12月19日のお買い得Kindleセール本
PR

牟田都子『文にあたる』の要約にもなる名言集「校正は減点方式の仕事だと言われます」

スポンサーリンク
  1. 『文にあたる』の名言と要約がわかる。
  2. 『文にあたる』が読むべきかわかる。
  3. 名言をキッカケにビジネス書が読みたくなる。

2万以上の名言を集め、読みたい本が見つかる名言集ブログでお馴染みの、名言紹介屋の凡夫です。

この記事は、牟田都子のビジネス書
『文にあたる』の要約にもなる名言を紹介します。紹介する名言が、作品と出会うキッカケになれば嬉しいです。

ぼんぷ
ぼんぷ

サイドバー下に目次があるのでご利用ください

スポンサーリンク

牟田都子『文にあたる』の要約にもなる名言集

created by Rinker
¥1,584(2024/02/28 19:15:39時点 Amazon調べ-詳細)

校正は減点方式の仕事だと言われます。

校正は減点方式の仕事だと言われます。
新聞の校閲記者は
サッカーに例えるとゴールキーパー
と表現しています。
0点に抑えることが至上命令で
99回横っ跳びでスーパーセーブをしようとも、
たった1本シュートを入れられたら
キーパーにとっては負けなのだと。

費やされた時間は建築物の筋交いのように

費やされた時間は建築物の筋交いのように
見えないところで文章を強靭にする。
書き手、編集者、校正者。
この間のてまひまが活字というものを支えている。

本を読んでいて誤植があると、

本を読んでいて誤植があると、
散歩をしていて小石に蹴つまずいたような気持ちになる、
といわれたことがあります。
転ぶまでにはいたらなくてもひやりとして、
それまでの静けさは消えてしまい、
容易には戻ってこない。

こんなに字が大きくて、

こんなに字が大きくて、
絶対に間違ってはいけないところにミスがあるはずがない
という箇所に限ってミスがあり、
見逃されてしまうことは現実に起こります。

校正の技術とは、

校正の技術とは、
突き詰めていくと
思い込みや先入観をいかに排するか
というところに収斂するのではないでしょうか。

二度とこんな間違いをするものかと反省して。

二度とこんな間違いをするものかと反省して。
あんなに反省したはずなのに
忘れた頃に同じような失敗をして
この仕事に向いていないと思いつつ
悔しがってその繰り返しだったな。
その思いを忘れないでやっていくしかないのだと思いますよ。

仕事で読んできた著者の多くは、

仕事で読んできた著者の多くは、
ひとりでも思索を深めていける人たちでした。
書くということはひとりでありながら
対話する営みなのでしょう。

傍からは、一日中机の前に座っているだけ

傍からは、一日中机の前に座っているだけ
と見えるかもしれませんが、
それなりに頭も体力も使います。
一日の終わりにゲラを閉じ、
文房具や辞書を片づけると、
これでやっと好きな本が読める、とほっとします。

読んでいただきありがとうございました。このブログは、23,647コの名言を載せています。あなたが読みたい本が必ずあります。記事の最後尾にカテゴリー・タグ・紹介した作品の関連記事を載せておくので、お暇なときにお探しください。

心に残った名言をコメントTwitterInstagramのどれかで教えてくれると嬉しいです。

ぼんぷ
ぼんぷ

紹介した名言が本を読むキッカケになり、あなたの人生を変える1冊になりますように。

コメント