12月19日のお買い得Kindleセール本
PR

野村美月『文学少女シリーズ』の名言集「心葉くんが書いてくれたお話ですもの」

スポンサーリンク

文学少女は名作なので
夏休みの課題図書に
指定したい凡夫です。

この記事は、野村美月のラノベ
『文学少女シリーズ』の
名言を紹介します。

ネタバレがあるかもしれません。
ネタバレを気にしないという方は、
このままお読みください。

紹介した名言が、
作品との出会いになることを
願っています。

これだけ読めば見逃さない!
Kindleセール情報まとめ記事

スポンサーリンク

野村美月『文学少女シリーズ』の名言

“文学少女”と月花を孕く水妖【ウンディーネ】

created by Rinker
¥594 (2024/05/24 13:05:41時点 Amazon調べ-詳細)

わたしも本を読み終えたあと

わたしも本を読み終えたあと、
夢から覚めたみたいに
哀しい気持ちになることがあるわ。

本を読んでいる時間が長く楽しいほど、
読み終わったときは、本当に寂しくて、
自分が空っぽになってしまったような
思いがするわね。
けど、
夢は目が覚めたら
消えてしまうわけではないのよ。

夢を見たという記憶は、残るわ。
そうして、その記憶が、
心をあたためてくれることがあるの

“文学少女”と慟哭の巡礼者【パルミエーレ】

created by Rinker
¥614 (2024/05/25 02:22:50時点 Amazon調べ-詳細)

心葉くんが書いてくれたお話ですもの・・・・・・。

「さっきから、ぼくの話
ばっかりじゃないですか」

遠子先輩が、清楚な花のように微笑む。
「だって、心葉くんが
 書いてくれたお話ですもの・・・・・・。

 全部覚えてるわ・・・・・・
 ひとつも忘れたりしないわ」

12万以上の作品が聴き放題
『聴く読書』始めませんか?
30日間無料体験

おすすめ関連記事

最期まで読んでいただき
ありがとうございます。

名言をキッカケに本を買ったよ。
という方がいたら、
「買ったよ」の一言でいいので、
コメントくれると嬉しいです。

ラノベの名言記事一覧です。
あなたのための作品が見つかります。

[st-card id=6004]

[st-card id=31582] 

【50%OFF~】ライトノベル Kindleセール情報

半額以下のお買い得な
ラノベKindleセール情報を紹介します。

[st-card id=8645]

[st-card id=10272]

コメント