11月28日のお買い得Kindleセール本
PR

『井上荒野』の名言│おすすめ作品ランキングと名言集

スポンサーリンク
  1. 『井上荒野』の名言がわかる。
  2. 『井上荒野』のおすすめ作品がわかる。
  3. 名言をキッカケに小説が読みたくなる。

2万以上の名言を集め、読みたい本が見つかる名言集ブログでお馴染みの、名言紹介屋の凡夫です。

この記事は、『井上荒野』のおすすめ作品と名言を紹介します。紹介する名言が、作品と出会うキッカケになれば嬉しいです。

ネタバレの可能性があります。
ネタバレを気にしないという方は、このままお読みください。

ぼんぷ
ぼんぷ

サイドバー下に目次があるのでご利用ください

スポンサーリンク

名言で紹介する『井上荒野』のおすすめ本ランキング

『井上荒野』のおすすめ本を上から順に紹介します。取り上げている名言を読めばどんな本なのかわかるので、購入する際の参考になれば嬉しいです。

井上荒野『そこにはいない男たちについて』 が読みたくなる名言

created by Rinker
¥653(2023/12/08 17:25:30時点 Amazon調べ-詳細)

つまらない男ね

つまらない男ね、
と胸の内で吐き捨てるようになる前には、

恋から愛に変わるというのはこういうことなのだと、
これが安定というというものだと
思おうとしていた時期もあった。

お互いがお互いにとって

お互いがお互いにとって
これほど必要になるふたりならば、

どんな出会いかたをしたってそれは運命に間違いない。

とても好きだった、好きだった、

とても好きだった、好きだった、
まだ好きであるかもしれないと思っていた、
悪いひとではないと考えていた、
違和感のほうが大きくなった、
あまり考えたくなくなった、
げんなりしてきた、
うんざりしてきた、
きらいになった、
だいきらいになった。
こうした段階はたしかにあって、
けれどもそれが自分の十一年間の結婚生活と
どんなふうに重なってきたのか、
どうもよくわからない。

井上荒野『あちらにいる鬼』 が読みたくなる名言

死ぬとき、彼は少しでも

死ぬとき、彼は少しでも
わたしのことを思い出しただろうか。
死んでいく彼の体の中に、
わたしとの記憶は
どのくらい残っていただろう。
いずれにしてもそれは
彼と一緒に消滅した。

あの日ふたりの間を行き交った言葉に

あの日ふたりの間を行き交った言葉に
何かひとつが欠けていたら、
あるいは何かひとつが加わっていたら、
関係は変わっていただろうか。
線一本で行き先がすこしずつずれていく
アミダクジみたいなものに、
人は人生を預けているのだろうか。

愛が人に正しいことだけをさせるものであればいいのに。

愛が人に正しいことだけをさせるものであればいいのに。
それとも自分ではどうしようもなく
間違った道を歩くしかなくなったとき、
私たちは愛という言葉を持ち出すのか。

感謝と関連記事の紹介

読んでいただきありがとうございました。このブログは、23,647コの名言を載せています。あなたが読みたい本が必ずあります。記事の最後尾にカテゴリー・タグ・紹介した作品の関連記事を載せておくので、お暇なときにお探しください。

心に残った名言をコメントTwitterInstagramのどれかで教えてくれると嬉しいです。

ぼんぷ
ぼんぷ

紹介した名言が本を読むキッカケになり、あなたの人生を変える1冊になりますように。

コメント