12月19日のお買い得Kindleセール本
PR

東畑開人『心はどこへ消えた?』の要約にもなる名言

スポンサーリンク
  1. 『心はどこへ消えた?』の名言と要約がわかる。
  2. 『心はどこへ消えた?』が読むべきかわかる。
  3. 名言をキッカケにビジネス書が読みたくなる。

2万以上の名言を集め、読みたい本が見つかる名言集ブログでお馴染みの、名言紹介屋の凡夫です。

この記事は、東畑開人のビジネス書
『心はどこへ消えた?』の要約にもなる名言を紹介します。紹介する名言が、作品と出会うキッカケになれば嬉しいです。

ぼんぷ
ぼんぷ

サイドバー下に目次があるのでご利用ください

スポンサーリンク

東畑開人『心はどこへ消えた?』の要約にもなる名言集

created by Rinker
¥1,500 (2024/06/25 20:42:50時点 Amazon調べ-詳細)

心とは「私」の中の鍵のかかる個室のことなのだ。

心とは「私」の中の鍵のかかる個室のことなのだ。
周囲から脅かされることなく、
そこに安心していられるときに、
私たちは初めて自分を振り返ることができる。
内面を感じることができる。
心とは安全なときにのみ可能になるものなのだ。

私たちは止まった時間に、

私たちは止まった時間に、
過去を振り返り、未来を思う。
歴史から学び、そしてちょびっとではあるにせよ、
自分を変えることができる。

「見てくれている」これが貴重なのだ。

「見てくれている」これが貴重なのだ。
それは幼い頃には簡単に手に入ったけど、
大人になった今ではめったに手に入らないものだ。
人を褒めるのが難しいのは、
言葉のテクニックの問題ではなく、
「よく見る」のが難しいからだ。
だから、もし、
他者のいいところを偶然見かけてしまったら、
率直に伝えると良い。
それは幸福な瞬間なのだ。

摩擦とは二人が一緒に居られるように、

摩擦とは二人が一緒に居られるように、
互いの形を研磨することでもある。

わかってくれないは

わかってくれないは
私たちの人生のデフォルトだと思うのだ。
みんなそういう孤独を抱えて生きているのだが、
普段は周りに少数の仲のいい人がいるから忘れていられる。

人は人を怖がったり、

人は人を怖がったり、
嫌いになることもあるけれど、

結局人を求めることをやめられない。
生身の人間がそこにいる。
それだけで理由もなく嬉しくなってしまうのが私たち。

意図しないところで、

意図しないところで、
誰かが自分のことをちゃんと見てくれている。
世の中に、これ以上励まされることはないのではないか。

お金があれば、壊れたスマホは

お金があれば、壊れたスマホは
新品に買い替えることができる。
だけど、心の中の失われたものは
消して買い戻すことができない。
人生とは、中古の、
そして傷物の心でやっていくしかないものなのだ。

未来を生きるために不可欠なのは、希望だ。

未来を生きるために不可欠なのは、希望だ。
明日のテスト勉強をするためには、
いい点数をとれるかもしれない自分がいないといけない。
現在の自分に希望を抱けるからこそ、
人は未来を想像し、
アクションを起こすことができる。

読んでいただきありがとうございました。このブログは、23,647コの名言を載せています。あなたが読みたい本が必ずあります。記事の最後尾にカテゴリー・タグ・紹介した作品の関連記事を載せておくので、お暇なときにお探しください。

心に残った名言をコメントTwitterInstagramのどれかで教えてくれると嬉しいです。

ぼんぷ
ぼんぷ

紹介した名言が本を読むキッカケになり、あなたの人生を変える1冊になりますように。

コメント