12月19日のお買い得Kindleセール本
PR

菊池壮一『書店に恋して』の要約にもなる名言

スポンサーリンク
  1. 『書店に恋して: リブロ池袋本店とわたし』の名言と要約がわかる。
  2. 『書店に恋して: リブロ池袋本店とわたし』が読むべきかわかる。
  3. 名言をキッカケに本が読みたくなる。 

2万以上の名言を集め、読みたい本が見つかる名言集ブログでお馴染みの、名言紹介屋の凡夫です。

この記事は、菊池壮一の
『書店に恋して: リブロ池袋本店とわたし』の要約にもなる名言を紹介します。紹介する名言が、作品と出会うキッカケになれば嬉しいです。

ぼんぷ
ぼんぷ

サイドバー下に目次があるのでご利用ください

スポンサーリンク

菊池壮一『書店に恋して: リブロ池袋本店とわたし』の要約にもなる名言集

created by Rinker
¥1,540(2024/02/28 02:54:27時点 Amazon調べ-詳細)

大型店を閉めるときは

大型店を閉めるときは
開店するよりもっと力が要る。

はっきり言おう。

はっきり言おう。
いつまで、複合化=書店+アルファだと
思っているのだろうか。
本にプラスでなく、しっかりとした柱になる事業を確立させて、
本をプラスにしなければならない
時代になりつつあるのは明白である。

一つの商業施設は様々な業種の集合体であり、

一つの商業施設は様々な業種の集合体であり、
それぞれのテナントの収益率も違う。
書店の収益率は小売の中で最低である。
そういった点を鑑みず、
効率ばかりを追求すれば
集められるテナントは限られ、
どの商業施設も似たような
ラインナップになってしまうのは当然。

書店はいつでも受け身ではダメ。

書店はいつでも受け身ではダメ。
売れる本売れる作家が出てくるのを待つのではなく、
そういう作品やイベント、作家、アーティストを発見し、
応援して育て、提案し、
売り出していくという発想を持って行動することが必要。

出版物の内容を大きく分けると、

出版物の内容を大きく分けると、
〝教養〟と〝情報〟に分かれると思う。
このうちの〝情報〟は今、
ほぼ無料でネットから手に入る。
だから雑誌が売れないのだ。

読んでいただきありがとうございました。このブログは、23,647コの名言を載せています。あなたが読みたい本が必ずあります。記事の最後尾にカテゴリー・タグ・紹介した作品の関連記事を載せておくので、お暇なときにお探しください。

心に残った名言をコメントTwitterInstagramのどれかで教えてくれると嬉しいです。

ぼんぷ
ぼんぷ

紹介した名言が本を読むキッカケになり、あなたの人生を変える1冊になりますように。

コメント