12月19日のお買い得Kindleセール本
PR

『吉本由美』の名言│おすすめ作品ランキングと名言集

スポンサーリンク
  1. 『吉本由美』の名言がわかる。
  2. 『吉本由美』のおすすめ作品がわかる。
  3. 名言をキッカケに小説が読みたくなる。

2万以上の名言を集め、読みたい本が見つかる名言集ブログでお馴染みの、名言紹介屋の凡夫です。

この記事は、『吉本由美』のおすすめ作品と名言を紹介します。紹介する名言が、作品と出会うキッカケになれば嬉しいです。

ネタバレの可能性があります。
ネタバレを気にしないという方は、このままお読みください。

ぼんぷ
ぼんぷ

サイドバー下に目次があるのでご利用ください

スポンサーリンク

名言で紹介する『吉本由美』のおすすめ本ランキング

『吉本由美』のおすすめ本を上から順に紹介します。取り上げている名言を読めばどんな本なのかわかるので、購入する際の参考になれば嬉しいです。

吉本由美『イン・マイ・ライフ』 が読みたくなる名言

created by Rinker
¥1,300 (2024/04/13 17:01:18時点 Amazon調べ-詳細)

人生って、生活って、

人生って、生活って、
小さな愉しみ、喜びが
重なり合って出来上がっているのだなと思う。
大きな喜びが一つ二つあるよりも
小さな愉しみがびっしりと繋がっている方が
断然暮らしやすそうだ。

これまでの私の人生、

これまでの私の人生、
夢の多くは叶わなかったが
小さな喜びは随所にあって、
まあ、全体的にみれば愉しかった。

若いときは大都市の茫漠さが

若いときは大都市の茫漠さが
開放感となって具合良かったし、自由にも感じた。
けれど年老いた今は
この箱庭のようなつつましい小さな世界が
ちょうど良い案配だなあ。

寂しさや恐怖とは無関係の

寂しさや恐怖とは無関係の
一人暮らしの達人とかなんとか
妙に自負してきたけれど、
実はすべてが一緒に暮らした
猫たちのおかげだったんじゃないか
という思いが浮かんだ。

一方的に面倒をみてきたつもりでいた猫たちに、

一方的に面倒をみてきたつもりでいた猫たちに、
実際は助けられていたってことだったのか。
私が寂しいと感じる間合いは一寸もなかった。
いつも、いつでも、猫がいた。
だから私は孤独に強い女でいられた。

ここで言うやる気とは、

ここで言うやる気とは、
自分の人生をどう終わらせるか
を企画し演出する気力である。
その最後の力を振り絞り、
たとえひどい人生だったとしても、
いや、そうであればこそ、
最終章で笑みを浮かべられたら素敵じゃないか。

読んでいただきありがとうございました。このブログは、23,647コの名言を載せています。あなたが読みたい本が必ずあります。記事の最後尾にカテゴリー・タグ・紹介した作品の関連記事を載せておくので、お暇なときにお探しください。

心に残った名言をコメントTwitterInstagramのどれかで教えてくれると嬉しいです。

ぼんぷ
ぼんぷ

紹介した名言が本を読むキッカケになり、あなたの人生を変える1冊になりますように。

コメント