スポンサーリンク

小説の名言

和田竜『のぼうの城』の名言集「それが世の習いと申すなら、このわしは許さん」

のぼうの城 上

この記事では、歴史小説『のぼうの城』の名言を紹介します。

Kindleセール情報一覧はこの記事に!

歴史小説『のぼうの城』のあらすじ

2012年秋映画化原作!戦国エンタメ大作

戦国期、天下統一を目前に控えた豊臣秀吉は
関東の雄・北条家に大軍を投じた。
そのなかに支城、武州・忍城があった。
周囲を湖で取り囲まれた「浮城」の異名を持つ
難攻不落の城である。
秀吉方約二万の大軍を指揮した石田三成の軍勢に対して、
その数、僅か五百。城代・成田長親は、
領民たちに木偶の坊から取った「のぼう様」
などと呼ばれても泰然としている御仁。
武・智・仁で統率する、従来の武将とはおよそ異なるが、
なぜか領民の人心を掌握していた。

従来の武将とは異なる新しい英傑像を提示した
四十万部突破、
本屋大賞二位の戦国エンターテインメント小説!
Amazonより

歴史小説『のぼうの城』の名言集

created by Rinker
¥300 (2022/01/22 07:14:51時点 Amazon調べ-詳細)

作品を見るまでは、なんでのぼうが野村萬斎なんだよ! 
体型が違うだろ!
と怒っていたのですが、野村萬斎じゃないとあの踊りは出来ないですね。
凡夫が間違っていました申し訳ないです。

参戦武将は石田三成、大谷吉継、長束正家、真田昌幸、信繁父子など。

これを踊って撃退とか無双プレイヤーキャラ昇格の暁には、
孔明並みにビームをばらまくキャラになるに違いない。

満座の中でただ一人の勇者であった

だが、馬鹿者はこのとき、
侍でもなければ成田家の一門でもない、
ただの男になり果てていた。

強者の侮蔑にへつらい顔で臨むなら、
その者はすでに男ではない。

強者の侮蔑と不当な要求に断固、
否を叫ぶ者を勇者と呼ぶのなら、

紛れもなくこの男は、
満座の中でただ一人の勇者であった。

この文章でテンションがうなぎ登りですよ。
そしてこの後に続く場面がたまりません。

それが世の習いと申すなら、このわしは許さん

「武ある者が武なき者を足蹴にし、
 才ある者が才なき者の鼻面をいいように引き回す。
 これが人の世か。
 ならばわしはいやじゃ。わしだけはいやじゃ」

強き者が強きを読んで
果てしなく強さを増していく一方で、
弱き者は際限なく虐げられ、踏みつけにされ、
一片の誇りを持つことさえも許されない。

小才のきく者だけがくるくると回る頭でうまく立ち回り、
人がましい顔で幅をきかす。

ならば無能で、人が良く、愚直なだけが取り柄の者は、
踏み台となったまま死ねというのか。

「それが世の習いと申すなら、このわしは許さん」

この作品では長束正家がとても傲慢でイヤな人物として描かれていますが、関ヶ原でとても苦労します。だから溜飲を下げてください。

……こんなにイヤな奴かな? 有能で悪い印象ないんだけどなこの人。信長の野望だと内政しかできないけど、内政めちゃくちゃできる子だから、印象には残りづらいけど使いやすい子。

噂は真実をもって人から人へと伝わる

隠せば噂は広がる。
洗いざらい話せばみんなわかってくれる。
脅しあげて口を封じるからこそ、
噂は真実をもって人から人へと伝わる。

三成にとって戦とはこういうものである

三成にとって戦とはこういうものである、
おのれが認める者とこそ、雌雄を決する戦がしたい。
くだらぬ者どもと交わす戦に
どんな価値があるというのか。

歴史小説『のぼうの城』Kindleセール情報

 

no image
【50%OFF~】小学館Kindleセール

おすすめ関連記事

最期まで読んでいただきありがとうございます。
心に響いた言葉をきっかけに本を読んでくれたら、
こんなに嬉しいことはありません。 

蒐集した他の小説の名言もよければ読んでください。

 

 

-小説の名言
-小学館, 歴史・時代小説, 戦国時代, 和田竜, 本屋大賞

© 2022 名言紹介屋|心に残る名言を届けます Powered by AFFINGER5