11月28日のお買い得Kindleセール本
PR

『恒川光太郎』の名言│おすすめ作品ランキングと名言集

スポンサーリンク
  1. 『恒川光太郎』の名言がわかる。
  2. 『恒川光太郎』のおすすめ作品がわかる。
  3. 名言をキッカケに小説が読みたくなる。

2万以上の名言を集め、読みたい本が見つかる名言集ブログでお馴染みの、名言紹介屋の凡夫です。

この記事は、『恒川光太郎』のおすすめ作品と名言を紹介します。紹介する名言が、作品と出会うキッカケになれば嬉しいです。

ネタバレの可能性があります。
ネタバレを気にしないという方は、このままお読みください。

ぼんぷ
ぼんぷ

サイドバー下に目次があるのでご利用ください

スポンサーリンク

名言で紹介する『恒川光太郎』のおすすめ本ランキング

『恒川光太郎』のおすすめ本を上から順に紹介します。取り上げている名言を読めばどんな本なのかわかるので、購入する際の参考になれば嬉しいです。

恒川光太郎『滅びの園』 が読みたくなる名言

created by Rinker
¥713(2023/12/07 23:06:05時点 Amazon調べ-詳細)

そこを通過していくときは

そこを通過していくときは
それが宝などとは思っていなかった。
不満もあったし、もっと面白いことが
世の中にはたくさんあって、
それを体験している人だっているはずなのに、
自分の手持ちのカードはブタばかりだ、
というような焦りがいつも心中にあったように思う。
贅沢だった。
今はもう二度と手に入らない。

人間の心は永久不変ではない。

人間の心は永久不変ではない。
ちょっとした感情の変化、事情の推移で、
優先順位もやりたいことも容易に変わります。

なんだか私、改めて思ったの。

なんだか私、改めて思ったの。
人間って、時代の影響からは
逃れられない生き物なんだろうなって。
ああ、私生きているんだなって思った。
私はこの時代を呼吸して、この時代の中にいて、
そして、この時代より先は知る事はないんだって。
そうしたら足が震えてきてさ。
でもね、怖いのとは違ってさ、なんていうの?
面白いなあって思ったんだ。
そうしたらさ、小さな男の子がさ、
ベビーカーに乗っていて、私と目があったのね。
奮い立ってきたよ。

「死ぬでしょう、だって」

「死ぬでしょう、だって」
「死ぬまでは死なないよ。それはどこでも一緒だよ」

感謝と関連記事の紹介

読んでいただきありがとうございました。このブログは、23,647コの名言を載せています。あなたが読みたい本が必ずあります。記事の最後尾にカテゴリー・タグ・紹介した作品の関連記事を載せておくので、お暇なときにお探しください。

心に残った名言をコメントTwitterInstagramのどれかで教えてくれると嬉しいです。

ぼんぷ
ぼんぷ

紹介した名言が本を読むキッカケになり、あなたの人生を変える1冊になりますように。

コメント