12月19日のお買い得Kindleセール本
PR

『久賀谷亮』の名言│おすすめ本ランキングと名言集

スポンサーリンク
  1. 『久賀谷亮』の名言がわかる。
  2. 『久賀谷亮』のおすすめ本と要約がわかる。
  3. 名言をキッカケにビジネス書が読みたくなる。

2万以上の名言を集め、読みたい本が見つかる名言集ブログでお馴染みの、名言紹介屋の凡夫です。

この記事は、『久賀谷亮』のおすすめ本を名言で紹介します。紹介する名言が、本を読むキッカケになれば嬉しいです。

ぼんぷ
ぼんぷ

サイドバー下に目次があるのでご利用ください

スポンサーリンク

名言で紹介する『久賀谷亮』のおすすめ本ランキング

『久賀谷亮』のおすすめ本を上から順に紹介します。取り上げている名言を読めばどんな本なのかわかるので、購入する際の参考になれば嬉しいです。

久賀谷亮『世界のエリートがやっている最高の休息法』の要約にもなる名言集

created by Rinker
¥1,336 (2024/05/18 10:15:12時点 Amazon調べ-詳細)

「最高の休息法」の真の目的です。

あなた自身の脳を変えて、
高度な集中力を手に入れることが、

「最高の休息法」の真の目的です。

怒りや衝動に流されそうなとき――RAIN

怒りや衝動に流されそうなとき――RAIN
①Recognize(認識する)
②Accept(受け入れる)
③Investigate(検証する)
④Non-Identification(距離をとる)

マインドフルネスとは

マインドフルネスは
脳と心を休ませるための技術群なんじゃ。

とにかく呼吸に細かく注意を向ける。

呼吸をコントロールしようとしたり、
変えようとする必要はない。
いい呼吸も悪い呼吸もない。
自然に起きるままにしたらいいんじゃ。
とにかく呼吸に細かく注意を向ける。

呼吸は意識の錨じゃ。

呼吸は意識の錨じゃ。
風が吹いたり波が荒れようと、
錨があれば船はそこから流されん。
どんな雑念が心に吹き荒れようとも、
呼吸を見失わなければ大丈夫じゃよ

大切なのは『考え』に対して

大切なのは『考え』に対して
傍観者であり続けることなんじゃよ。
いいか、人間というのは、
あたかも『考え』を自分自身だと思いがちじゃ。
とはいえ本来、自分というのは容れ物にすぎん。
駅と電車を同一視するのがバカげとるように、
自分と雑念を同じものとして見る必要はない。
自分の心は電車たちが行き交うプラットホーム。
どんなに雑多な種類の電車が入ってこようと、
プラットホームは変わらない。

信号待ちは儲けものじゃよ……

信号待ちは儲けものじゃよ……
空を見るにはうってつけの時間じゃからな

しかし、競争に負けたくないという気持ちほど、

しかし、競争に負けたくないという気持ちほど、
我々の脳を疲弊させるものはない。

静かな心を持つと、

静かな心を持つと、
内面にある叡智が目覚める

読んでいただきありがとうございました。このブログは、23,647コの名言を載せています。あなたが読みたい本が必ずあります。記事の最後尾にカテゴリー・タグ・紹介した作品の関連記事を載せておくので、お暇なときにお探しください。

心に残った名言をコメントTwitterInstagramのどれかで教えてくれると嬉しいです。

ぼんぷ
ぼんぷ

紹介した名言が本を読むキッカケになり、あなたの人生を変える1冊になりますように。

コメント