ。
騒音と静寂で、時間は流れていく。
わたしもそうやって、
数え切れないほどの夜を乗り越えてきたじゃないか。

奈美ちゃんの本音じゃないってわかってたから、

奈美ちゃんの本音じゃないってわかってたから、
痛くもかゆくもあらへんかった。
親やもん、わかるで。
子どもは口で言ってることより、
言ってないことの方が大切やねん。

人生は間違いなくひとつだけど、

人生は間違いなくひとつだけど、
紙の年表みたいに平面的ではなく、
彫刻みたいに立体的だと思う。
眺める角度や高さによって、
見えてくるものがぜんぜん違う。

思い出をいろんな視点から眺められるようになった時。

思い出をいろんな視点から眺められるようになった時。
過去を、自分を励ますための物語として選びとれるから、
人はより豊かで強くなれるんだろう。

感謝と関連記事の紹介

読んでいただきありがとうございました。このブログは、23,647コの名言を載せています。あなたが読みたい本が必ずあります。記事の最後尾にカテゴリー・タグ・紹介した作品の関連記事を載せておくので、お暇なときにお探しください。

心に残った名言をコメントTwitterInstagramのどれかで教えてくれると嬉しいです。

ぼんぷ
ぼんぷ

紹介した名言が本を読むキッカケになり、あなたの人生を変える1冊になりますように。

コメント