12月19日のお買い得Kindleセール本
PR

早見和真『店長がバカすぎて』が読みたくなる名言

スポンサーリンク
  1. 『店長がバカすぎて』の名言・名セリフがわかる。
  2. 『店長がバカすぎて』の魅力がわかる。
  3. 名言をキッカケに小説が読みたくなる。

2万以上の名言を集め、読みたい本が見つかる名言集ブログでお馴染みの、名言紹介屋の凡夫です。

この記事は、早見和真の小説
『店長がバカすぎて』が読みたくなる名言を紹介します。紹介する名言が、本を読むキッカケになれば嬉しいです。

ネタバレの可能性があります。
ネタバレを気にしないという方は、このままお読みください。

ぼんぷ
ぼんぷ

サイドバー下に目次があるのでご利用ください

スポンサーリンク

早見和真『店長がバカすぎて』が読みたくなる名言集・名台詞

created by Rinker
¥683 (2024/06/26 08:13:25時点 Amazon調べ-詳細)

物語の持つ力の一つは、

物語の持つ力の一つは、
自分じゃない誰かの人生を追体験できることだ。

みんながみんな自分のことしか考えてない時代だもん。

みんながみんな自分のことしか考えてない時代だもん。
一瞬でも自分以外の人間を想像できるなら、
それだけで物語は有効でしょう?

店長って、いつからバカになるのかって思ってさ。

店長って、いつからバカになるのかって思ってさ。
不思議。バカだから店長になるのか、
店長になるからバカになるのか。
どうしてこうどいつもこいつもってさ。

職場でどれだけ不満があったとしても、

職場でどれだけ不満があったとしても、
一人でも理解者がいれば耐えられる。

お前はまだ何も抗ってねぇだろうが。

お前はまだ何も抗ってねぇだろうが。
やりたかった仕事に就いて、
楽しかっただけの時期が過ぎたら、
辞める、辞めるって。
ガキじゃねぇんだからよ。
不満があるなら自分で環境を変える努力をしてから言えや。

年月を経るたびに重たいものを背負わされていくし、

年月を経るたびに重たいものを背負わされていくし、
ままならないことも増えていく。
どんどん上の人間がバカに見えてくるし、
バタバタしている自分がアホらしくなっていく。
でもね、そういう状況に追い込まれれば追い込まれるほど、
本が愛おしくなっていくんだよね。

いまの自分を逃してくれる救いの物語が、

いまの自分を逃してくれる救いの物語が、
タイミングを見計らっていたかのように現れるんだ。
あれって本当に不思議だなぁ。

スポンサーリンク

早見和真『新!店長がバカすぎて』が読みたくなる名言集・名台詞

いい書店員というのは、

いい書店員というのは、
決して仕事ができる人間のことを言うんじゃないと思うぞ。
どれだけ本を愛しているかが大事なんだ。

作品って呼んでいられる書店員でい続けたい。

一冊の本を商品って呼ぶ書店員にはならないようにしようね。
そこにどんな違いがあるのか
うまく説明はできないけど、私はちゃんと
作品って呼んでいられる書店員でい続けたい。

そこはもうディストピアだ。

同じ考え、思想、イデオロギーの人間ばかりがいたら、
そこはもうディストピアだ。
自分と同じ人間は一人もいない。
自分以外は自分じゃない。
その事実を受け入れ、そして許せ。

叫ばなきゃいけないときがある。

腹が立つなら、腹が立つと大声で叫べばいいんです。
あなたの怒りは、いつもあなたの中で完結してしまっている。
戦わなきゃいけないときがあるんです。
叫ばなきゃいけないときがある。

自分自身と対話する時間が持てることに価値がある。

小説は一つのメッセージを伝えるためだけのものじゃない。
そこに至る過程や、キャラクターへの共感を通じて、
自分自身と対話する時間が持てることに価値がある。

私の才能は

私の才能は
まだ世に知られていない物語を見つけ出し、
それを周囲と分かち合うことなのかもしれない。
自分の信じる物語を誰かとシェアできたとき、
私は孤独を癒やされる。

そうやって時代と対峙するの。

世界がどう変容しようと、
私たちにはやるべきことがちゃんとある。
無力感を呪ってたって仕方がない。
正解かどうかなんて考えても仕方がない。
目先のことをするだけなの。
そうやって時代と対峙するの。

読んでいただきありがとうございました。このブログは、23,647コの名言を載せています。あなたが読みたい本が必ずあります。記事の最後尾にカテゴリー・タグ・紹介した作品の関連記事を載せておくので、お暇なときにお探しください。

心に残った名言をコメントTwitterInstagramのどれかで教えてくれると嬉しいです。

ぼんぷ
ぼんぷ

紹介した名言が本を読むキッカケになり、あなたの人生を変える1冊になりますように。

コメント