12月19日のお買い得Kindleセール本
PR

童話作家『ハンス・クリスチャン・アンデルセン』の名言│おすすめランキングと名言集

スポンサーリンク
  1. 『ハンス・クリスチャン・アンデルセン』の名言と出典わかる。
  2. 『ハンス・クリスチャン・アンデルセン』のおすすめ本がわかる。
  3. 偉人(芸能人)の名言の考えがわかる。

2万以上の名言を集め、読みたい本が見つかる名言集ブログでお馴染みの、名言紹介屋の凡夫です。

この記事は、『ハンス・クリスチャン・アンデルセン』の名言とおすすめ本を紹介します。紹介する名言が、本と出会うキッカケになれば嬉しいです。

ネタバレの可能性があります。
ネタバレを気にしないという方は、このままお読みください。

ぼんぷ
ぼんぷ

サイドバー下に目次があるのでご利用ください

スポンサーリンク

名言で紹介する『ハンス・クリスチャン・アンデルセン』のおすすめ作品ランキング

『ハンス・クリスチャン・アンデルセン』のおすすめ本を上から順に紹介します。取り上げている名言を読めばどんな本なのかわかるので、購入する際の参考になれば嬉しいです。

アンデルセン『絵のない絵本』の名言

created by Rinker
¥2,640 (2024/07/19 06:38:25時点 Amazon調べ-詳細)

人間というものは、

人間というものは、
不幸のどんぞこにいる時でも、
たいそう見えをはることがあるものです。

『アンデルセン童話集』の名言

created by Rinker
岩波書店
¥2,787 (2024/07/19 20:17:40時点 Amazon調べ-詳細)

太陽の光が全ての人の心に差し込むと

太陽の光が全ての人の心に差し込むと
全ての人々の目から勝利の喜びが輝き出たのだ。

みにくいあひるの子

ああ僕は自分を
あの醜いアヒルだと思っていたころは、
こんな幸せがあるなんて夢にも思わなかった。

『アンデルセン自伝』

created by Rinker
¥1,067 (2024/07/19 06:38:25時点 Amazon調べ-詳細)

私の生涯は一篇の美しい童話である。

私の生涯は一篇の美しい童話である。
それほど豊かで幸福なものだった!

『ハンス・クリスチャン・アンデルセン』の名言一覧

悪魔はいない。

われわれが自分の心の中に
持っているほかに悪魔はいない。

旅は私にとって、

旅は私にとって、
精神の若返りの泉である。

旅行によって

旅行によって視野が広がることは稀である。

目は目を見ることができない。

目は目を見ることができない。
指は指を指すことができない。
誰でも自分のことは案外わからないものだ。

山から遠ざかれば

山から遠ざかれば、
ますますその本当の姿を
見ることができる。
人にしてもこれと同じことです。

家畜ですら

家畜ですら牧場を去るべき時機を知っているが、
愚かな人は自分の食欲の限度を知らない。

我々はつねに幸せでいることは期待できない。

我々はつねに幸せでいることは期待できない。
悪を経験することは、
善と同様、我々を賢くする。

人はどんな高いところでも

人はどんな高いところでも
登ることができる。

しかし、それには決意と
自信がなければならない。

あなたは夢想家であり、

あなたは夢想家であり、
それがあなたの不幸なのだ。

死は風よりも早く歩み、

死は風よりも早く歩み、
捕らえたものを決して返すことがない。

全世界は、奇跡の連なりだ。

全世界は、奇跡の連なりだ。
だが我々は慣れすぎて、
普通のことと呼び習わしている。

言葉が語れないところでは、

言葉が語れないところでは、
音楽が語る。

生きているだけでは十分ではない。

生きているだけでは十分ではない。
誰にも、日の光と自由と小さな花が必要だ。

すべての人間の一生は、

すべての人間の一生は、
神の御手によって記された、
一編のおとぎ話である。

人間というものは、

人間というものは、
ほとんど常に感情の色めがねを通して、
世界を見るものでそのレンズの色しだいで、
外界は暗黒にも、
あるいは深紅色にも見えるのです。

私が書いたものは

私が書いたものは、
ほとんどが私自身の姿であり、
登場人物はすべて
私の人生から生まれたものです。

読んでいただきありがとうございました。このブログは、23,647コの名言を載せています。あなたが読みたい本が必ずあります。記事の最後尾にカテゴリー・タグ・紹介した作品の関連記事を載せておくので、お暇なときにお探しください。

心に残った名言をコメントTwitterInstagramのどれかで教えてくれると嬉しいです。

ぼんぷ
ぼんぷ

紹介した名言が本を読むキッカケになり、あなたの人生を変える1冊になりますように。

コメント