11月28日のお買い得Kindleセール本
PR

ポール・フルネル『編集者とタブレット』が読みたくなる名言集

スポンサーリンク
  1. 『編集者とタブレット』の名言・名セリフがわかる。
  2. 『編集者とタブレット』の魅力がわかる。
  3. 名言をキッカケに小説が読みたくなる。

2万以上の名言を集め、読みたい本が見つかる名言集ブログでお馴染みの、名言紹介屋の凡夫です。

この記事は、ポール・フルネルの小説
『編集者とタブレット』が読みたくなる名言を紹介します。紹介する名言が、本を読むキッカケになれば嬉しいです。

ネタバレの可能性があります。
ネタバレを気にしないという方は、このままお読みください。

ぼんぷ
ぼんぷ

サイドバー下に目次があるのでご利用ください

スポンサーリンク

ポール・フルネル『編集者とタブレット』が読みたくなる名言集・名台詞

created by Rinker
¥1,782(2023/12/03 03:23:23時点 Amazon調べ-詳細)

タブレットの感触は冷たい。

タブレットの感触は冷たい。
指先でページを操っていっても、
どこにも積み上がらない。
私には想像もつかないどこかに
跡形もなく消え去ってしまう。

たった3秒で作家にノーを言うことは簡単、

たった3秒で作家にノーを言うことは簡単、
その仕事をからかうことも簡単、でもね、
本を一冊書き上げるのは長くて
厄介な仕事だってことは覚えておくことね。
駄作だってそう、駄作はなおさらそう。

危うい立場に立たされた作家たちは

危うい立場に立たされた作家たちは
よく出版社を変えようとするからな。
とくに賞を取ったのが
同じ会社の別の作家だったりするとね。

われわれの仕事は理詰めの仕事でもあるが、

われわれの仕事は理詰めの仕事でもあるが、
同時に偶然と気まぐれと、
ときには多少の酔いも必要な仕事だから。

読むことだよ。

読むことだよ。
何でもかんでも、のべつくまなしにね。

それと、心から愛することだ。
きみが世に出すテクストを心から愛すれば、
その作品はすでに不滅の傑作への
第一歩を踏み出しているんだよ。

文学が想像力の支配下にある以上、

文学が想像力の支配下にある以上、
見かけががらりと変わっても
中身は何も変わらない。

読んでいただきありがとうございました。このブログは、23,647コの名言を載せています。あなたが読みたい本が必ずあります。記事の最後尾にカテゴリー・タグ・紹介した作品の関連記事を載せておくので、お暇なときにお探しください。

心に残った名言をコメントTwitterInstagramのどれかで教えてくれると嬉しいです。

ぼんぷ
ぼんぷ

紹介した名言が本を読むキッカケになり、あなたの人生を変える1冊になりますように。

コメント