12月19日のお買い得Kindleセール本
PR

『pha』の名言│おすすめ本ランキングと名言集

スポンサーリンク
  1. 『pha』の名言がわかる。
  2. 『pha』のおすすめ本と要約がわかる。
  3. 名言をキッカケにビジネス書が読みたくなる。

2万以上の名言を集め、読みたい本が見つかる名言集ブログでお馴染みの、名言紹介屋の凡夫です。

この記事は、『pha』のおすすめ本を名言で紹介します。紹介する名言が、本を読むキッカケになれば嬉しいです。

ぼんぷ
ぼんぷ

サイドバー下に目次があるのでご利用ください

スポンサーリンク

名言で紹介する『pha』のおすすめ本ランキング

『pha』のおすすめ本を上から順に紹介します。取り上げている名言を読めばどんな本なのかわかるので、購入する際の参考になれば嬉しいです。

pha『しないことリスト』 要約にもなる名言

他人や世間の評価で行動を決めるのではなく

他人や世間の評価で行動を決めるのではなく、
自分なりの価値観を持つこと。
他人や世間のペースに無理に付いていこうとせず、
自分のペースを把握すること。

生き方の概念の幅を広くしておくと

生き方の概念の幅を広くしておくと、
心に余裕が持てる。

仕事をするために人生があるわけじゃなく

仕事をするために人生があるわけじゃなく、
人生を充実させるための
手段の一つが仕事であるに過ぎない。

自分が好きなことを

自分が好きなことを
ひたすら続けていれば、

そのうちそれはどこかに繋がってくる。

pha『持たない幸福論』 要約にもなる名言

人間は忙しさにも暇さにも適応する。

人間は忙しさにも暇さにも適応する。
忙しい状況に合わせれば
わりといくらでも働けるものだし、
暇な状況に放り込まれるといくらでも
時間をゆっくりと使うようになる。

体はものを感じたり考えたりするベースであり、

体はものを感じたり考えたりするベースであり、
危険を察知するアンテナだ。
体調が悪くて体が危険信号を発しているのに、
それを精神でねじ伏せて頑張ったりしてはいけない。

やることとか、

やることとか、
やらなければならないことなんてのは、

ちょっと考え方を変えるだけで、
いくらでも増えたり減ったりするもの。

自分で考えて行動して、

自分で考えて行動して、
自分の周りの世界に対して変化や影響を与えていくとき、
人は充実感を覚える。

幸せな時間や充実した時間というものは、

幸せな時間や充実した時間というものは、
効率的なんていう概念とは全く別の次元にあるものだ。

卵は一つのカゴに盛るな。

卵は一つのカゴに盛るな。
複数のカゴに卵を入れておけば、
どれか一つのカゴを落として卵が割れてしまっても、
被害は一部だけで済む。
人生において予想外のトラブルというのは
絶対に起きるものだから、
いろんな方面に保障を作っておいた方がいい。

pha『どこでもいいからどこかへ行きたい』 要約にもなる名言

created by Rinker
¥564(2024/03/04 06:37:21時点 Amazon調べ-詳細)

僕が旅に求めているのは

僕が旅に求めているのは
珍しい経験や素晴らしい体験ではなく、
単なる日常からの距離だけ。

いる場所を変えるだけで考えることは変わる。

いる場所を変えるだけで考えることは変わる。
物理的に遠くに離れれば離れるほど、
普段自分が属している世界を客観視しやすくなる。

どんな場所も、引っ越すと懐かしく思える。

どんな場所も、引っ越すと懐かしく思える。
だから昔住んでいた場所に行くのは好きだ。
昔住んでいた家の近くに用もなく行って、
昔よく行った店に入ったり、
昔よく歩いた道をぶらぶらするのは楽しい。

結局は、旅で少しの非日常体験しつつ、

結局は、旅で少しの非日常体験しつつ、
どこにもユートピアなんてないんだということを確認して、
また日常に戻って、
やっぱりうちが一番落ち着くわー
とか言うしかない。

ただ、旅で一瞬だけ味わうことができる

ただ、旅で一瞬だけ味わうことができる
非日常のきらめきや、
知らない街を歩いているときのワクワク感、
旅からそういった気分を持ち帰ることで、
また平凡な日常を少しだけやっていくことができる。
そのために旅というものはあるのだろう。

pha『ひきこもらない』 要約にもなる名言

人は自分の生き方を全部自分で決めるわけじゃなくて、

人は自分の生き方を全部自分で決めるわけじゃなくて、
たまたまそのとき目の前に出てきたものに
左右されて生きていくことが多い。
でも多分、それでいいのだ。
そうしたランダムさこそが人生の醍醐味なのだ。

僕にとって旅行というのは、

僕にとって旅行というのは、
普段しないような珍しい体験をしたくてするものではなくて、
ただ自分のいつもの見慣れた日常を抜け出して、
知らない土地で行われている
別の日常を覗き見したくてしているようなところがある。

中央の奴らはいつもそうだ。

中央の奴らはいつもそうだ。
末端の現場が何を感じているかなんて全く考えもせず、
自分たちを喜ばせることしか考えていない。

本質的には今でも自分は20歳前後の頃と

本質的には今でも自分は20歳前後の頃と
何も変わらないダメ人間だと思う。
でも、当時に比べるとなんとか
うまく自分のダメさをごまかしながら
やっていく術を身につけて、

だいぶ生きやすくなったとも思う。

pha『人生の土台となる読書』 要約にもなる名言

自分の中にあるダメな部分を

自分の中にあるダメな部分を
肯定してくれるのは、いつも本だった。
自分の中の変で気持ち悪い部分も、
本の中では普通のこととして語られていた。
そういった文章を読むと、
自分が肯定されているような気がして、
生きる勇気をもらえた。

身の回りにいる人たちよりも

身の回りにいる人たちよりも、
会ったことのない人が書いた本のほうが、
自分のことを理解してくれている、
ということがよくある。
読書はいつだって、孤独な人間の味方なのだ。

本を読む人はみんな

本を読む人はみんな、多かれ少なかれ、
分の今の状況を
何か変えたいと思っている人だ。

何も不満がない人は、
本を読む必要はない。

本を読むと

本を読むと、行ったことのない国や、
普段関わることのない人の人生や、
やったことのないような大失敗を、
まるで自分で体験したかのように感じることができる。
一度しかない人生を、
本の中なら何千回も生きられる。

人間はみんなどこかが

人間はみんなどこかが欠けている欠陥品だ。
自分の中の欠落を埋めるために、
正義や名誉、恋や酒など、
自分を酔わせてくれるものを求め続けているだけ。

たいていの人は

たいていの人は、
天才ではないし、すごい人間でもない。
本当に人生の参考になるのは、
成功した人のことを書いた本ではなくて、
たくさん失敗したことのある
ダメ人間について書いた本。

読んでいただきありがとうございました。このブログは、23,647コの名言を載せています。あなたが読みたい本が必ずあります。記事の最後尾にカテゴリー・タグ・紹介した作品の関連記事を載せておくので、お暇なときにお探しください。

心に残った名言をコメントTwitterInstagramのどれかで教えてくれると嬉しいです。

ぼんぷ
ぼんぷ

紹介した名言が本を読むキッカケになり、あなたの人生を変える1冊になりますように。

コメント