おすすめ生活用品

新聞社適当比較!!大学生・社会人におすすめの新聞ってどれよ!?

徹底比較記事って読むの疲れるよね、凡夫です。

Kindleのセールニュースサイトと化していますが、久々に記事を書くことにしました。
ただしまともな記事ではないです。

この記事は大学生・社会人におすすめの新聞を独断と偏見で紹介していきます。
徹底比較しておすすめしたかったのですが、
面倒きわまりないので適当にざっくりと紹介していきます。

結論、おすすめの新聞は存在しない

ふざけた文章が長々と続くので結論だけ先に書くと、
残念なことにおすすめできる新聞は存在しません。
理由は報道機関は公正、公平、中立を旨としているが、
旨としているだけでそんなん関係ねぇ俺は俺の道を歩む!
という熱血少年漫画なことをしているからです。

なので最善は各新聞の特徴を掴んだ上で、
複数新聞をとって読み比べ、判断することです。

できるかぁ!

強いて言えばネットで公開している各新聞のニュースを見比べるとういのがベターではなかろうか。

公正、公平、中立な報道というのは存在しない

あおり気味の見出しでどうなんだろう?と自分でも思いますが、そう考えているのだから仕方ありません。

わたしは公正、公平、中立な報道というのは存在しないと考えています。

・・・・・・というかこれが実現できるなら、各新聞社っていらなくないか? 
少なくとも全国紙は統一できるだろ。

新聞についてどう考えている人間が、
新聞をおすすめしているのかの冒頭文
・・・・・・のようなものの予定が、かなり長くなってしまいました。
ごめんなさい。読み飛ばして大丈夫です。

報道機関は公正、公平、中立を旨とし、
国家権力に屈せず、国民の利益に適う報道姿勢を理念とする。

情報源: 報道機関 - Wikipedia

とありますが、理念は理想です。理想は空想上の存在とたいして変わりません。
空から美少女が落ちてきて冒険が始まるようなものです。
かくあれかしと祈るのは自由です。
そうであれ!と努力するのは立派です。
ですが、そうあるものとして運用するのは事故のもとでしかありません。

不思議なことに日本の報道は
我こそは公正、公平、中立である!
と右にいても左にいても主張し、各々自由に報道しているので、読む方は混乱してしまいます。

真に公正、公平、中立を掲げるのであれば、
どういう立場かを明言して報道すればいいのにと愚考します。

しているのかもしれませんが、
わかりづらいので道路標識のように矢印で表記してくれませんかね。
産経新聞ならこんな感じで。

公正、公平、中立は難しすぎる

どうして存在しないのかをきちんと書いていないので、適当に補足します。
きちんと書くと本ができる分量が必要なので、
そんな面倒なことしたくないのでざっくり書きます。

ざっくり大きくわけると理由は2つです。

  1. スポンサーに逆らうとか無理
  2. コップに半分の水がある。 という事実をどう解釈するかは人によるから

金をくれる人のことを悪く言うのは難しいし、逆らうのはもっと難しい。
出資者は無理難題をおっしゃるとシャアでも諦めていたのだから、
宇宙歴すら始まっていない今の日本では不可能です。

ペンは剣より強いかもしれませんが、金より軽いです。

「コップに半分の水があります。これを見てはあなはどう感じますか?」

という、有名ですが実際のところまともに機能しているのかよくわからない心理テストがあります。

これは報道にも深く関わります。

コップに半分の水がある、というのは事実です。
ですが、それは多いとも言えるし少ないとも言えます。
どう解釈するかはそれぞれなのですが、
そこに公正、公平、中立を適用し、現実的な利害を持ち込むと頭が痛くなります。

「コップに半分の水があります。喉が渇いている人がいます。どうしますか?」

コップに半分の水があるという事実を、
水がたくさんあると解釈した人と、水が少ないと解釈した人とでは出す結論が変わってきます。

喉が渇いているというのはどのくらい渇いているのか、また人といのはどういう人なのか。
性別は? 年齢は? 国籍は? 人種は? 犯罪歴は?

性別は男性なら飲ませる。女性なら飲ませる。
日本人なら飲ませるがそうでないなら飲ませない。
人類なら飲ませる。犯罪者なら飲ませない。
犯罪者にも人権はあるなら飲ませるべきだ。などなど。

これに加えて、水を飲ませることでどういう利益が生まれるのかを加えると酷いことになります。

喉が渇いている人はスポンサーだとします。
喉が渇いているという事実を大げさに伝えることで、
スポンサーに利益誘導することで見返り倍プッシュを企んだとしても、
喉が渇いているのは事実です。

正しい事実に基づいた解釈が無限に産まれてきます。
また利益の為に解釈を偏向することもあります。

しかし、時間は有限で優先順位があります。
その解釈をいちいち精査する労力はありません。

そもそも、何の話をしていたのかわからなくなります。
凡夫もこの記事がなんなのかわからなくなってきました。
つまり、何が言いたいかというとですね。

正しい事実に基づき良心に則り、報道の理念に従っても解釈を重ねると導かれる結論は変わる上に、
常に金の誘惑がつきまとうとか難易度高すぎる。

凡夫は世界の半分を貰うタイプの勇者なので、
他人もそういう輩に決まっているという公正な偏見に基づいて、
新聞は公平なわけないと断言しちゃっています。

新聞社なんちゃって思想比較

なんかもうこの辺りで記事をやめたくなってきましたが、
というか区切った方が良いのではないかと思いますがここからが本題。
ええそうです。ここからが本題なのです。

忘れかけていますがこの記事は、

適当に各新聞社の特徴を比較しながら大学生・社会人におすすめの新聞を紹介

するために書いています。さくさく書いていきます。

右翼と左翼ってどう違うの?とか考えてはいけません。
ここではざっくり、
右翼は経済に関しては自由主義で文化思想に関しては保守。
左翼は経済に関しては平等主義で文化や思想に関しては自由。
ということにしてください。

経済と文化思想がごっちゃになっているのがややこしいです。
たとえば凡夫ですが、経済政策などは左翼的ですが文化思想に関しては右翼的です。
左翼と右翼が交わり天使に見えなくもない。

さらに付け加えるとハト派とタカ派もあるから、一度言葉の整備をし直した方がいいと思う。
ちなみに凡夫は自衛隊を日本軍にしたいし、コスパとドラえもん雲の王国理論に則り核武装も視野に入れた方がいいと考えている人。
ちなみに国防費でガンダムも作るという壮大な野望もある。
つくったら国境沿いに展示したい。あと、レールガンとか装備したい。
それこそがジャッジメントですの。

一目でわかるざっくり各新聞社の右翼左翼度

朝日←共同通信社←時事通信社←毎日←日経→読売→産經

日本の新聞社は右にいたり左にいたりするのですがどこも共通して、
自分だけは中立公平に報道しているという自負だけはある
のでとても厄介です。どいつもこいつも方向音痴に違いない。

なにせ中道と言えなくもないかな?というのが日経くらいしかありません。
しかし、経済的に見ればバリバリの右翼。
自由主義すぎてまじフリーダム。
その内、作品の主人公枠を奪うに違いない。

しょうがないので日経を中道として、そこから右翼左翼に振り分けてみました。
こうやって見るとバランス悪いなおい。

新聞の値段とお得な契約方法?

それと値段ですがだいたい3000円で、日経だけ3600円と少し高いです。
後はまぁあれです。新聞は販売員と交渉して色々とおまけをもらいましょう。
美術館のチケットとかビールとか。
どうも販売部数というより、新規勧誘に評価の重きが置かれているようで、
継続して契約するよりも半年くらいで違う新聞、
更に言うのであれば契約した販売所とは別の所で契約すると色々とおまけがもらえるそうです。

勧誘に来たおっちゃんが教えてくれたので間違いないといいな。
間違っていたらそのおっちゃんが悪い。
凡夫は悪くない。凡夫は常に正しい。凡夫ウソツカナイ。

人気No1でチョロインな読売新聞(900万部)

ジャビットです。日刊 (NIKKAN SPORTS GRAPH)

ギネスにも載る最強の新聞紙です。巨人って感じです。
思想は保守的ですが中道と言ってもいいと思います。

自民党にデレすぎな点を除けばな!

そもそも政界のフィクサーとも呼ばれる渡邉恒雄氏の新聞社で、
先代であり読売中興の祖でもある正力松太郎氏は、
第1次岸内閣改造内閣で国務大臣だったのだから是非もないよね。

右翼左翼というよりも大衆紙風自民党広報紙という感じ。
だから取材力が弱いとか言われてしまうんだと思う。
チョロインと書いたが経緯を踏まえると自民党の幼なじみ正妻ヒロインな気がしてきた。

誰か新聞紙を萌え擬人化してくれ。

中立なにそれ?美味しいの?
とにかく自民党が嫌いなんだよ!な朝日新聞(350~640万部)

左翼なんだけど左翼というよりも、
自民党が嫌いで自民党を潰すためなら何でもするというこれ報道ではなく諜報戦なんじゃ?という新聞社
朝日新聞の慰安婦報道問題でやらかしたというイメージがあるが、過去にも椿事件でやらかしてる。

椿事件は、ざっくりまとめると、
93年にテレビ朝日(当時は全国朝日放送)の取締役報道局長が日本民間放送連盟という公の場で、

自民党嫌いだから自民党政権存続を絶対に阻止するぞ!

という偏向報道宣言を決めやがり、
当然のように放送法違反による放送免許取消し処分が検討されたが、
不思議なことに検討だけで終わった事件。

椿事件はテレビ朝日が起こしたことであり、
朝日新聞と直接関係するものではないが・・・・・・うん。
それでも慰安婦報道問題があるしなぁ。
朝日系列全体に問題があるように思えてしかたがない。

ただ更に過去を振り返れば朝日新聞はこんなだったので、

思い込みの激しいヤンデレ気質なヒロインと言えるかもしれない。
思い込みが激しいとかどう考えても報道に不向きだろ!!
とは思うけれど深く考えてはいけない。凡夫は相棒が好きなんだ。

よくよく考えると、読売は巨人なので、
駆逐してやるな感じになってもおかしくないのに、そ
のポストは阪神にとられている。残念。

2021年4月12日追記

朝日新聞の実売部数は今や350万部
という記事をデイリー新潮が報じていました。

ざまぁという感想しかないのですが、
記事に反映しておきました。
精神衛生のための嫌がらせです。

一見地味だけど変態な毎日新聞(300万部)

やや左翼、というよりも朝日が強すぎて霞んで見えるだけな気がする。
そういう意味で地味な新聞なのですが毎日デイリーニューズWaiWai問題を見ると、変態なのかな?と思う。

海外で日本人観光客が「奴隷を買う」・「現地の子供をハンティングする」と言ったかと思えば、
少女売春をすすめてみたりと10年間もHENTAIなニュースを海外にせっせと届けていた。

ちなみにこれはマシな方で実際の記事は、
こんなん書いたらグーグル先生に殺される!
とブロガーを驚愕させる内容である。

隠れた性癖をもっている地味キャラとかいいよね。
やっていることは日本に対する名誉毀損以外のなにものでもないけれど。

もともとは読売と朝日と肩を並べる三大紙だったのだが
・・・・・・戦闘力の差がひどいので天下一武道界あたりでパワーインフレーションに振り落とされたんだと思う。
ヤムチャぁ。

おすすめの新聞は日経新聞(270万部)

おすすめというかマシな新聞は日経新聞です。

思想なにそれ?それより株価だ!
というスタンスは、ある意味で報道の理念である公正、公平、中立を遵守している。
と無理矢理言えなくもない。

株価を動かしたいのかスクープという名の未確認情報を報道し、
あとで怒られるどじっ子属性もある。
見た目はできる女性なのに、どじっ子属性持ちとかイラストにするとすごい萌えそう。

だが実際にやられるとたまったものじゃないので、スクープ狙いはしないで頂きたい。

猪突猛進こそ我らが本領よ!!
とか言い出しそうな産経新聞(160万部)

唯一ここだけはヒロインにできなかった。
フリッツ・ヨーゼフ・ビッテンフェルトしか思いつかなかった。
とにかく猪のように右折します。
ですが、迎合せずに持論を世間にぶちかますのは天晴れを差し上げたい。

よくよく考えると、保守系の新聞で最大手なので、
行き過ぎな意見は多いが個人的には頑張りすぎない程度に頑張って欲しい新聞。
・・・・・・というか日本の新聞社は左に傾いていて、バランスが悪いように見える。

左に傾いているのはまだいいのだが、漢字が読める読めないとか、
独裁者の兄の殺害方法の予想とか、どうでもいいことを報道するのは、
時間の無駄、紙資源の浪費であり、政治への関心をなくす行為なのでやめていただきたい。

新聞の読み方

池上彰の新聞勉強術 (文春文庫)

新聞が読みやすくなるおすすめグッズ!それと新聞をまとめるグッズまとめ

新聞をきちんとホッチキスでとめないことはこんなにも罪深いことだと知らなかった凡夫です。 図書館に行ったらですね、「この新聞の留め方はなんだ!」とぶちぎれている老が、失礼噛みました。ご老人がいましてね。 ...

池上彰氏は複数の新聞をとりなさいと言っているが、これは正しい。
正しいこと言っている風を装って大胆に間違いを吹き込んだりすることもあるが、
これは間違っていない。支持します。

公正、公平、中立という触れ込みの商品なのに、
実際は右折しかしなかったり左折しかせず、
リコールになってしかるべきなのだが野放しになっているので自力で対応するしかない。

なので右折しかしない。左折しかない。
そんな新聞でも二つあわせれば、なんとかまともに判断できるのではないだろうか? 
・・・・・・甘いものを食べた後にしょっぱいものが食べたくなるようなものと同じなのでこの理屈に穴はないな。
完璧である。
塩と砂糖しか置いてないのに、
ご自由に調理して食べてください
と言われているようなもんだがレストランではないので、
潰れろ! もっとマシなもんを出せ!
とまっとうなことを言ってはいけない。

複数の新聞を読み比べるとか、
それで仕事をするか、もしくはマニアでないと出来ないので現実的ではない。
なのでベターな選択として、

思想よりも経済活動を優先する日経新聞がマシではないかと愚考する。

日経でなくても、1紙は購読し、気になるニュースをネットで検索し各社はどう報じているのかを見ると良いのではないだろうか。
面倒かもしれませんが、冒頭から書いている通り。
公正、公平、中立な新聞は存在しません。
こちらで特徴を掴んだ上で偏った部分をさっ引いて判断するしかありません。

結論。新聞とかコスパ悪すぎるので、
ネットニュースを色々と読み比べるのが賢いという結論にならざるをえない。
オワコン言われるのも仕方ないだろこれ。

おすすめ記事

1

この記事では開催中のkindleセール情報をまとめて紹介していきます。 2019年3月30日時点でのKindleセール情報です。 Kindle記事が増えてきたのでKindleセール一覧表にしました。 ...

2

  この記事では2018年6月30日時点で確認した、開催中のAmazonキャンペーン・セール情報をまとめていきます。気づいたときには終わっていたorzなんてことがないよう随時更新していきます ...

3

この記事では、2019年3月7日時点で確認したKADOKAWA(角川書店)キンドルセール情報をまとめて紹介していきます。 絶対見逃すな!現在開催中のKindleセール情報まとめ 注意事項:Amazon ...

4

この記事では、2019年3月25日時点で確認した集英社コミックKindleセール情報をまとめていきます。 絶対見逃すな!現在開催中のKindleセール情報まとめ 注意事項:Amazon.co.jpは予 ...

5

この記事では、2019年3月7日時点で確認したHJ文庫セール情報をまとめていきます。 絶対見逃すな!現在開催中のKindleセール情報まとめ 注意事項:Amazon.co.jpは予告なくキャンペーンの ...

-おすすめ生活用品

© 2021 名言蒐集家凡夫の特記事項 Powered by AFFINGER5