小説の名言

森見登美彦『夜は短し歩けよ乙女』の名言集「無手勝流にお酒が飲みたかったのです」

この記事は、森見登美彦の小説
『夜は短し歩けよ乙女』の名言を紹介します。

ネタバレになる台詞も含まれている場合があります。

ネタバレを気にしないという方は、
このままお読みください。
紹介した名言が、
新しい作品との出会いになることを願っています。

これだけ読めば見逃さない!
Kindleセール情報まとめ記事

森見登美彦『夜は短し歩けよ乙女』の名言集

無手勝流にお酒が飲みたかったのです

その夜、私は単身で魅惑の大人世界へ
乗りこんでみたいと思いました。

ようするに、先輩方へ遠慮することなく
無手勝流にお酒が飲みたかったのです。

美しく調和のある人生とは

美しく調和のある人生とは、
そうした何気ない慎ましさを抜かしては
成り立たぬものであろうと思われます。

若人よ、自分にとっての幸せとは何か

若人よ、自分にとっての幸せとは何か、
それを問うことこそが前向きな悩み方だ。
そしてそれをつねに問い続けるのさえ忘れなければ、
人生は有意義なものになる

created by Rinker
¥535 (2022/05/17 19:03:48時点 Amazon調べ-詳細)

おすすめ関連記事

最期まで読んでいただきありがとうございます。
心に響いた言葉をきっかけに本を読んでくれたら、
こんなに嬉しいことはありません。 

蒐集した他の小説の名言もよければ読んでください。

 

 

関連Kindleセール情報

 

【50%OFF~】KADOKAWA(カドカワ)Kindleセール

この記事は2022年5月12日時点で 確認した半額以下になっている KADOKAWA(カドカワ) Kindleセール情報を まとめて紹介します。 これだけ読めば見逃さない! Kindleセール情報まと ...

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-小説の名言
-KADOKAWA/角川書店, アニメ化, 2006, 恋愛小説, 山本周五郎賞, 森見登美彦