小説の名言

米澤穂信『〈小市民〉シリーズ』の名言集「理不尽を受け流すのは小市民心得の筆頭といっていい」

 

この記事は、米澤穂信の小説『〈小市民〉シリーズ』の名言を紹介します。

これだけ読めば見逃さない!
Kindleセール情報まとめ記事

米澤穂信『〈小市民〉シリーズ』の名言集

小説家『米澤穂信』の名言集5選「信念を持つこととそれが正しいことの間には関係がない」

  この記事は、小説家『米澤穂信』の名言を紹介します。 これだけ読めば見逃さない! Kindleセール情報まとめ記事 目次1 小説家『米澤穂信』の名言集1.1 米澤穂信『〈古典部〉シリーズ』 ...

米澤穂信『春期限定いちごタルト事件』の名言

created by Rinker
¥446 (2022/05/20 03:10:58時点 Amazon調べ-詳細)

 

いまが最高、という一瞬がある。

いまが最高、という一瞬がある。
長い目で見れば何度も訪れるピークの一つ、というのではなく、
本当にそれきりの一瞬というものが。
ぼくたちはそれに憧れ、それをせめて一目なりと見たいと強く願う。
なんとなればぼくたちには、それを自ら招き寄せることはできないから。
ただ誰かが創り出すのを待つことしかできないからだ

さらに仕方なく代償行為で自分を慰める

そしてそんな一瞬はそうそう生まれはしない。
だからぼくたちは、さらに仕方なく代償行為で自分を慰める。
「いまだけ」や「ここだけ」、
「これだけ」といった限定にまたしても惹かれてしまうのも、
万已むを得ないことと言えるだろう。
まして、「あなただけ」
となればこれは何度使われてもなかなか強力な殺し文句だ

小賢しい知恵働きは、

小賢しい知恵働きは、
決して見た目のいいものではない

理不尽を受け流すのは

理不尽を受け流すのは小市民心得の筆頭といっていい

米澤穂信『夏季限定トロピカルパフェ事件』の名言

夏期限定トロピカルパフェ事件 (創元推理文庫)

本当に完全な偶然なんてそうはない。

本当に完全な偶然なんてそうはない。
完全な必然がそうそうないようにね

チャンスを作るための行動をしないやつを

チャンスを作るための行動をしないやつを、のろまという。
チャンスを生かせないやつは、要するに間抜けなのだ

created by Rinker
¥446 (2022/05/20 08:46:45時点 Amazon調べ-詳細)

米澤穂信『〈小市民〉シリーズ』Kindleセール情報

 

【50%OFF~】ライトノベルKindleセール情報まとめ

この記事は2022年5月12日時点で 確認した半額以下になっている ライトノベルKindleセール情報を まとめて紹介します。 これだけ読めば見逃さない! Kindleセール情報まとめ記事 注意事項: ...

おすすめ関連記事

最期まで読んでいただきありがとうございます。
心に響いた言葉をきっかけに本を読んでくれたら、
こんなに嬉しいことはありません。 

蒐集した他の小説の名言もよければ読んでください。

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-小説の名言
-東京創元社, 米澤穂信, 推理小説, 岐阜県