小説の名言

和田竜『村上海賊の娘』の名言集「戦を華やかなものとしか見ぬ者が」

 

この記事は、和田竜の小説『村上海賊の娘』
の名言を紹介します。

これだけ読めば見逃さない!
Kindleセール情報まとめ記事

和田竜『村上海賊の娘』の名言集

村上海賊の娘 上巻

created by Rinker
新潮社
¥1,440 (2022/05/19 20:05:43時点 Amazon調べ-詳細)

俺は男親ぞ。

俺は男親ぞ。
娘を甘やかす以外何ができる

軍書をまるまる信じると、

軍書をまるまる信じると、
勝てる戦も勝てぬようになるぞ

浄土など、あればあったで儲けものだが、

浄土など、あればあったで儲けものだが、
なけりゃないでそれまでのことさ

念仏なんぞ、どこでだってできるだろうが

天下の要害なんてめったにあるもんじゃないんだから、
素直に信長の奴に大坂を譲ってやりゃいいんだよ。
念仏なんぞ、どこでだってできるだろうが

村上海賊の娘 下巻

created by Rinker
新潮社
¥2,626 (2022/05/19 20:05:43時点 Amazon調べ-詳細)

戦を華やかなものとしか見ぬ者が、

戦を華やかなものとしか見ぬ者が、
実戦に耐えられるはずがない。

踏み出せ。一歩踏み出せ。

踏み出せ。一歩踏み出せ。
それができるか否かが、
勇者と臆病者との分かれ目だ。

将は命を発するのに

将は命を発するのに
配下の顔色などうかがってはならない。

おすすめ関連記事

最期まで読んでいただきありがとうございます。
心に響いた言葉をきっかけに本を読んでくれたら、
こんなに嬉しいことはありません。 

蒐集した他の小説の名言もよければ読んでください。

 

 

和田竜『村上海賊の娘』
関連Kindleセール情報

 

【50%OFF~】ライトノベルKindleセール情報まとめ

この記事は2022年5月12日時点で 確認した半額以下になっている ライトノベルKindleセール情報を まとめて紹介します。 これだけ読めば見逃さない! Kindleセール情報まとめ記事 注意事項: ...

-小説の名言
-新潮社, 歴史・時代小説, 戦国時代, 和田竜