12月19日のお買い得Kindleセール本
PR

『吉田昌生』の名言│おすすめ本ランキングと名言集

スポンサーリンク
  1. 『吉田昌生』の名言がわかる。
  2. 『吉田昌生』のおすすめ本と要約がわかる。
  3. 名言をキッカケにビジネス書が読みたくなる。

2万以上の名言を集め、読みたい本が見つかる名言集ブログでお馴染みの、名言紹介屋の凡夫です。

この記事は、『吉田昌生』のおすすめ本を名言で紹介します。紹介する名言が、本を読むキッカケになれば嬉しいです。

ぼんぷ
ぼんぷ

サイドバー下に目次があるのでご利用ください

スポンサーリンク

名言で紹介する『吉田昌生』のおすすめ本ランキング

『吉田昌生』のおすすめ本を上から順に紹介します。取り上げている名言を読めばどんな本なのかわかるので、購入する際の参考になれば嬉しいです。

吉田昌生『マインドフルネス瞑想入門』の要約にもなる名言集

created by Rinker
¥1,426(2024/02/28 05:15:54時点 Amazon調べ-詳細)

マインドフルネスとは

マインドフルネスとは、
今という瞬間につねに注意を向け、
自分が感じている感覚や感情、
思考を冷静に観察している心の状態のこと。
つまり、「今、ここ」に
100%心を向ける在り方。

瞑想とは

瞑想とは、リラックスしながら、
たった一つのことに
「集中する」と
「集中が切れたことに気づく」
をくりかえすこと。

「呼吸」に意識を向けるだけ

姿勢を正して、ただ自分のしている
「呼吸」に意識を向けるだけ。

唯一することがあるとすれば

マインドフルネス瞑想で、
唯一することがあるとすれば、
「何もしないこと」です。

私の本質は

「頭の中で自動的に湧いてくる声は、自分ではない」
「私の本質は、
 勝手気ままに湧いてくる思考ではない。
 それを観察している側の視点が本当の自分である」

人は一日に6万回思考する

人は一日に6万回思考すると言われており、
その9割がくりかえして同じことを考えている。

マインドフルネス瞑想を実践することで

マインドフルネス瞑想を実践することで、
前頭前皮質への血流が増え活性化していき、
「自分や他人の思考や感情の動きを対象化して理解する力」
が高まっていく。

瞑想の実践によって

瞑想の実践によって、
自分を苦しめる思考パターンや行動パターンに気づき、
それを減らしていくことで、
ストレス、苦しみは確実に減っていく。

吉田昌生『短く深く瞑想する法』の要約にもなる名言集

瞑想とは何か。一言でいうと、

瞑想とは何か。一言でいうと、
「気づき(アウェアネス)を得るメソッド」です。

マインドフルネスは、

マインドフルネスは、
「いま」「ここ」に100%の注意を向ける
「心の在り方」のトレーニングです。
五感や思考、感情を観察して
「気づき」を得るメソッドで、
仏教の瞑想をベースにしつつ、
宗教的・スピリチュアル的な文脈を削ぎ落とし、
現代人がその絶大な恩恵にあずかれるように合理化されたもの。
それがマインドフルネスです。

マインドフルネスを次にように定義しました。

マインドフルネスを次にように定義しました。
「一瞬一瞬の呼吸や体感に意識を集中し、
『ただ存在すること』を実践し、
『いまに生きる』ことのトレーニングを実践すること」

「いま」「ここ」に戻す。

自分の意識が、過去や未来に
さまよっていることに気づいたら、
「いま」「ここ」に戻す。
瞬間、瞬間に、意識を向けていく。
そのための方法が、
瞑想(マインドフルネス)なのです。

「思考を切り替える」

瞑想によって「気づき」(アウェアネス)の力を養えば、
思考を止めることはできませんが、
「思考を切り替える」ことができるようになるのです。

本書で紹介するメソッドは極めてシンプルです。

本書で紹介するメソッドは極めてシンプルです。
「目を閉じて、1分間、呼吸の感覚に意識を向ける」
これだけです。

過去も未来も、頭の中にしかない〝妄想〟です。

過去も未来も、頭の中にしかない〝妄想〟です。
しかし、その〝妄想〟が、
ストレスの元となる不快な感情を生み出します。

瞑想では、何もしません。

瞑想では、何もしません。
唯一するのは「何もしないこと」なのです。
何もしないからこそ、
価値があります。効果があります。
何もしないからこそ、
心が休まり、エネルギーが養われるのです。

ダメだ

ダメだ、というのがダメなのです

結果を出しても価値があるし、

結果を出しても価値があるし、
出せなくても価値がある。
自分という存在そのものに価値があると信じること。
この前提がないと、人生は苦しくなります。

なぜ感謝したほうがいいのか?

なぜ感謝したほうがいいのか?
それは、放っておくと、私たちは
「ない」ものに目が向きやすいからです。
あれがない、これがないと嘆いたり、
人をうらんだりしてしまいます。

読んでいただきありがとうございました。このブログは、23,647コの名言を載せています。あなたが読みたい本が必ずあります。記事の最後尾にカテゴリー・タグ・紹介した作品の関連記事を載せておくので、お暇なときにお探しください。

心に残った名言をコメントTwitterInstagramのどれかで教えてくれると嬉しいです。

ぼんぷ
ぼんぷ

紹介した名言が本を読むキッカケになり、あなたの人生を変える1冊になりますように。

コメント