12月19日のお買い得Kindleセール本
PR

『永井路子』の名言│おすすめ作品ランキングと名言集

スポンサーリンク
  1. 『永井路子』の名言がわかる。
  2. 『永井路子』のおすすめ作品がわかる。
  3. 名言をキッカケに小説が読みたくなる。

2万以上の名言を集め、読みたい本が見つかる名言集ブログでお馴染みの、名言紹介屋の凡夫です。

この記事は、『永井路子』のおすすめ作品と名言を紹介します。紹介する名言が、作品と出会うキッカケになれば嬉しいです。

ネタバレの可能性があります。
ネタバレを気にしないという方は、このままお読みください。

ぼんぷ
ぼんぷ

サイドバー下に目次があるのでご利用ください

スポンサーリンク

名言で紹介する『永井路子』のおすすめ本ランキング

『永井路子』のおすすめ本を上から順に紹介します。取り上げている名言を読めばどんな本なのかわかるので、購入する際の参考になれば嬉しいです。

永井路子『炎環』 を読みたくなる名言

created by Rinker
¥682 (2024/06/25 19:49:55時点 Amazon調べ-詳細)

その夜はじめて全成は

その夜はじめて全成は
兄と北条一族との関係が
解ったような気がした。

表面は武門の棟梁として構えてはいるものの、
それは結局、
北条氏に支えられてのことなのである。

合議制── 

合議制── 
一見非常に合理的に見えるこの制度は
なかなかのくせものだ。
御家人たちはこのために、
かえってお互いに
牽制しあい猜疑心を深めて行った。

頼朝のように公家の顔色を窺って

頼朝のように公家の顔色を窺って
妥協を繰返す武家の棟梁ではなく、
はっきりと自分達の側にたって
権利を守りぬく新しい代表者、
北条四郎を彼等は見出す。

承久の変の翌年

承久の変の翌年、
貞応元年から数年の間、

世の中には天変地異が続いた。
大地震、旱魃、霖雨が繰返され、
これまで見たこともない
巨大な彗星が現れた。

半月ほどもあろうかと思われるそれは、
紅蓮の炎に似た長い尾を引いて、
毎夜中天に輝いた。

永井路子の名言 「これは私の遺言状」

お国のためになんて、
死に方にうまい理屈をつけたもんだなあ
と思った。
言葉ってものは用心しなきゃいけない。
美しい言葉の裏に何が隠れているか。
そこまで見なければ歴史ものは書けない

読売新聞2023年2月より

読んでいただきありがとうございました。このブログは、23,647コの名言を載せています。あなたが読みたい本が必ずあります。記事の最後尾にカテゴリー・タグ・紹介した作品の関連記事を載せておくので、お暇なときにお探しください。

心に残った名言をコメントTwitterInstagramのどれかで教えてくれると嬉しいです。

ぼんぷ
ぼんぷ

紹介した名言が本を読むキッカケになり、あなたの人生を変える1冊になりますように。

コメント