12月19日のお買い得Kindleセール本
PR

『立花隆』の名言│おすすめランキングと名言集

スポンサーリンク
  1. 『立花隆』の名言と出典わかる。
  2. 『立花隆』のおすすめ本がわかる。
  3. 偉人(芸能人)の名言の考えがわかる。

2万以上の名言を集め、読みたい本が見つかる名言集ブログでお馴染みの、名言紹介屋の凡夫です。

この記事は、『立花隆』の名言とおすすめ本を紹介します。紹介する名言が、本と出会うキッカケになれば嬉しいです。

ネタバレの可能性があります。
ネタバレを気にしないという方は、このままお読みください。

ぼんぷ
ぼんぷ

サイドバー下に目次があるのでご利用ください

スポンサーリンク

名言で紹介する『立花隆』のおすすめ作品ランキング

『立花隆』のおすすめ本を上から順に紹介します。取り上げている名言を読めばどんな本なのかわかるので、購入する際の参考になれば嬉しいです。

立花隆『死はこわくない』の名言集

created by Rinker
¥652 (2024/06/21 19:05:20時点 Amazon調べ-詳細)

普通の人間が普通に育っていけば、

普通の人間が普通に育っていけば、
どこかの段階で死にたいと
考えることが一度はある。

それはむしろ人間の健全な精神的成長の
一階梯なのではないか。

視覚と触覚を切りはなすと、人間は簡単に、

視覚と触覚を切りはなすと、人間は簡単に、
あり得ないことが
現実に起きえると信じるようになるのです。

生物はより複雑なものになる過程において、

生物はより複雑なものになる過程において、
その複雑性がある限度を超すと
「意識」が生まれる。

科学的なアプローチを極めて行った結果、

科学的なアプローチを極めて行った結果、
宗教的な世界観に近づいたとなれば、
これはもうどちらが正しいという話ではない。

人は死ぬ。

人は死ぬ。
人はみな生きつづけることを求めて、
毎日生きつづけている。
しかし、どうすれば生きつづけられるのか誰も知らない。
永遠に生きつづける人は誰もいない。
人はすべてある日、死ぬのだ。

当り前のことが当り前に

当り前のことが当り前に
受け止められるようになるのが、
人が歳をとるということなのだ。
いくつになっても死ぬのが
こわいといって大騒ぎする人はまだまだ若いのだ。
そういう人も別にあわてることはない。
そのうち自然とこわくなくなる。

『立花隆』の名言集:出典不明

出典がわからない名言です。
ご存知の方はコメントしていただけると嬉しいです。

感謝と関連記事の紹介

読んでいただきありがとうございました。このブログは、23,647コの名言を載せています。あなたが読みたい本が必ずあります。記事の最後尾にカテゴリー・タグ・紹介した作品の関連記事を載せておくので、お暇なときにお探しください。

心に残った名言をコメントTwitterInstagramのどれかで教えてくれると嬉しいです。

ぼんぷ
ぼんぷ

紹介した名言が本を読むキッカケになり、あなたの人生を変える1冊になりますように。

コメント