12月19日のお買い得Kindleセール本
PR

『森沢明夫』の名言│おすすめ作品ランキングと名言集

スポンサーリンク
  1. 『森沢明夫』の名言がわかる。
  2. 『森沢明夫』のおすすめ作品がわかる。
  3. 名言をキッカケに小説が読みたくなる。

2万以上の名言を集め、読みたい本が見つかる名言集ブログでお馴染みの、名言紹介屋の凡夫です。

この記事は、『森沢明夫』のおすすめ作品と名言を紹介します。紹介する名言が、作品と出会うキッカケになれば嬉しいです。

ネタバレの可能性があります。
ネタバレを気にしないという方は、このままお読みください。

ぼんぷ
ぼんぷ

サイドバー下に目次があるのでご利用ください

  1. 名言で紹介する『森沢明夫』のおすすめ本ランキング
    1. 森沢明夫『虹の岬の喫茶店』の名言集
      1. 私は、ただ、生きていた。
      2. きっと、この世のモノはみな、
      3. 夢を追いかけない人生を選ぶのにも
      4. わたしね、大好きな言葉があるの。
      5. 人はね、いつかこうなりたいっていうイメージを持って、
      6. 自分の未来に夢も希望もないんだったら、
      7. 人間って、生きているうちに
      8. 間違いを犯す自由が含まれていないのであれば、
      9. 過去を懐かしむことが出来るってことは、
      10. 自分の積み重ねてきたモノを大切に思えて、
    2. 森沢明夫『大事なことほど小声でささやく』 が読みたくなる名言
      1. いちばん苦しいときに笑うって、
      2. 人生に大切なのはね、
      3. 悲しいときは、しゃべらなくていいのよ。
      4. 人は人を喜ばせるために
      5. やり直すことのできない過去を悲しんでいたら、
      6. 筋肉ってね、
      7. 大人とは表情ひとつ変えずに白を黒と言い、
      8. 誰かを愛して誰かを失った人は
      9. でもね、愛した人を失わないように
      10. いまこの瞬間のことだけを考えて
      11. 言っとくけど他人は変えられないわよ。
      12. 人生に大切なのはね自分に何が起こったかじゃなくて
    3. 森沢明夫『エミリの小さな包丁』 が読みたくなる名言
      1. 幸せになることより、
      2. あのね、人間って、ふたつのことを
      3. つらいときでも鼻歌を歌っていればさ、
      4. 不幸な重荷だと思っていた
      5. エミリを思いのままに
    4. 森沢明夫『ミーコの宝箱』の名言集
      1. 他人と自分を比べなければ、
      2. 心ってね、傷つかないで磨かれるだけなの。
      3. この世で最悪の不幸ってのは、
      4. 子どもって残酷な生き物ですし
      5. 人は誰しも、幸せになりたくて、
      6. 彼女はいつも
    5. 森沢明夫『水曜日の手紙』の名言集
      1. 大切なのはどの道を選ぶかよりも、
      2. 自分の心に耳を傾けて
      3. 人間っていう生き物はちょっと賢すぎるから、
      4. 人生をいちいち深刻に考えている奴は
      5. 大切なのは、頭じゃなくて、
    6. 森沢明夫『おいしくて泣くとき』の名言集
      1. もしも誰かに相談したくなったときは、
      2. 母を失った俺は知ったのだ。
    7. 森沢明夫『ヒカルの卵』の名言集
      1. 鶏の世界も人間と同じで、
      2. 人生色々って言ったけどもよ、
      3. 財産を失うのは小さな痛手だけども、
      4. 大人になるって気持ちに手あかがついて
      5. いまこの瞬間にできることを精一杯やること。
      6. 転がした卵とおんなじで、
    8. 森沢明夫『夏美のホタル』の名言集
      1. 人間ってのは何かと何かを比べたときに
      2. 面白くない生い立ちなんてひとつもないよ。
      3. 現実と小説なんて、
      4. 人はきっと、その人生におけるすべての分岐点において、
      5. どんなに器用な人間でもな、
      6. 人生はひたすら出会いと別れの連続です。
      7. 他人と比べちゃうとさ、
スポンサーリンク

名言で紹介する『森沢明夫』のおすすめ本ランキング

『森沢明夫』のおすすめ本を上から順に紹介します。取り上げている名言を読めばどんな本なのかわかるので、購入する際の参考になれば嬉しいです。

森沢明夫『虹の岬の喫茶店』の名言集

私は、ただ、生きていた。

私は、ただ、生きていた。
自動的に。これから先もずっと、
私はこの心臓によって、
意志とは無関係に生かされていくのだろう。

きっと、この世のモノはみな、

きっと、この世のモノはみな、見方や捉え方ひとつで、
そのモノの存在意義まで簡単に変わってしまうのだ。

夢を追いかけない人生を選ぶのにも

俺の経験では、夢を追いかけない人生を選ぶのにも、
充分に勇気がいると思ったけどな

わたしね、大好きな言葉があるの。

わたしね、大好きな言葉があるの。
間違いを犯す自由が含まれていないのであれば、
自由は持つに値しない

人はね、いつかこうなりたいっていうイメージを持って、

人はね、いつかこうなりたいっていうイメージを持って、
それを心のなかで祈っているときは生きていけるの。
どんなことがあってもね

自分の未来に夢も希望もないんだったら、

いろいろあって、自分の未来に夢も希望もないんだったら、
他人の未来を祈ればいいじゃない

人間って、生きているうちに

人間って、生きているうちに
色々と大切なものを失うけど、
でも、一方では「アメイジング・グレイス(驚くほどの恩恵)」
を授かっているのよね。
そのことにさえ気づけたら、
あとはなんとかなるものよ。

間違いを犯す自由が含まれていないのであれば、

間違いを犯す自由が含まれていないのであれば、
自由を持つに値しない

過去を懐かしむことが出来るってことは、

過去を懐かしむことが出来るってことは、
あなたたち二人はきっと、今の自分自身を
ちゃんと大事に思えてるってことだと思うわ

自分の積み重ねてきたモノを大切に思えて、

自分の積み重ねてきたモノを大切に思えて、
他人の積み重ねてきたものも
大切にしてあげたいって思えたら。
きっとその人は大人になれたってことなんだと思うわ

森沢明夫『大事なことほど小声でささやく』 が読みたくなる名言

いちばん苦しいときに笑うって、

いちばん苦しいときに笑うって、
じつは人生の極意なのよ。

人生に大切なのはね、

人生に大切なのはね、
自分に何が起こったかじゃなくて、
起こったことにたいして
自分が何をするか、なのよ。

悲しいときは、しゃべらなくていいのよ。

悲しいときは、しゃべらなくていいのよ。
泣けばいいの。
寡黙っていう意味のソルティドックを飲んで、
おいおいでもしくしくでも、泣けばいいのよ。

人は人を喜ばせるために

人は人を喜ばせるために生まれてくるんだよ。

やり直すことのできない過去を悲しんでいたら、

やり直すことのできない過去を悲しんでいたら、
せっかく生きている
「いま」が不幸になっちゃうだけでしょ。
それにね、まだ来ていない未来を不安がっても仕方ないじゃない。
大切ないまをつまらなくするだけだわ。

筋肉ってね、

筋肉ってね、
男と違って正直だから、あたしを騙したりしないのよ。
尽くした分だけちゃんと応えてくれるんだから。

大人とは表情ひとつ変えずに白を黒と言い、

大人とは表情ひとつ変えずに白を黒と言い、
ある日突然それをグレーと言ったりできる動物のことだ。
さらにやっかいなのは、その矛盾について突っ込むと
「社会ってのはそういうものだ」
なんて知ったような顔で上からモノを言うことだ。

誰かを愛して誰かを失った人は

誰かを愛して誰かを失った人は
何も失っていない人よりも美しい。

でもね、愛した人を失わないように

でもね、愛した人を失わないように
努力をした人だけがきっと美しいのよ。
最初からあきらめていた人は
たとえ愛する人を失ってもそんなに美しくないはずだわ。

いまこの瞬間のことだけを考えて

いまこの瞬間のことだけを考えて
自分なりに素敵に生きればいいの。
いまを素敵に生きれば
未来はその延長上に作られるから
きっと素敵なものになるのよ。

言っとくけど他人は変えられないわよ。

言っとくけど他人は変えられないわよ。
変えられるのはあなた自身よ。

人生に大切なのはね自分に何が起こったかじゃなくて

人生に大切なのはね自分に何が起こったかじゃなくて
起こったことにたいして自分が何をするかなのよ。
起こったことなんてそのまま受け入れればいいの。
どうせ過去は変えようがないんだから。
でもね、考え方ひとつで起こったことを
チャンスに変えることはできるの。
ピンチはチャンスよ。

スポンサーリンク

森沢明夫『エミリの小さな包丁』 が読みたくなる名言

幸せになることより、

幸せになることより、
満足することの方が大事だよ

あのね、人間って、ふたつのことを

あのね、人間って、ふたつのことを
一度に考えることが出来ない生き物なんだって。
だから俺、このブランコに揺られているときだけは、
最近あった『小さないいこと』を
なるべくたくさん思い出して、
そのときの感情をあらためて丁寧に嚙みしめるようにしてたの。

つらいときでも鼻歌を歌っていればさ、

つらいときでも鼻歌を歌っていればさ、
世界は変えられなくても、
気分を変えることなら出来るからさ

不幸な重荷だと思っていた

不幸な重荷だと思っていた
そのふたつを手放そうとするのを止めて、
逆に抱きしめたのだ。
ただ、それだけ。

エミリを思いのままに

エミリを思いのままに
動かせる万能な存在は、唯一、エミリ自身。
エミリの人生を自由自在に創造していけるのも、
エミリ本人しかいない

森沢明夫『ミーコの宝箱』の名言集

他人と自分を比べなければ、

他人と自分を比べなければ、
わたしの人生はいつもわたしにとって
普通であり続けてくれるから。

心ってね、傷つかないで磨かれるだけなの。

心ってね、傷つかないで磨かれるだけなの。
やすりと一緒だよ。
やすりで磨くと削られて痛むけど、でも、
ゴシゴシやってるうちに
最後はピカピカに光るでしょ。

この世で最悪の不幸ってのは、

この世で最悪の不幸ってのは、
自分の孤独に気づいちまうことだ。

子どもって残酷な生き物ですし

子どもって残酷な生き物ですし
大人だって差別をします。
でもそういう人たちから傷つけられたときも、
しゃんと背筋を伸ばして、
自分を身失わずに生きていって欲しいでしょう。

人は誰しも、幸せになりたくて、

人は誰しも、幸せになりたくて、
安心したくて、愛されたくて、
さらけ出した自分の全てを
誰かに受け入れられたいと願ってる。
そんな状況下で必死にもがきながら
多重人格になればいいのだ。
そして、すべての人格をまずは自分自身が受け入れる。
それが人間のいちばん自然な姿だ。

彼女はいつも

彼女はいつも
すごくつまらないものを拾っては
私に見せて喜んでいた。
でも、もしかすると、
あんなゴミみたいなモノを見つけただけで、
それを宝物だと言って喜べるあの子の方が、
わたしなんかよりもずっと幸せなのかもしれない。

森沢明夫『水曜日の手紙』の名言集

大切なのはどの道を選ぶかよりも、

大切なのはどの道を選ぶかよりも、
むしろ選んだ道を自分たちがどう感じどう生きるか、
それと、誰と一緒にその道を歩むのか、だと思えたから。

自分の心に耳を傾けて

自分の心に耳を傾けて
その感情に素直に従って生きていれさえすれば、
死ぬときもきっと晴れやかな気持ちでいられるよ。

人間っていう生き物はちょっと賢すぎるから、

人間っていう生き物はちょっと賢すぎるから、
ついつい頭で損得ばかりを考えて行動しちゃって、
その結果、後悔することが多いんだって。

人生をいちいち深刻に考えている奴は

人生をいちいち深刻に考えている奴は
深刻な人生を送ることになるわけだし、
人生なんて遊びだと思って楽しく考えていたら、
人生そのものが遊びになるわけじゃん?

大切なのは、頭じゃなくて、

大切なのは、頭じゃなくて、
心に従って行動すること。
そうしていれば物事が上手くいっても失敗しても、
後悔することはないんだよ。

スポンサーリンク

森沢明夫『おいしくて泣くとき』の名言集

もしも誰かに相談したくなったときは、

もしも誰かに相談したくなったときは、
いったん周りを冷静に見渡してみて、
いちばん格好いいと思える大人に話してみるといいよ。

母を失った俺は知ったのだ。

母を失った俺は知ったのだ。
約束ほど、結果的に人を傷つけるものはないことを。
たとえそれが優しい嘘であろうとも。

森沢明夫『ヒカルの卵』の名言集

created by Rinker
¥385 (2024/07/14 21:29:09時点 Amazon調べ-詳細)

鶏の世界も人間と同じで、

鶏の世界も人間と同じで、
自分のストレスを他人にぶつけんだよね。

人生色々って言ったけどもよ、

人生色々って言ったけどもよ、
その色々ってのは全部ヤスリなんだ。
ヤスリってザラザラしてっから、
心をこすられれば痛てえべ?
でもよ、それをぐっと我慢して
痛みを乗り越えればヤスリで磨かれた心は
前よりもピッカピカになって珠みてえに光り輝くんだって。

財産を失うのは小さな痛手だけども、

財産を失うのは小さな痛手だけども、
勇気を失うのは人生を失うのと同じだってよ。

大人になるって気持ちに手あかがついて

大人になるって気持ちに手あかがついて
思考が複雑になって、
世の中への好奇心を失ってしまうってことなのかな。

いまこの瞬間にできることを精一杯やること。

いまこの瞬間にできることを精一杯やること。
未来をよくする方法なんて、
それしかねえんだからね。

転がした卵とおんなじで、

転がした卵とおんなじで、
自分のやったことはいつかくるりと回って
自分に返ってくるんだって。それが自然の摂理。
だから人に優しくすればいつか誰かに優しくされるし、
暴力を振るえばいつか痛い目にあうんだぁ。

スポンサーリンク

森沢明夫『夏美のホタル』の名言集

created by Rinker
¥634 (2024/07/14 21:29:12時点 Amazon調べ-詳細)

人間ってのは何かと何かを比べたときに

人間ってのは何かと何かを比べたときに
いつも錯覚を起こすんだって。
だから自分と他人をあまり比べない方がいいって

面白くない生い立ちなんてひとつもないよ。

面白くない生い立ちなんてひとつもないよ。
だって人はみんなドラマのなかを生きてるんだもん。

現実と小説なんて、

現実と小説なんて、
鰺の開きの上と下みたいなものでしょ。
頭と背骨がついているかいないかの違いだけで、
きっと味はほとんど同じなんだよ。

人はきっと、その人生におけるすべての分岐点において、

人はきっと、その人生におけるすべての分岐点において、
少しでも良さそうな選択肢を選び続けていくしかないのだ。
そしてそれだけが唯一の誠実な生き方なのではないだろうか。

どんなに器用な人間でもな、

どんなに器用な人間でもな、
成し遂げる前に諦めちまったら
そいつには才能がなかったってことになる。
でもな、最初に本気で肚をくくって命を懸ける覚悟を決めて、
成し遂げるまで死に物狂いでやり抜いた奴だけが
後々になって天才って呼ばれてるんだぜ。

人生はひたすら出会いと別れの連続です。

人生はひたすら出会いと別れの連続です。
どうせなら別れがとことん淋しくなるように
出会った人とは親しく付き合っていきたいですし、
そのためにもいつか必ず訪れる別れのときを想いながら
自分の目の前に現れてくれた人との
一瞬のいまを慈しみたいと思います。

他人と比べちゃうとさ、

他人と比べちゃうとさ、
自分に足りないものばかりに目がいっちゃって、
満ち足りているもののことを忘れちゃうんだってさ。

読んでいただきありがとうございました。このブログは、23,647コの名言を載せています。あなたが読みたい本が必ずあります。記事の最後尾にカテゴリー・タグ・紹介した作品の関連記事を載せておくので、お暇なときにお探しください。

心に残った名言をコメントTwitterInstagramのどれかで教えてくれると嬉しいです。

ぼんぷ
ぼんぷ

紹介した名言が本を読むキッカケになり、あなたの人生を変える1冊になりますように。

コメント